menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   映画   >   トピック

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』トム・クルーズの人気スパイシリーズが再び

    Page:
  • 1
  • 2

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が、2018年8月3日(金)に日本で公開される。トム・クルーズがスパイ、イーサン・ハントを演じる人気シリーズ『ミッション:インポッシブル』が再びスクリーンに戻ってくる。

度肝を抜くアクションは『フォールアウト』でも健在

2015年公開の『ローグ・ネイション』では上空1524mの高さを時速400キロ以上で飛ぶ軍用飛行機のドア外部に張りつき侵入を試みるシーンで物語が始まり、アクションで話題を集め世界の度肝を抜いた。

最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』では、どのようなアクションに挑戦しているのかも見どころの1つ。今回も飛行中のヘリコプターにしがみつき決死の表情を浮かべるトム・クルーズの姿が…。シリーズ史上最大規模の超絶スタントに挑戦しているようだ。

トム自身でアクションをこなすことから、ビルからビルへとジャンプするシーンの撮影中にケガを負ったことが大々的に報じられていたが、驚異的な回復力によってすぐに撮影を再開した。

ヘリのライセンスまで取得

ヘリコプターの操縦は最難関のようで、スタント専門家から「役者がヘリコプターの操縦に挑戦するのは"不可能"に近い」と言われる中、僕がヘリのパイロットにとトムが言い出したそうで…結局トムはこのシーンを撮影するため、1日8時間×3ヶ月乗っても初心者レベルまでしかいけないと言われるヘリコプター操縦訓練を、「短時間で2000時間の訓練をこなす」と取り組み、見事にライセンスを取得してしまった。こんな経緯もありつつ、ほとんどのパイロットが高難度のアクロバット飛行を映画では披露するという。

ストーリー”不可能が連鎖する最難関のミッション”

フォールアウトとは?

”フォールアウト(FALLOUT)”をそのまま日本語に訳すと、放射性降下物がふってくる、放射性物質を含んだものというような意味がある。サブタイトルには物理的、そして、比喩的なものまで複数の意味が込められているそうだが、1つは核テロの脅威を意味しているそう。また、イーサンが過去に起こした行動、ミッションがきっかけで起こってしまう、新たな脅威をも意味している。

トム・クルーズは次のように話す。
「初期のミッション・インポッシブルでやったことすべてのフォールアウト(副産物)で、イーサン達がこれまでやってきた良いことが、彼らに対し不利に利用されてしまうのです。」

何者かに複数のプルトニウムが盗まれ、<3つの都市>が標的に。イーサン・ハントとIMFチームは、その“同時核爆発を未然に防ぐミッション”を受ける。72時間という短い猶予の中で手がかりは薄く、“名前しか分からない正体不明の敵“を追うミッション遂行は困難を強いられた。タイムリミットが迫る中、IMFに立ちはだかるのは、イーサン・ハントを疑うCIAが送り込んだ敏腕エージェント、ウォーカー。イーサンは彼との対決を余儀なくされる。そして、いくつもの予期せぬ余波、フォールアウトが絶体絶命のイーサン・ハントに降りかかる。不可能が連鎖してたたみ掛ける、最難関で最大級のミッションに挑んでいく。

待望の予告編は公開1日で200万再生を突破

予告編の動画は1日で200万再生を突破。シリーズお馴染みのBGMと共にスタートする予告編の中には、エッフェル搭、凱旋門、グラン・パレ、パレ・ロワイヤル庭園など、フランス・パリの名所の数々が登場。美しい街並みをバックにした激しいカーチェイスなどのアクションシーンも収められており、メインとなる舞台の一つがパリである事がわかる。

また、“フォールアウト”という言葉とかけて、「その手に血が流れるだろう。君の善意から生まれる最悪の結末とともに。」とイーサンに語りかける謎の男の姿や、核兵器に用いられるであろうプルトニウムも映し出されており、本作のサブタイトルが物語に2重の意味で関わってくることを示唆している。

お馴染みのキャストが集結

キャスト陣には、M:Iシリーズになくてはならないお馴染みのキャラが集結する。

サイモン・ペッグ - ベンジー役
全く憎めない、お茶目なキャラクター。もともとはバックオフィスからイーサンを手助けしていたが、現在は現場で任務に挑む。ルーサーと同じく、コンピューター、ガジェットに強い。

レベッカ・ファーガソン - エルサ役
MI6所属の女スパイ。前作ではシンジゲートに潜入していた。『ローグ・ネイション』でヒロインとして初めて登場して人気に。『フォールアウト』では、イルサとイーサンが対立する驚きの展開に?

