ホーム > ニュース > 映画 > 映画『友罪』生田斗真×瑛太で薬丸岳の小説を映画化 - 凶悪事件を起こした少年犯のその後

映画『友罪』生田斗真×瑛太で薬丸岳の小説を映画化 - 凶悪事件を起こした少年犯のその後

薬丸岳の小説「友罪」が、監督・瀬々敬久、主演・生田斗真×瑛太で映画化。映画『友罪』として2018年5月より全国ロードショー。

薬丸岳の渾身作「友罪」

薬丸岳の作品は、実在の事件に着想を得て書いた作品も多く、犯罪被害者と加害者、また少年犯罪など、重厚なテーマを取扱いながらも、エンタメ性の高いミステリーで読者を魅了する。「友罪」で描かれるのは、かつて世間を震撼させた事件を起こした少年犯の“その後”だ。

ジャーナリストの夢に破れて町工場で働き始める益田と、同じタイミングで工場勤務につく鈴木。鈴木は周囲との交流を避け、過去を語りたがらない影のある人物だが、同い年の2人は次第に打ち解ける。だが、あるきっかけと行動で、益田は鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い始める。

ともに心に闇を抱え、大きな罪に囚われ続けながらも、心を通じ合わせていく2人の友情。疑心や後悔に囚われた人間模様を、圧倒的にリアルな描写でスクリーンに投影する。

主演は生田斗真×瑛太、監督に瀬々敬久

監督をつとめるのは、『64-ロクヨン―前編/後編』での大ヒットも記憶に新しい瀬々敬久。その卓越した圧倒的人間描写は、国内外で高い評価を受ける。

そして、瀬々監督のもと、友を想い、互いに疑心や後悔と向き合い葛藤する難役に挑むのは、『彼らが本気で編むときは、』でも主演を務めた生田斗真と、『64-ロクヨン―前編/後編』『殿、利息でござる!』など話題作への出演が続く瑛太。実力派俳優としても名高い俳優2人のみせる“本気のぶつかり合い”は大きな見所となるだろう。

豪華キャスト陣

息子が過去に犯した事件がきっかけで一家離散し、日々贖罪に向き合うタクシー運転手・山内修司役は、『感染列島』『ヘヴンズ ストーリー』『64-ロクヨン―前編/後編』以来、4作品目の瀬々監督作品出演となる佐藤浩市が務める。あるきっかけで鈴木に助けられ、次第に好意を抱いていく藤沢美代子役は『海街diary』での活躍が記憶に新しい夏帆、益田の元恋人・杉本清美役は『ピーチガール』にも出演していた山本美月、鈴木の少年院時代に担当法務教官だった白石弥生役は富田靖子が演じる。

その他、忍成修吾、西田尚美、村上淳、坂井真紀、光石研と豪華なキャストが勢揃いする。

【詳細】
『友罪』
公開時期:2018年5月全国ロードショー
原作:「友罪」薬丸 岳(集英社文庫刊)
監督:瀬々敬久
出演:生田斗真、瑛太、佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子、奥野瑛太、飯田芳、小市慢太郎、矢島健一、青木崇高、忍成修吾、西田尚美、村上淳、片岡礼子、石田法嗣、北浦愛、坂井真紀、古舘寛治、宇野祥平、大西信満、渡辺真起子、光石研
配給・宣伝:ギャガ
©薬丸岳/集英社 ©2017映画「友罪」製作委員会

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

映画『友罪』生田斗真×瑛太で薬丸岳の小説を映画化 - 凶悪事件を起こした少年犯のその後 画像1
映画『友罪』生田斗真×瑛太で薬丸岳の小説を映画化 - 凶悪事件を起こした少年犯のその後 画像2
映画『友罪』生田斗真×瑛太で薬丸岳の小説を映画化 - 凶悪事件を起こした少年犯のその後 画像3
映画『友罪』生田斗真×瑛太で薬丸岳の小説を映画化 - 凶悪事件を起こした少年犯のその後 画像4
映画『友罪』生田斗真×瑛太で薬丸岳の小説を映画化 - 凶悪事件を起こした少年犯のその後 画像5
映画『友罪』生田斗真×瑛太で薬丸岳の小説を映画化 - 凶悪事件を起こした少年犯のその後 画像6
映画『友罪』生田斗真×瑛太で薬丸岳の小説を映画化 - 凶悪事件を起こした少年犯のその後 画像7

ニュースデータ

日時:2017-12-11 13:30