menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   ライフスタイル・カルチャー   >   トピック

hideのドキュメンタリー映画『HURRY GO ROUND』彼が残した音楽とそのメッセージに迫る

1998年、人気絶頂の中、突然永眠したX JAPANのギタリストhide。あれから20年が経った今、“hide 20th Memorial Project“の一環としてドキュメンタリー映画『HURRY GO ROUND』が、2018年5月26日(土)に全国公開となる。

衝撃の日から20年、真相に迫るドキュメンタリー

突然すぎる訃報に、日本中が騒然とした。東京・築地本願寺にはおよそ5万人のファンが押し寄せ、急に訪れた永遠の別れを受け入れられず、泣き崩れる人が後を絶たなかった。あれから20年経ったいまでも、ファンの想いは色褪せず、彼の墓はその年月を感じさせないほど美しさで、たくさんの花に囲まれている。

映画のタイトルである『HURRY GO ROUND』は、彼の墓石にも歌詞が刻まれている事実上最期の楽曲。その文字からは輪廻転生を表現する言葉を見て取れる。hideはどうやって生きて、どうやって亡くなってしまったのか。今でも変わらないファンの想いをくみ取りながら、彼の“生と死”を考える。そして、彼が伝えたかったメッセージを今ここに蘇らせる。

YOSHIKIが明かすhideの真実とは

hideをよく知る人物として、hideがXに加入し、バンド解散までの10年間をともに歩んだ同志であるYOSHIKIもインタビュー形式で出演している。彼もまた、これまで明かすことのなかったhideの真実について語っている。

ストーリー

一人の俳優が墓参りに訪れる。「亡くなってから20年経っている墓には到底思えない」。そう呟いたのは俳優・矢本悠馬
「hide の印象は?」と聞くと…「当時、ニュースで人気のあったミュージシャンが亡くなったというのを何となく覚えているぐらいですかね」。それもそのはず、矢本は現在27歳。hideが亡くなった1998年当時は小学1年生。もちろん、hideという名前は知っているし、楽曲も数曲知ってはいるが、ファンからするとhide 初心者に間違いない。

そんな矢本が気になったのは、墓石に刻まれている事実上最期の楽曲とされる「HURRY GO ROUND」の歌詞。その文字を追うと、輪廻転生を表現する言葉にも見て取れる。hideはどうやって生きて、どうして亡くなってしまったのだろう。その心を胸に矢本悠馬のhideを知るドキュメンタリーはスタートする。

hideが生まれ育った横須賀を訪れ、若きhideに触れ、保管されている大量の映像を片っ端から観まくる。hideの印象を折り紙1枚1枚に記すにつれ、矢本はhide という存在に魅了されていく。

ある日、矢本はhide が亡くなる直前のスケジュールを手に入れると、亡くなる3ヶ月前に過ごしていたのはアメリカ・ロサンゼルスであったことを知る。しかしそのスケジュールに詳細は一切書かれていない…。そこにヒントがあると確信した矢本は渡米し、当時の足跡を追うことに。亡くなる3ヶ月前のhideは何を思い、どのように過ごしていたのか?

ロサンゼルスから帰国後、矢本は、亡くなる直前hideと対峙した人々に話を聞く。hideをよく知る人々が涙ながらに語る「亡くなる数時間前の後悔」とは?全ての鍵が揃い、今、「HURRY GO ROUND」という謎の扉が開かれる。そこにはhideが語ることの無かったメッセージが存在している。

ホテル コエ トーキョーではコラボレーション企画

コエ(koé)が展開するホテル併設型店舗「ホテル コエ トーキョー(hotel koe tokyo)」では、 hideとのコラボレーション企画として、映画『HURRY GO ROUND』の世界観を堪能できる宿泊者専用コンセプトラウンジが登場。期間は、4月27日(金)から5月10日(木)までとなり、予約は4月17日(火)の10:00より受付開始。

同企画で登場するコンセプトラウンジは、hotel koe tokyo3階の宿泊者専用フロアに設置。hideにまつわるパネルや貴重なアイテムの展示、映画をイメージしたウェルカムドリンクの提供などを行う。各客室には映画とのコラボレーションによるオリジナルアメニティを用意している。ハンドタオルやフェイスタオルなどのアメニティは、そのまま宿泊者にプレゼントされるものだ。

また、1階には限定ストアが設置され、映画『HURRY GO ROUND』のアートワークをフィーチャーしてデザインされたキャップ、Tシャツ、スマホケースなどのグッズも販売する。

