ホーム > ニュース > アート > 「味のカタチ」展 - デザインを通じて探る‟味の世界”、ミナ ペルホネン皆川も参加

「味のカタチ」展 - デザインを通じて探る‟味の世界”、ミナ ペルホネン皆川も参加

「味のカタチ」展(仮称)が、2017年1月17日(土)から2日12日(日)までの間、東京・白金台の複合施設「ときのもり」にて開催される。

異なるジャンルのクリエイターが集う「フォロ・ゼロット(foro08)」は、これまで五感とデザインの関係性をテーマに様々なイベントを企画してきた。とらやも協力した和菓子がテーマの「和菓子のかたち展」をスタートに、「香りのかたち展」「音のかたち展」続き、2013年にはミナ ペルホネンのデザイナー・皆川明も参加した、視覚にフォーカスしたイベント「視・点」を開催した。

彼らが今回目を向けたのは「味覚」。味覚を構成する「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「うまみ」の5つの基本要素は、本来は生命維持活動に必要な物質を体内に取り込み、有害な成分が侵入するのを防ぐため、生き物としての人間に自然に備わっている能力。それを私たち人間は無意識に使い分けて暮らしている。

しかし人間は、危険の信号であったはずの苦味や酸味、痛みの一種であるスパイシーな刺激までをも味わいとして楽しむように発展。味の世界はより複雑なものへと変化を遂げた。

本展では、皆川明、建築家の西森陸雄と今村創平、インテリアデザイナーの橋本夕紀夫、グラフィックデザイナー/アートディレクターの松下計の5名を迎え、デザインを通じて「味」の世界を検証する。

【イベント詳細】
「味のカタチ」展(仮称)
開催期間:2017年1月17日(土)~2日12日(日)
※毎週月曜日・火曜日、ならびに1月26日(木)は閉場。
時間:11:00~18:00(予定)
会場:奈良をテーマにした複合施設「ときのもり」
住所:東京都港区白金台5-17-10

■出品作家(foro08メンバー)
皆川明、西森陸雄、今村創平、橋本夕紀夫、松下計

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

「味のカタチ」展 - デザインを通じて探る‟味の世界”、ミナ ペルホネン皆川も参加 画像1
「味のカタチ」展 - デザインを通じて探る‟味の世界”、ミナ ペルホネン皆川も参加 画像2
「味のカタチ」展 - デザインを通じて探る‟味の世界”、ミナ ペルホネン皆川も参加 画像3

ニュースデータ

日時:2016-12-16 16:00