menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ブランド

MaTeSマテス

ブランドのはじまり

1947年、フランシス・マテスがオリジナルシューズの製作をスタート。

マテスについて

「マテス(MaTeS)」はスペインのスニーカーブランド。

1947年にフランシス・マテスがシューズ作りをスタートすることに始まる。初めてフランシス・マテスが作ったのは、スパイクのついたスポーツシューズだった。これは、フランシス自身がアスリートである経験から生まれたもの。

1949年からスポーツシューズの製作を本格的にスタートさせる。1950年代に入るとマテスのシューズは人気となる。

1960年代にも人気を伸ばし、工場を増設。マテスはスペインでも有数のスポーツシューズメーカーへと成長する。

1970年代には陸上競技以外にもハンドボールやテニス、サッカーなど他の競技のシューズも手掛ける。1981年にはマテス主催のマラソン大会を開催。

1980年代に入ると、大量生産ではなく、より競技に適したフィット感を求める選手のためのパーソナルオーダーを主体に展開する。1989年ころになるとフランシスの体調の悪化により、娘のミルナ・マテスが事業を引き継ぐ。ミルナは14歳のときからフランシスの仕事の手伝いをしていたため、靴作りをすでにマスターしていた。2000年には、シューズマスターとしての地位を、スペインの靴製造協会から公式に認められる。

現在もパーソナルオーダーを中心としたシューズ作りを行っている。2005年にはバルセロナにショップをオープンし、スポーツシューズだけでなく、タウンユースのカジュアルシューズも展開している。

公式サイト

https://mates.es

News - マテスのニュース

Shop - マテス 店舗・取り扱いコーナー

ジャム つくば
茨城県つくば市東新井13-3
ザ・ポストオフィスショップ
大阪府大阪市北区豊崎3-1-18
メンズウィメンズ

Shop Search - マテス 店舗・取り扱いコーナー検索

マテス取り扱い店舗・コーナー

スケジュール

『名探偵コナン』本格ボンボンショコラ、“赤井秀一”着想のベリー&オレンジ味などがレディベアから
2021.2.28(日)
『名探偵コナン』本格ボンボンショコラ、“赤井秀一”着想のベリー&オレンジ味などがレディベアから
「電線絵画展」練馬区立美術館で - 絵画や現代美術などから探る、電線・電柱へのまなざしの変遷
2021.2.28(日)~2021.4.18(日)
「電線絵画展」練馬区立美術館で - 絵画や現代美術などから探る、電線・電柱へのまなざしの変遷
ミュベール×バブアーの春夏アウター、80年代“狩猟用ジャケット”ベース&落書きプリントの裏地付き
2021.2.28(日)
ミュベール×バブアーの春夏アウター、80年代“狩猟用ジャケット”ベース&落書きプリントの裏地付き
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る