menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『ヒッチコック/トリュフォー』マーティン・スコセッシ、黒沢清ら10人の監督が語る“映画の教科書”

映画『ヒッチコック/トリュフォー』が2016年12月10日(土)より、新宿シネマカリテほかにて全国公開される。

本作は今日の映画界を牽引する10人のフィルムメーカーたちのインタビューを交え、ヒッチコックの映画術を新鮮な視点で蘇らせるドキュメンタリー。メガホンを握ったのは、イギリス人映画監督のアルフレッド・ヒッチコック。“サスペンスの神”と称され、代表作に『サイコ』『鳥』などが挙げられる。サスペンスとくくられる中でも、ミステリーからロマンス、怪奇、心理劇、アクションまで、内容の多彩さが魅力だ。

始まりは一通の長い手紙。フランソワ・トリュフォーは、敬愛する偉大な監督アルフレッド・ヒッチコックに、インタビューをさせてほしいと手紙を綴った。この対談によって1冊の伝説の本「映画術 ヒッチコック/ト リュフォー」(山田宏一・蓮實重彦訳)が生まれることとなる。当時のインタビューを行った貴重な音声テープと、現代を代表するフィルムメーカーたちのインタビューを交え、ヒッチコックの時代を超えた映画術を現代に蘇らせる。

登場するのは、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のマーティン・スコセッシ、『ゴーン・ガール』のデビッド・フィンチャー、『クリーピー 偽りの隣人』の黒沢清、『グランド・ブダペスト・ホテル』ウェス・アンダーソン、そして『6才のボクが、大人になるまで。』のリチャード・リンクレイターなど、今日の映画界を牽引する監督たち。劇中で、デビッド・フィンチャーは「ヒッチコックは、映画魔術天才だ。映画ばかりか、観客も演出する監督だ」と語っている。

【作品詳細】
『ヒッチコック/トリュフォー』
公開日:2016年12月10日(土) 新宿シネマカリテほかにて全国公開
監督:ケント・ジョーンズ
脚本:ケント・ジョーンズ、セルジュ・トゥビアナ
出演:マーティン・スコセッシ、デビッド・フィンチャー、アル ノー・デプレシャン、黒沢清、ウェス・アンダーソン、ジェーム ズ・グレイ、オリヴィエ・アサイヤス、リチャード・リンクレイター、 ピーター・ボグダノヴィッチ、ポール・シュレイダー
2015年/アメリカ・フランス/英語、仏語、日本語/80分/ビス タ/カラー/5.1ch/
原題:HITCHCOCK/TRUFFAUT
Photos by Philippe Halsman/Magnum Photos
© COHEN MEDIA GROUP/ARTLINE FILMS/ARTE FRANCE 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

Photos(13枚)

『ヒッチコック/トリュフォー』場面カット|写真1 『ヒッチコック/トリュフォー』場面カット|写真2 『ヒッチコック/トリュフォー』場面カット|写真3 『ヒッチコック/トリュフォー』場面カット|写真4 『ヒッチコック/トリュフォー』場面カット|写真5 『ヒッチコック/トリュフォー』場面カット|写真6 『ヒッチコック/トリュフォー』場面カット|写真7 『ヒッチコック/トリュフォー』場面カット|写真8 『ヒッチコック/トリュフォー』場面カット|写真9 『ヒッチコック/トリュフォー』場面カット|写真10 『ヒッチコック/トリュフォー』場面カット|写真11 『ヒッチコック/トリュフォー』場面カット|写真12 『ヒッチコック/トリュフォー』場面カット|写真13

Photos(13枚)

キーワードから探す