menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点

「ラファエル前派の軌跡展」が、東京・三菱一号館美術館で、2019年3月14日(木)から6月9日(日)まで開催される。その後、大阪に巡回し、あべのハルカス美術館にて2019年10月5日(土)から2019年12月15日(日)まで開催される。

ラファエル前派とは?

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ《ウェヌス・ウェルティコルディア(魔性のヴィーナス)》1863-68年頃、 油彩/カンヴァス、83.8×71.2cm、ラッセル=コーツ美術館
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ《ウェヌス・ウェルティコルディア(魔性のヴィーナス)》1863-68年頃、 油彩/カンヴァス、83.8×71.2cm、ラッセル=コーツ美術館
© Russell-Cotes Art Gallery & Museum, Bournemouth

1848年秋に、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、ウィリアム・ホルマン・ハント、ジョン・エヴァレット・ミレイなど7名の画学生が、英国美術の刷新を目指して前衛芸術家集団「ラファエル前派同盟」を結成。彼らは、ラファエロ以降の絵画表現を理想とする、美術学校「ロイヤル・アカデミー」の保守的な思想こそが、英国の画家を型通りの様式に縛りつけ、真実味のある感情表現から遠ざけてきた、と主張し、ラファエロ以前に回帰する必要性を訴えた。

ありふれた感傷的な表現から絵画を解放し、中世美術のように分かりやすく誠実な表現を取り戻そうとした「ラファエル前派」の画家たちは、英国美術史に極めて大きな功績を残したといえる。

ラファエル前派の軌跡を辿る絵画や家具など約150点が集結

ジョン・ラスキン《モンブランの雪――サン・ジェルヴェ・レ・バンで》1849年、 鉛筆・水彩・ボディカラー/紙、25.1×38.4cm、ラスキン財団(ランカスター大学ラスキン図書館)
ジョン・ラスキン《モンブランの雪――サン・ジェルヴェ・レ・バンで》1849年、 鉛筆・水彩・ボディカラー/紙、25.1×38.4cm、ラスキン財団(ランカスター大学ラスキン図書館)
©Ruskin Foundation (Ruskin Library, Lancaster University)

「ラファエル前派の軌跡展」では、英米の美術館に所蔵される油彩画や水彩画、素描、ステンドグラス、タペストリ、家具など約150点を通じて、「ラファエル前派」の軌跡を辿り、美術史に与えた影響を紹介する。また、ヴィクトリア朝の英国を代表する芸術家の作品を通して、「ラファエル前派」をいち早く擁護した美術批評家、ジョン・ラスキンの美学にも迫る。

ターナーの独自性に着目したラスキン

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー《カレの砂浜――引き潮時の餌採り》1830年、 油彩/カンヴァス、68.8×103.8 cm、ベリ美術館
ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー《カレの砂浜――引き潮時の餌採り》1830年、 油彩/カンヴァス、68.8×103.8 cm、ベリ美術館
©Bury Art Museum, Greater Manchester, UK

ジョン・ラスキンは、J.M.W.ターナーの作品にも価値を見出し、擁護するために権威ある著作集「現代画家論」の第1巻を発表する。ターナーは当時、風景画家として認知される一方、理性を取り払ったかのように荒々しい、新たな表現を実践したことで強く非難されていた。

エドワード・バーン=ジョーンズ&ウィリアム・モリス

エドワード・バーン=ジョーンズ《嘆きの歌》1866年、水彩・ボディカラー/カンヴァスに貼った紙、 47.5×79.5cm、ウィリアム・モリス・ギャラリー
エドワード・バーン=ジョーンズ《嘆きの歌》1866年、水彩・ボディカラー/カンヴァスに貼った紙、 47.5×79.5cm、ウィリアム・モリス・ギャラリー
© William Morris Gallery, London

エドワード・バーン=ジョーンズは、「ラファエル前派同盟」の作品に感銘を受けて芸術を志した画家。ロセッティに弟子入りし、師や親友のウィリアム・モリスとともに、トマス・マロリー著『アーサー王の死』をテーマにした壁画を描いた。ラスキンからも助言を受けていたバーン=ジョーンズは、新たな様式を他に先駆けて追求。次第に、作品の物語性よりも形式の完成度に重きをおいた作品制作に励むようになり、洗練された画風を習得した。

モリス商会《3人掛けソファ》1880年頃、クルミ材・毛織生地、96.2×221×77.2cm、 リヴァプール国立美術館、ウォーカー・アート・ギャラリー
モリス商会《3人掛けソファ》1880年頃、クルミ材・毛織生地、96.2×221×77.2cm、 リヴァプール国立美術館、ウォーカー・アート・ギャラリー
©National Museums Liverpool, Walker Art Gallery

バーン=ジョーンズと共同で、多くの作品を手掛けたウィリアム・モリスは、詩人としての評価を確立するとともに、家具やステンドグラス、壁紙、捺染布地や織物などの装飾芸術を扱う「モリス・マーシャル・フォークナー商会」を設立。また、美しいデザインの書物を生み出すために、私家版印刷工房「ケルムスコット・プレス」を開設する。やがて、個人の手仕事にこだわり、工業生産の在り方に疑問を呈した「アーツ・アンド・クラフツ運動」を主導するようになる。

