COMMUUN

コムーン

ブランドのはじまり

コムーンは2005年に堀海斗と古舘郁が設立。現在はブランド活動を終了している。

コムーンについて

コムーン(COMMUUN)は2005年に堀海斗と古舘郁が設立したパリを拠点に展開するブランド。2006年春夏パリプレタポルテにてコレクションを発表。

厳選された自然素材を使用して服作のみを行うなど素材のこだわりは徹底されている。シンプルなカラーチョイスに、軽やかなフォルムとそれを支えるカッティング技術、機能性の高い、ミニマルなデザインが特徴。

優秀な若手デザイナーに授与される、ANDAM(フランス国立モード芸術開発協会)賞を受賞。この賞は過去にマルタン マルジェラジェレミー スコットなどが受賞。日本では伊勢丹、Via Bus Stopなどで販売されている。

コムーンのデザイナープロフィール

堀海斗(Kaito Hpro)は1977年名古屋生まれ。高校卒業後、FITにてファッションを学ぶ。同時にアシスタントデザイナー、バイヤー等の活動を始める。2000年、ヴィクター&ロルフの出身校であるオランダのアーネム芸術アカデミーに入学。在学中からバレンシアガで働く。

古舘郁(Iku Furudate)は1976年横浜生まれ。文化服装学院卒業後、セントマーチンズに入学。2002年、セントマーチンズの卒業コレクションがイエール国際フェスティバルにて入賞。これは日本人初の快挙だった。2003年、パリに渡り、シャロンワコブ、アン ヴァレリー アッシュで経験をつむ。コムーンのブランド終了後にはバロックジャパンのブランド「アエヴェス(AEVES)」のディレクターとして活躍している。

[ 続きを読む ]

Shop - 取り扱いショップ・店舗

コムーン取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介