menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『SING/シング』動物たちがレディー・ガガやきゃりーの歌を熱唱!

映画『SING/シング』が2017年3月17日(金)に日本で公開される。『ミニオンズ』、『ペット』に続き、ユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・エンタテインメントのタッグが贈る新作アニメーション映画だ。

『SING/シング』場面カット|写真2

それは、人生を変えるステージ - 動物たちが集合

全ての人の中に必ず存在する、それぞれの輝けるスターを見つけ出すというテーマを描くミュージカル・コメディムービー『SING/シング』。動物たちが暮らす世界で、経営が全く上手くいかない状態が続く劇場の主宰であるコアラのバスター・ムーンが、劇場を守るために世界最高の歌唱コンテストを実施するという内容だ。

感傷的に歌うハツカネズミや、ティーンエイジャーのゾウ、5匹のコブタの面倒を見る疲れ果てた母親、横柄な彼氏を捨てるか悩むヤマアラシなど、私たちにも共通するような悩み、葛藤を抱いた動物たちが、未来を変える機会になることを信じて集結する。

主要メンバー
バスター(コアラ):取り壊し寸前の劇場支配人
ミーナ(ゾウ):極度のアガリ症のシャイなティーンエイジャー
ジョニー(ゴリラ):ギャングファミリーを抜け出し歌手を夢見る
アッシュ(ヤマアラシ):我が道を貫くパンクロックなティーンエイジャー
ロジータ(ブタ):25匹の子ブタ達の育児に追われる主婦
マイク(ハツカネズミ):貪欲で高慢な自己チュー
グンター(ブタ):常にパーティー気分で陽気

『SING/シング』場面カット|写真20

劇中ではガガ、ビートルズなどの名曲が

『SING/シング』のエンディングソングは、スティーヴィー・ワンダーとアリアナ・グランデによる「フェイス(原題:Faith)」。その他、楽曲を提供したのは、フランク・シナトラ、ビヨンセ、テイラー・スウィフト、レディー・ガガなど。例えば、レディー・ガガの「バッド・ロマンス」、ビートルズの「ゴールデン・スランバー」、クレイジー・タウンの「バタフライ」、ニッキー・ミナージュの「アナコンダ」など一度は耳にしたことがあるような人気曲をキャラクターたちが熱唱。そんなヒットソングの数々は65曲以上。第74回ゴールデングローブ賞では、アニメーション作品賞と共に、主題歌賞にノミネートされている。

なお、映画『SING/シング』オリジナル・サウンドトラックの国内盤は、映画の日本公開に先立ち、3月8日(水)に発売されることが決定している。

『SING/シング』場面カット|写真1

日本からはきゃりーぱみゅぱみゅ

日本からは、きゃりーぱみゅぱみゅの名曲「「にんじゃりばんばん」や「きらきらキラー」「こいこいこい」の3曲がスタッフの目にとまり本編に収録。5人組ユニット・キューティーズが歌い上げる。(ボイスキャストがきゃりーの曲を吹き替える)

『SING/シング』場面カット|写真21

豪華スターの共演&歌声を披露

声優を務めるマシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、タロン・エガートンら。豪華スターが夢の競演、歌唱力溢れる演技も必聴だ。

日本語吹替版では内村光良やMISIAが登場

日本語吹き替え版では、主人公バスター・ムーン(コアラ)を内村光良が担当。『SING』でハリウッド映画の吹替えに初挑戦となる。ハリウッド映画の声優初挑戦となる長澤まさみはヤマアラシのアッシュ役。字幕版では、スカーレット・ヨハンソンが歌うオリジナルソングの歌唱アフレコにも挑戦。

注目はMISIAが声優に初挑戦すること。彼女は内気で極度のあがり症だが、でも歌い始めれば抜群の歌唱力を持つミーナ(ゾウ)役で登場。ジェフ・バックリィの名曲「ハレルヤ」やスティーヴィー・ワンダーの「Don't You Worry 'bout A Thing(くよくよするなよ!)」を抜群の歌唱力で披露してくれる。

トレンディエンジェル・斎藤司は、ブタのグンター役でレディー・ガガの代表曲「バッド・ロマンス」などを歌い上げる。その他、ゴリラのジョニー役にスキマスイッチの大橋卓弥、ナナ役には、女優の大地真央。ネズミのマイク役で、山寺宏一が参加する。

『SING/シング』場面カット|写真19

映画『SING/シング』のあらすじ

動物だけが暮らすどこか人間世界と似た世界――
取り壊し寸前の劇場支配人バスター(コアラ)は、かつての栄光を取り戻すため世界最高の歌のオーディションを開催することに。主要候補は5名。極度のアガリ症のシャイなティーンエイジャーのミーナ(ゾウ)、ギャングファミリーを抜け出し歌手を夢見るジョニー(ゴリラ)、我が道を貫くパンクロックなティーンエイジャーのアッシュ(ヤマアラシ)、25匹の子ブタ達の育児に追われる主婦のロジータ(ブタ)、貪欲で高慢な自己チューのマイク(ハツカネズミ)、常にパーティー気分の陽気なグンター(ブタ)。人生を変えるチャンスを掴むため、彼らはオーディションに参加する。

映画『怪盗グルー』最新作の特別映像を本編前に上映

そして今回、本作の本編前に、2017年の夏より公開されるの映画『怪盗グルー』の特別映像が上映されることが決定した。映像では、グルーたちが本作の魅力を紹介する。その中に、『怪盗グルー』の詳しい内容など、秘密が隠されているかもしれない。

作品情報

映画『SING/シング』(原題:SING)
日本公開:2017年3月17日(金)
監督/脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
キャスト:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリー、ニック・クロール、ジェニファー・サンダース、ピーター・セラフィノーウィッチュ、レスリー・ジョーンズ、ジェイ・ファロア、ニック・オファーマン、ベック・ベネット
出演(吹替版):内村光良、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々、大地真央
配給:東宝東和

■映画『SING/シング』オリジナル・サウンドトラック<国内盤> 2,500円+税
発売日:2017年3月8日(水)予定
(C)Universal Studios.

Photos(23枚)

『SING/シング』場面カット|写真1 『SING/シング』場面カット|写真2 『SING/シング』場面カット|写真3 『SING/シング』場面カット|写真4 『SING/シング』場面カット|写真5 『SING/シング』場面カット|写真6 『SING/シング』場面カット|写真7 『SING/シング』場面カット|写真8 『SING/シング』場面カット|写真9 『SING/シング』場面カット|写真10 『SING/シング』場面カット|写真11 『SING/シング』場面カット|写真12 『SING/シング』場面カット|写真13 『SING/シング』場面カット|写真14 『SING/シング』場面カット|写真15 『SING/シング』場面カット|写真16 『SING/シング』場面カット|写真17 『SING/シング』場面カット|写真18 『SING/シング』場面カット|写真19 『SING/シング』場面カット|写真20 『SING/シング』場面カット|写真21 『SING/シング』場面カット|写真22 『SING/シング』場面カット|写真23