YANKO

ヤンコ

ブランドのはじまり

1961年、ホセ・アルバラデホがスペインのマヨルカにて創業。

ヤンコについて

ヤンコはスペインの高級靴ブランド。主にグッドイヤーウェルト製法を採用しており、機能性にも定評がある。

創業者であるホセ・アルバラデホの家系(アルバラデホ家)は、スペインのマヨルカにて、19世紀から同族企業としてハンドメイド靴の製造を続けるメーカーだった。20世紀上旬にはスペイン国内で靴メーカーとしての地位を確立。20世紀中ごろまで「Sanson's」というブランドを運営していた。

20世紀半ばには、一時、戦争、内乱の影響を受け工場を閉鎖した時期もあったが、再興する。

その中でもホセは、1961年、高級靴ブランド、ヤンコ(YANKO)を創立。企画、デザイン、製造、販売の一貫性を導入、底材・木型も自社生産で行っている。これらの努力により生産性を飛躍的に向上。また、スペインのビスポーク靴のレベルを飛躍的に高めたとも言われている。特徴はイギリス靴のようなクラシカルなスタイルで、コバの張り出しを出来る限り抑えている。

80年代には100万足の靴を生産、一族の靴製造のビジネスを飛躍的に成長させている。クオリティが高いのにも関わらず値段がリーズナブルな点も特徴で、スペイン及びヨーロッパにおいて最大手クラスの皮革製靴企業となっている。

なお、創業者のホセ・アルバラデホは90年代後半にヤンコを離れ、ブランド「カルミナ」を創業している。

2002年、東京、神宮前に直営店をオープン。

【ショップ情報】
ヤンコ神宮前店
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-6-6 秀和外苑レジデンス1F
営業時間:11:00~20:00 
定休日:定休日:なし(年末年始を除く)
TEL.03-5775-7475 FAX.03-5775-4531

[ 続きを読む ]

Data - ヤンコの関連データ

用語: グッドイヤーウェルト 木型 ビスポーク

ブランド・デザイナー紹介