menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

沢木耕太郎の『春に散る』佐藤浩市×横浜流星W主演で映画化、“再起”を目指すボクサー達の感動物語

沢木耕太郎の小説『春に散る』が映画化。佐藤浩市×横浜流星のW主演映画『春に散る』が、2023年に公開される。

沢木耕太郎の傑作小説『春に散る』映画化

『春に散る』場面カット|写真1

ノンフィクションの『深夜特急』三部作をはじめ、数々のベストセラーを世に放ってきた沢木耕太郎の『春に散る』は、朝日新聞での連載時から大きな話題を呼んだ傑作小説。沢木耕太郎が半生をかけて追い続けてきた、“ボクシングを通じて〈生きる〉を問うこと”をテーマにした作品だ。新田次郎文学賞を受賞した1981年の『⼀瞬の夏』、そして2005年の『カシアス』に続く、集大成ともいえる物語となっている。

2人のボクサーの“再起”をかけた戦いを通して〈生きる〉を問う

『春に散る』の主人公は、不公平な判定で負け渡米し、40年振りに帰国した元ボクサーの広岡仁一と、偶然飲み屋で出会い、同じく不公平な判定で負けて心が折れていたボクサーの黒木翔吾。仁一に人生初ダウンを奪われたことをきっかけに、翔吾は仁一にボクシングを教えて欲しいと懇願する。やがて二人は世界チャンピオンを共に目指すことになり、“命を懸けた”戦いの舞台へと挑んでいく。

佐藤浩市×横浜流星がW主演

主人公の仁一、翔吾を演じるのは、佐藤浩市と横浜流星。再起をかけた二人の男たちを、どう演じるのか期待が高まる。

■主人公・広岡仁一…佐藤浩市

元ボクサー。不公平な判定によって負け、渡米したが40年ぶりに帰国。偶然飲み屋で出会った翔吾を導くことで、人生に尊厳を取り戻そうとする。演じるのは『64−ロクヨン−』、『Fukushima 50』などにも出演する佐藤浩市。

■主人公・黒木翔吾…横浜流星

ボクサー。不公平な判定で負けて心が折れていたものの、仁一と出会い、諦めかけていた夢に再度挑戦することに。世界チャンピオンをともに目指す。翔吾を演じるのは『流浪の月』『アキラとあきら』『線は、僕を描く』など話題作への出演が続く横浜流星。格闘技経験も豊富な横浜流星が、ほとばしる情熱をどのように表現するのかも見所の1つ。

『春に散る』場面カット|写真2

■真田令子...山口智子

仁一がかつて所属していた真拳ジムの現会長。仁一に恋心を抱いていた。

■広岡佳菜子...橋本環奈

翔吾の恋人で、仁一の姪。

■藤原次郎...哀川翔

世界チャンピオンをともに目指した、仁一の昔のボクシング仲間。刑務所から出所したばかり。

■佐瀬健三...片岡鶴太郎

仁一の昔のボクシング仲間。仁一と翔吾の挑戦を支える。

■大塚俊...坂東龍汰

東洋太平洋チャンピオン。翔吾の対戦相手。

宿命のライバル役に窪田正孝

『春に散る』場面カット|写真3

■中西利男…窪田正孝

絶対王者として名を轟かせる世界チャンピオンの天才ボクサー。仁一と翔吾の前に立ちはだかる最大のライバル。中西を演じる窪田正孝は、『64−ロクヨン−』で佐藤浩市とは同僚の刑事役として共演しているが、横浜流星とは初共演となる。また、窪田正孝は映画『初恋』でもボクサー役を演じており、『春に散る』でのアクションにも注目だ。

監督は瀬々敬久

監督は、『』『ラーゲリより愛を込めて』など人間ドラマの名手である瀬々敬久。『64−ロクヨン−』をはじめ、これまでに何度もタッグを組んできた佐藤浩市と、瀬々とは初タッグとなる横浜流星とともに、〈生きる〉を問う感動ドラマを映し出す。

【詳細】
映画『春に散る』
公開時期:2023年
出演:佐藤浩市、横浜流星、橋本環奈、坂東龍汰、片岡鶴太郎、哀川翔、山口智子
監督:瀬々敬久
原作:沢木耕太郎『春に散る』朝日新聞出版刊
製作:映画『春に散る』製作委員会

©2023 映画『春に散る』製作委員会

Photos(3枚)

『春に散る』場面カット|写真1 『春に散る』場面カット|写真2 『春に散る』場面カット|写真3

Photos(3枚)

『春に散る』場面カット|写真1 『春に散る』場面カット|写真2 『春に散る』場面カット|写真3

キーワードから探す