menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う

『機動戦士ガンダム』など数々のアニメーション監督を務めた富野由悠季の仕事を振り返る展覧会「富野由悠季の世界」が、静岡県立美術館にて2020年9月19日(土)から11月8日(日)まで、富山県美術館にて2020年11月28日(土)から2021年1月24日(日)まで、青森県立美術館にて2021年3月6日(土)から5月9日(日)まで開催される。

『機動戦士ガンダム』 ⓒ創通・サンライズ
『機動戦士ガンダム』 ⓒ創通・サンライズ

富野由悠季とは?

富野由悠季は、『機動戦士ガンダム』や『伝説巨神イデオン』を手掛けてきたアニメーション監督。

虫プロダクション時代に『鉄腕アトム』の演出・脚本に携わり、その後、監督デビュー作として『海のトリトン』を発表。1979年に監督した『機動戦士ガンダム』で大ブームを巻き起こした。その後も原作・監督として関わった「機動戦士ガンダム」シリーズは、彼の代表作となり、現代に至るまで数多くのファンを持つ作品だ。

撮影:鈴木心
撮影:鈴木心

また、富野は監督・演出・脚本以外にも、小説家、作詞家などマルチな才能を発揮し、「機動戦士ガンダム」シリーズのみならず、『伝説巨神イデオン』『重戦機エルガイム』『聖戦士ダンバイン』など、日本アニメ界の発展に影響を与えた数多くのロボットアニメを生みだしている。

演出の仕事は概念、“概念の展示”は可能なのか?

「宇宙船コックピット」(富野由悠季、1954年) ⓒオフィス アイ
「宇宙船コックピット」(富野由悠季、1954年) ⓒオフィス アイ

「富野由悠季の世界」開催の決定に至るまで、富野は「展示するものなどはないのだからやめたほうがいい」と何度も美術館の学芸員に伝え続けていたという。なぜなら、演出の仕事は、感覚的な仕事であると同時に、観念的な作業で、“概念(考え方)を示すことができる仕事”。展示で説明することはできないからと。

「宇宙船」(富野由悠季、1954年) ⓒオフィス アイ
「宇宙船」(富野由悠季、1954年) ⓒオフィス アイ

しかし、今回は富野が学芸員に根負け。熱心な学芸員の言葉に、「トミノは巨大ロボットを動かすだけではないという部分を記録してみたい」と思うようにさえなったという。そして、自身の活動を今一度振り返り、本展開催を承諾した。

展覧会で魅せる、富野が訴え続けてきたメッセージ

「ガンダムGのレコンギスタ」 ⓒ創通・サンライズ
「ガンダムGのレコンギスタ」 ⓒ創通・サンライズ

「富野由悠季の世界」は、『機動戦士ガンダム』(1979年)、『ガンダム Gのレコンギスタ』(2014年)などの「ガンダム」シリーズをはじめとするオリジナルアニメーションの総監督を務めてきた富野由悠季のこれまでの仕事を回顧し、検証する初の展覧会。『鉄腕アトム』に携わった駆け出しの頃から現在に至るまでの富野の仕事を通覧し、時代や人々に与えてきた影響と、彼が訴え続けてきたメッセージは何なのかを紐解く。

3,000点以上もの貴重な資料が集結

『The IDEON(伝説巨神イデオン)接触篇・発動篇』イメージイラスト(富野由悠季) ⓒサンライズ
『The IDEON(伝説巨神イデオン)接触篇・発動篇』イメージイラスト(富野由悠季) ⓒサンライズ

富野が監督した作品の成り立ちを示すために、富野直筆の絵コンテだけでなく動画やセル画、キャラクターの設定資料、ポスターなどのためのイラスト原画など、貴重な資料の数々が一堂に集結。3,000点以上にものぼる、貴重な資料を目の当たりにすることができる。さらに、富野の作品世界を掘り下げた小説や主題歌等の作詞、といった事柄にも焦点を当てる。

