menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『ボス・ベイビー』スーツを着た“おっさん赤ちゃん”誕生、ユニバーサル・スタジオ×ドリームワークス

映画『ボス・ベイビー』が2018年3月21日(水・祝)より全国公開。

おっさん赤ちゃん“ボス・ベイビー”誕生

『ボス・ベイビー』場面カット|写真1

物語の主役は、黒いスーツに白いシャツ、ネクタイをビシッと締め、チャキチャキと歩く、なんともユニークな赤ちゃんのキャラクター“ボス・ベイビー”だ。全米ベストセラーとなったマーラ・フレイジーによる絵本「あかちゃん社長がやってきた」にインスパイアされ誕生した。

カクテルのようにミルクを飲む“ボス・ベイビー”の姿

ネクタイを頭に巻いたり、カクテルのようにミルクをシェイクしたりとユニークな動きを連発。さらに、低くて渋いおっさんの声で「俺はボスだ」と発言するなど、“ボス・ベイビー”の正体が気になる…。

ユニバーサル・スタジオ×ドリームワークスが夢のタッグ

『怪盗グルー』シリーズや『ペット』『SING/シング』など、日本でも大ヒットを連発しているユニバーサル・スタジオと、『シュレック』などを手掛けるドリームワークス・アニメーションが初タッグを組んだ『ボス・ベイビー』。

『ボス・ベイビー』場面カット|写真3

世界で高評価 - アカデミー賞ノミネート

全米で『美女と野獣』を抑えて初登場第1位、そして2週連続1位を獲得し、全世界で大ヒットを記録した話題作だ。

全世界で約540億円以上(8月29末)を稼ぎだした『ボス・ベイビー』。アカデミー賞では、長編アニメ映画賞、ゴールデン・グローブ賞では、アニメーション作品賞にノミネートを果たした。また、アニメ界のアカデミー賞と言われるアニー賞でも高い評価を受けており、作品賞、監督賞、キャラクター・アニメーション賞、キャラクター・デザイン賞、ストーリーボーディング賞の5部門にてノミネートされた。本国では既にパート2の制作も決定している。

監督は『マダガスカル』のトム・マクグラス

監督を務めるのは、『マダガスカル』シリーズのトム・マクグラス。またボス・ベイビーの声は『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のアレック・ボールドウィンだ。赤ちゃんなのに声は渋い大人の男、というギャップが笑いを誘う、ユーモア溢れる演技を披露している。

脇を固めるのは、人気海外ドラマ「フレンズ」でフィービーを演じたリサ・クドロー、そしてアメリカの人気司会者ジミー・キンメルなど、ユニークな顔ぶれだ。

吹き替えキャストにムロツヨシ、芳根京子

吹き替え版ボス・ベイビーを演じるのは、『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』など個性的な演技で100本以上のドラマ・映画に出演し、様々な役柄をこなすムロツヨシ。ボス・ベイビーに振り回される兄のティム役は、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』でヒロイン・すみれを演じて話題となった芳根京子が吹き替えを務める。その他、宮野真守や山寺宏一といった実力派の声優陣が勢揃いする。

ドリームワークス短編アニメ『ビルビー』 日本限定同時上映

『ボス・ベイビー』場面カット|写真2

Photos(9枚)

『ボス・ベイビー』場面カット|写真1 『ボス・ベイビー』場面カット|写真2 『ボス・ベイビー』場面カット|写真3 『ボス・ベイビー』場面カット|写真4 『ボス・ベイビー』場面カット|写真5 『ボス・ベイビー』場面カット|写真6 『ボス・ベイビー』場面カット|写真7 『ボス・ベイビー』場面カット|写真8 『ボス・ベイビー』場面カット|写真9

Photos(9枚)

キーワードから探す