Nicole Miller

ニコルミラー

ブランドのはじまり

1982年、ブランドスタート。

ニコルミラーについて

「ニコルミラー(Nicole Miller)」はアメリカのファッションブランド。1982年にニコル・ミラーがニューヨークで自身のブランドをスタート。

ニコル・ミラーはテキサス生まれのマサチューセッツ育ち。ロードアイランドデザインスクール入学し、ファインアートを専攻。その後パリのオートクチュール組合学校に留学。そこでクチュール技術や素材について勉強する。

学校を卒業するとミラーはニューヨークの伝説的なドレスデザイナー「クローヴィス・ラフィン(Clovis Ruffin)」のもとでインターンをする。その後同じくニューヨークで、ドレスブランド「P.J. ウォルシュ(P.J. Walsh)」のヘッドデザイナーとして働く。そこでミラーは社長のバド・コンハイム(Bud Konheim)に雇われ、1982年にミラーのブランド「ニコルミラー」をスタートする。

1986年、初のショップをニューヨークのマディソン・アヴェニューにオープン。

ニコルミラーのコレクションの特徴は、パリで習得したクチュール技術によるシルエットやカッティング、そしてカラーリングにある。セクシーでかつクラシックなテイストのドレスが有名。

2004年、ベイビーラインを発表。翌2005年、J.C.ペニーとコラボレーションで、リーズナブルな価格帯のラインをスタート。これはウェアだけでなくハンドバッグやシューズ、アクセサリーも含んだトータルライン。

現在、アメリカ国内の直営店の他に、世界各国の百貨店やセレクトショップなど1200以上の店舗で取扱いがある。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.nicolemiller.com/

Data - ニコルミラーの関連データ

用語: オートクチュール クチュール ヨーク ブランド: NICOLE

ブランド・デザイナー紹介