ホーム > ニュース > 映画 > 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』石井裕也×池松壮亮、最果タヒの詩集が原作のラブストーリー

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』石井裕也×池松壮亮、最果タヒの詩集が原作のラブストーリー

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』が、2017年5月13日(土)に新宿ピカデリー、ユーロスペースにて先行公開、5月27日(土)に全国の劇場で公開される。

2013年に映画賞を総なめにした『舟を編む』の石井裕也監督最新作。その後も『ぼくたちの家族』『バンクーバーの朝日』と、精力的に作品を世に送り出した弱冠33歳の石井監督にとって、本作は12本目の長編映画となる。

原作は、最果(さいはて)タヒによる同名の詩集。最果は2008年、当時女性では最年少となる21歳で第13回中原中也賞を受賞するなど、「新しい表現者」として注目されている詩人だ。平易な言葉で綴られる彼女の詩は、これまで難解なイメージがあった“現代詩”という概念を覆し、小説では表現しきれない現代人の憂鬱や希望を浮き彫りにしていく。

映画の舞台となるのは、2017年、現代の東京。看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にならない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じながら、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二。その二人が、排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そして、恋がはじまる瞬間を描くラブストーリーとなっている。

美香を演じるのは、石橋凌と原田美枝子の次女で、本作が映画初主演となる石橋静河(いしばししずか)。そして慎二役は、石井監督作品への出演が『バンクーバーの朝日』に続き3度目となる、池松壮亮が務める。

なお、本作のエンディング曲には、2016年に結成10周年を迎えたロックバンド、The Mirraz(ザ・ミイラズ)が2013年6月に発表した楽曲「NEW WORLD」(ミニアルバム「夏を好きになるための6の法則」収録)が決定している。

【作品情報】
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
公開日:
・2017年5月13日(土) 新宿ピカデリー、ユーロスペースにて先行公開
・2017年5月27日(土) 全国公開
監督・脚本:石井裕也(『舟を編む』)
原作:最果タヒ(リトルモア刊「夜空はいつでも最高密度の青色だ」)
出演:石橋静河、池松壮亮、佐藤玲、三浦貴大、ポール・マグサリン、市川実日子、松田龍平、田中哲司
エンディング曲:The Mirraz「NEW WORLD」
©2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』石井裕也×池松壮亮、最果タヒの詩集が原作のラブストーリー 画像1
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』石井裕也×池松壮亮、最果タヒの詩集が原作のラブストーリー 画像2
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』石井裕也×池松壮亮、最果タヒの詩集が原作のラブストーリー 画像3
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』石井裕也×池松壮亮、最果タヒの詩集が原作のラブストーリー 画像4
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』石井裕也×池松壮亮、最果タヒの詩集が原作のラブストーリー 画像5
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』石井裕也×池松壮亮、最果タヒの詩集が原作のラブストーリー 画像6
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』石井裕也×池松壮亮、最果タヒの詩集が原作のラブストーリー 画像7

ニュースデータ

日時:2017-03-24 11:00