詳細

■作品詳細
HURRY GO ROUND
公開日:2018年5月26日(土)
上映劇場:角川シネマ新宿 他全国ロードショー
監督:石川 智徹
ナビゲーター:矢本 悠馬
主題歌:「HURRY GO ROUND」
配給:KADOKAWA
企画・製作:UNIVERSAL CONNECT
制作プロダクション:サーティー・フレーム
Ⓒ2018 「HURRY GO ROUND」製作委員会

■hotel koe tokyo × hide コンセプトラウンジ詳細
※ラウンジ利用はホテルへの宿泊者が対象。
期間:2018年4月27日(金)~5月10日(木)
予約受付期間:4月17日(火) 10:00~4月26日(木) 23:59
住所:東京都渋谷区宇田川町3番7号
宿泊料金:S(1名) 46,000円(税込)、S(2名) 62,000円(税込)、M 105,000円(税込)、L 130,000円(税込)、XL 270,000円(税込)
※オリジナルアメニティ付き
※サービス料、消費税、宿泊税は含まれていない。
予約・問い合わせ:hotel koe tokyo予約サイト(http://hotelkoe.com/culture/collaboration-info)

※注意事項
・公式HPのみからの予約受付(電話、対面予約不可)。
・事前決済のみ対応。
・予約確定後のキャンセル、日程変更ならびに一切の予約内容に関する変更は不可。
・連絡のないキャンセル、当日不泊における返金は不可。

■限定ストア
期間:2018年4月27日(金)~5月10日(木)
場所:hotel koe tokyo1Fイベントスペース「koe space」

Photos(2枚)

hideのドキュメンタリー映画『HURRY GO ROUND』彼が残した音楽とそのメッセージに迫る 画像1 hideのドキュメンタリー映画『HURRY GO ROUND』彼が残した音楽とそのメッセージに迫る 画像2

Photos(2枚)

hideのドキュメンタリー映画『HURRY GO ROUND』彼が残した音楽とそのメッセージに迫る 画像1 hideのドキュメンタリー映画『HURRY GO ROUND』彼が残した音楽とそのメッセージに迫る 画像2

関連ニュース

キーワードから探す

ピックアップ

【映画】2018年公開の話題作<洋画編>ファンタビ続編、実写版くまのプーさんほか
【映画】2018年公開の話題作<洋画編>ファンタビ続編、実写版くまのプーさんほか
映画『雪の華』登坂広臣×中条あやみ、中島美嘉の名曲を映画化 - フィンランドが舞台のラブストーリー
2019年2月1日(金)公開
映画『雪の華』登坂広臣×中条あやみ、中島美嘉の名曲を映画化 - フィンランドが舞台のラブストーリー
【映画】2019年の話題作<洋画編>スパイダーマンやスター・ウォーズの新作が登場
【映画】2019年の話題作<洋画編>スパイダーマンやスター・ウォーズの新作が登場
【映画】2019年 邦画作品を一挙紹介 - 人気コミックや小説の実写化作など注目作が満載
【映画】2019年 邦画作品を一挙紹介 - 人気コミックや小説の実写化作など注目作が満載
【対談】エディ・レッドメイン×ジュード・ロウ、“はみ出し者”を描くファンタビの魅力とは?
【対談】エディ・レッドメイン×ジュード・ロウ、“はみ出し者”を描くファンタビの魅力とは?

スケジュール

入場料のある本屋「文喫」六本木に誕生 - 本との“出会い”を追求した異色ブックストア
12月11日(火)オープン
入場料のある本屋「文喫」六本木に誕生 - 本との“出会い”を追求した異色ブックストア
ディズニー「くまのプーさん」おひさまマーケット西武池袋で開催、限定ぬいぐるみやキャンディ入りポーチ
12月12日(水)~12月29日(土)開催
ディズニー「くまのプーさん」おひさまマーケット西武池袋で開催、限定ぬいぐるみやキャンディ入りポーチ
泊まれる本屋「ブックアンドベッドトウキョウ」大阪・心斎橋にオープン
12月13日(木)オープン
泊まれる本屋「ブックアンドベッドトウキョウ」大阪・心斎橋にオープン
「機動警察パトレイバー30周年記念展」池袋マルイで - 劇場版を中心に初公開資料や原寸大制服など展示
12月13日(木)~12月24日(月)開催
「機動警察パトレイバー30周年記念展」池袋マルイで - 劇場版を中心に初公開資料や原寸大制服など展示
映画館「アップリンク吉祥寺パルコ」5スクリーンのミニシアター、インディーズからファミリー向けまで
12月14日(金)オープン
映画館「アップリンク吉祥寺パルコ」5スクリーンのミニシアター、インディーズからファミリー向けまで
 スケジュール一覧