Happy Socks

ハッピーソックス

ブランドのはじまり

2008年にスウェーデンで「ハッピーソックス(Happy Socks)」誕生。

ハッピーソックスについて

ハッピーソックス(Happy Socks)はスウェーデンのレッグウェアブランド。

「毎日のように使うソックスを、ワードローブの主役に」という想いから2008年にスウェーデンにてスタート。

生産には最高品質のコーマ綿と上質素材のみを使用。ハッピーソックスがハッピーな履き心地でかつ長持ちする秘訣は、この強くてやわらかいコーマ綿にある。つま先とかかと部分は破れにくいよう特別強化されている。

足首丈ソックス、タイツとニーハイソックスはウィメンズ向けアイテムだが、それ以外のほとんど全ての商品をユニセックスで展開。コラボレーションも積極的に行っており、フォトグラファーのカーティス・クーリッグ、テリー・リチャードソンを起用したアートのようなビジュアルキャンペーンなども行っている。ブランドではアディダスオープニングセレモニー、BE@RBRICK、ジャイルズディーコン、グローブ・トロッターなどとコラボを展開した。

ハッピーソックスの沿革・歴史

2008年、グラフィックデザイナーとして活躍していたヴィクター・テルと広告業界で働いていたミカエル・ソーデリンが「ハッピーソックス(Happy Socks)」を創業した。

2014年、アンダーウェアを初めて発表。2015年、映画監督ロバート・ロドリゲスがと共作し、ハッピーソックスのショートフィルム『SOCK'EM DEAD』を制作。

2016年、原宿・キャットストリートに初の路面店 をオープン。同年より、靴下やアンダーウェアに加え、アパレル、雑貨などの日本展開をはじめた。

2017年、ハッピーソックスの新ウィメンズブランド「ヒステリア」が誕生。よりハイエンドな幾何学ソックスなどを提案。ブランド名の「ヒステリア」は「自由」を意味する言葉である。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.happysocks.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ハッピーソックス取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介