詳細

ラスキン生誕200年記念 ラファエル前派の軌跡展
会期:2019年3月14日(木)~6月9日(日)
場所:三菱一号館美術館
住所:東京都千代田区丸の内2-6-2
開館時間:10:00~18:00 ※入館は閉館の30分前まで(祝日を除く金曜、第2水曜、6月3日~7日は21:00まで)
休館日:月曜日(但し、4月29日、5月6日、6月3日とトークフリーデーの3月25日、5月27日は開館)
入館料・当日券:一般 1,700円、高校・大学生 1,000円、小・中学生 500円
※障がい者手帳をお持ちの方は半額、付添の方1名まで無料
前売券:一般のみ 1,500円
※ペア券はチケットぴあでのみ販売。
※大学生以下、ペア(一般)は前売券の設定なし。
前売券発売日:2018年10月17日(水)~2019年3月13日(水)
※ローソン/ミニストップ、チケットぴあ、セブンチケット、三菱一号館美術館チケット購入サイトWEBKET(QRコード読み取り)にて発売。
※絵柄入りの前売券は、2018年10月17日(水)~2019年2月11日(月・祝)までStore1894(三菱一号館美術館内、休館日は美術館に準ずる・Store1894のみの利用可)で販売。
東京展問い合わせ先TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
■アフター5女子割
第2水曜日17:00以降/当日券一般(女性のみ) 1,000円
※他の割引との併用不可。
※利用の際は「女子割」での当日券購入の旨、申し出が必要。

■巡回
〈大阪展〉
会期:2019年10月5日(土)~2019年12月15日(日)
場所:あべのハルカス美術館
住所:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1‐1‐43 あべのハルカス16階
開館時間:火~金 10:00~20:00、月土日祝 10:00~18:00 ※入館は閉館30分前まで
休館日:一部月曜日・展示替え期間(不定期)

Photos(15枚)

「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真1 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真2 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真3 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真4 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真5 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真6 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真7 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真8 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真9 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真10 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真11 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真12 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真13 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真14 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真15

Photos(15枚)

「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真1 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真2 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真3 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真4 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真5 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真6 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真7 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真8 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真9 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真10 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真11 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真12 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真13 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真14 「ラファエル前派の軌跡展」東京・三菱一号館美術館で - ターナー、モリスの作品など約150点|写真15

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

タイガー立石の大規模個展、香川・埼玉で - ポップ・アート絵画やナンセンス漫画原画など200点超
2021.9.18(土)~2021.11.3(水)
タイガー立石の大規模個展、香川・埼玉で - ポップ・アート絵画やナンセンス漫画原画など200点超
「メトロポリタン美術館展」大阪&東京で、フェルメールやルノワールなどの名品でたどる西洋絵画の500年
2021.11.13(土)~2022.1.16(日) 開催予定
「メトロポリタン美術館展」大阪&東京で、フェルメールやルノワールなどの名品でたどる西洋絵画の500年
八戸市美術館開館記念「ギフト、ギフト、」浅田政志や向井山朋子ら11組が参加、“八戸三社大祭”を起点に
2021.11.3(水)~2022.2.20(日) 開催予定
八戸市美術館開館記念「ギフト、ギフト、」浅田政志や向井山朋子ら11組が参加、“八戸三社大祭”を起点に
企画展「上田薫とリアルな絵画」茨城県近代美術館で - 上田薫と現代の作家による“リアル”な絵画を紹介
2021.10.26(火)~2021.12.12(日)
企画展「上田薫とリアルな絵画」茨城県近代美術館で - 上田薫と現代の作家による“リアル”な絵画を紹介
戦後日本のデザイン運動の先駆け「デザインコミッティー」の展覧会、川崎市岡本太郎美術館で
2021.10.23(土)~2022.1.16(日)
戦後日本のデザイン運動の先駆け「デザインコミッティー」の展覧会、川崎市岡本太郎美術館で

スケジュール

写真家ロベール・ドアノー“パリの音楽”をテーマとした展覧会、美術館「えき」KYOTOで
2021.10.23(土)~2021.12.22(水)
写真家ロベール・ドアノー“パリの音楽”をテーマとした展覧会、美術館「えき」KYOTOで
エナ(ENA)初個展「f_a_c_e」“即日ソールドアウト”気鋭アーティストの作品が六本木に
2021.10.23(土)~2021.10.30(土)
エナ(ENA)初個展「f_a_c_e」“即日ソールドアウト”気鋭アーティストの作品が六本木に
企画展「木島櫻谷」京都・福田美術館&嵯峨嵐山文華館で、約110年ぶり公開の動物画など作品100点以上
2021.10.23(土)~2022.1.10(月)
企画展「木島櫻谷」京都・福田美術館&嵯峨嵐山文華館で、約110年ぶり公開の動物画など作品100点以上
「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察
2021.10.23(土)~2022.1.23(日)
「コレクション展:絶対現在」豊田市美術館で - 河原温の作品を中心に“今ここ”の時間を考察
戦後日本のデザイン運動の先駆け「デザインコミッティー」の展覧会、川崎市岡本太郎美術館で
2021.10.23(土)~2022.1.16(日)
戦後日本のデザイン運動の先駆け「デザインコミッティー」の展覧会、川崎市岡本太郎美術館で
 スケジュール一覧