また、会場では、名場面をピックアップした映像展示も多数登場。全ての映像を見るには4時間以上もかかるという、充実したボリュームの展示となっている。

“映画というのはただ動く絵の陳列ではない”その魅力を想像してほしい

ⓒ手塚プロダクション・東北新社 ⓒ東北新社 ⓒサンライズ ⓒ創通・サンライズ
ⓒサンライズ・バンダイビジュアル・バンダイチャンネル ⓒSUNRISE・BV・WOWOW ⓒオフィス アイ
ⓒ手塚プロダクション・東北新社 ⓒ東北新社 ⓒサンライズ ⓒ創通・サンライズ
ⓒサンライズ・バンダイビジュアル・バンダイチャンネル ⓒSUNRISE・BV・WOWOW ⓒオフィス アイ

富野は本展開催にあたって、次のような想いを語っている。

「映画というのはただ動く絵の陳列ではないんだよ」ということを知っていただきたい、もっと素敵で強固な媒体なのだ、ということを想像していただきたいのです。そのために、今回のような形で恥を晒してみせましたので、映像作家を目指す諸君には、ここから独自の道筋をお考えいただければ、と心から願うのです。(一部抜粋)

【詳細】
「富野由悠季の世界」巡回スケジュール
・福岡市美術館
期間:2019年6月22日(土)~9月1日(日)
・兵庫県立美術館
期間:2019年10月12日(土)~12日22日(日)
・島根県立石見美術館
期間:2020年1月11日(土)~3月23日(月)
・静岡県立美術館
期間:2020年9月19日(土)~11月8日(日)
・富山県美術館
期間:2020年11月28日(土)~2021年1月24日(日)
・青森県立美術館
期間:2021年3月6日(土)~5月9日(日)

Photos(7枚)

「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う|写真1 「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う|写真2 「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う|写真3 「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う|写真4 「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う|写真5 「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う|写真6 「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う|写真7

Photos(7枚)

「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う|写真1 「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う|写真2 「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う|写真3 「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う|写真4 「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う|写真5 「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う|写真6 「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う|写真7

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

洋画家・香月泰男の回顧展が練馬区立美術館で -「シベリア・シリーズ」ほか、初期〜最晩年の画業をたどる
2022.2.6(日)~2022.3.27(日) 開催予定
洋画家・香月泰男の回顧展が練馬区立美術館で -「シベリア・シリーズ」ほか、初期〜最晩年の画業をたどる
特別展「よみがえる正倉院宝物」サントリー美術館で、忠実に再現された琵琶や調度品など約70件
2022.1.26(水)~2022.3.27(日)
特別展「よみがえる正倉院宝物」サントリー美術館で、忠実に再現された琵琶や調度品など約70件
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作
2022.1.28(金)~2022.3.25(金)
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作
展覧会「木村伊兵衛と画家たちの見たパリ 色とりどり」目黒区美術館で、写真と絵画でみる“パリの情景”
2022.2.19(土)~2022.3.27(日) 開催予定
展覧会「木村伊兵衛と画家たちの見たパリ 色とりどり」目黒区美術館で、写真と絵画でみる“パリの情景”
写真家・浅田政志、最大規模の個展が水戸芸術館で - “家族・記念写真”をテーマとする全シリーズを総覧
2022.2.19(土)~2022.5.8(日) 開催予定
写真家・浅田政志、最大規模の個展が水戸芸術館で - “家族・記念写真”をテーマとする全シリーズを総覧

スケジュール

特別展「よみがえる正倉院宝物」サントリー美術館で、忠実に再現された琵琶や調度品など約70件
2022.1.26(水)~2022.3.27(日)
特別展「よみがえる正倉院宝物」サントリー美術館で、忠実に再現された琵琶や調度品など約70件
御大典記念 特別展「よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―」新潟で、精巧な模造品を展示
2022.1.26(水)~2022.3.27(日)
御大典記念 特別展「よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―」新潟で、精巧な模造品を展示
「再開記念展 松岡コレクションの真髄」東京・松岡美術館で - 東洋陶磁・日本画・西洋彫刻の名品を紹介
2022.1.26(水)~2022.4.17(日)
「再開記念展 松岡コレクションの真髄」東京・松岡美術館で - 東洋陶磁・日本画・西洋彫刻の名品を紹介
展覧会「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜」大阪で、モネやゴッホなど日本初公開含む絵画約70点
2022.1.28(金)~2022.4.3(日)
展覧会「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜」大阪で、モネやゴッホなど日本初公開含む絵画約70点
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作
2022.1.28(金)~2022.3.25(金)
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作
 スケジュール一覧