ヴィング・レイムス - ルーサー役
シリーズ1作目から全ての作品に登場するルーサー。裏切者が多いスパイの世界の中で、イーサンにとっては信頼できる長年の友人。コンピューターエキスパートで優秀なハッカー。

アレック・ボールドウィン - IMFの長官
一度は、IMF解体を提案。前作では、イーサンが命令に従わないので良く思ってなかった。ただし、最終的にはイーサンの主張を認め、IMFを復活させるよう提案。CIAからIMFの長官へと転身する。

ヘンリー・カヴィル - ウォーカー役
スーパーマンでお馴染みヘンリー・カヴィルが演じるのは、イーサンのライバルとして登場するCIAの敏腕エージェントだという。IMFチームの全滅しても良いというスタンスで不条理で過酷な任務が命じるそう。

ミシェル・モナハン - ジュリア役
イーサンの妻・ジュリアが再登場する。

ヘンリー・カヴィル
ヘンリー・カヴィル

Photos(6枚)

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』トム・クルーズの人気スパイシリーズが再び 画像1 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』トム・クルーズの人気スパイシリーズが再び 画像2 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』トム・クルーズの人気スパイシリーズが再び 画像3 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』トム・クルーズの人気スパイシリーズが再び 画像4 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』トム・クルーズの人気スパイシリーズが再び 画像5 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』トム・クルーズの人気スパイシリーズが再び 画像6

Photos(6枚)

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』トム・クルーズの人気スパイシリーズが再び 画像1 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』トム・クルーズの人気スパイシリーズが再び 画像2 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』トム・クルーズの人気スパイシリーズが再び 画像3 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』トム・クルーズの人気スパイシリーズが再び 画像4 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』トム・クルーズの人気スパイシリーズが再び 画像5 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』トム・クルーズの人気スパイシリーズが再び 画像6

関連ニュース

キーワード

ピックアップ

映画『オーシャンズ8』アン・ハサウェイやリアーナ出演、全員女性の犯罪ドリームチーム
8月10日(金)公開
映画『オーシャンズ8』アン・ハサウェイやリアーナ出演、全員女性の犯罪ドリームチーム
【映画】2018年 邦画作品を一挙紹介 - 人気小説や漫画など注目作が満載
【映画】2018年 邦画作品を一挙紹介 - 人気小説や漫画など注目作が満載
【映画】2018年 洋画話題作を一挙紹介 - スターウォーズやW・アンダーソン新作
【映画】2018年 洋画話題作を一挙紹介 - スターウォーズやW・アンダーソン新作
【映画】2018年 注目アニメを紹介 - 邦画からディズニー新作まで
【映画】2018年 注目アニメを紹介 - 邦画からディズニー新作まで
映画『シェイプ・オブ・ウォーター』ギレルモ・デル・トロが語る、声の出ない女性とモンスターの愛
3月1日(木)公開
映画『シェイプ・オブ・ウォーター』ギレルモ・デル・トロが語る、声の出ない女性とモンスターの愛

スケジュール

山田孝之×長澤まさみ 映画『50回目のファーストキス』1日で消える記憶、毎日、恋が始まる
6月1日(金)公開
山田孝之×長澤まさみ 映画『50回目のファーストキス』1日で消える記憶、毎日、恋が始まる
最もやりすぎ、過激なヒーロー映画『デッドプール2』2018年6月に日本公開
6月1日(金)公開
最もやりすぎ、過激なヒーロー映画『デッドプール2』2018年6月に日本公開
映画『レディ・バード』主演シアーシャ・ローナン、17歳少女の揺れ動く心を描いたアカデミー賞有力作品
6月1日(金)公開
映画『レディ・バード』主演シアーシャ・ローナン、17歳少女の揺れ動く心を描いたアカデミー賞有力作品
無料の野外映画イベント「品川オープンシアター」、オーシャンズ11上映
6月2日(土)~6月3日(日)開催
無料の野外映画イベント「品川オープンシアター」、オーシャンズ11上映
「坂本龍一映画祭」六本木で開催 -『戦場のメリークリスマス』ほか、音楽担当の6作品上映
6月4日(月)~6月13日(水)開催
「坂本龍一映画祭」六本木で開催 -『戦場のメリークリスマス』ほか、音楽担当の6作品上映
 スケジュール一覧