TSUBO

ツボ

ブランドのはじまり

1997年、ブランドスタート。

ツボについて

「TSUBO(ツボ)」は、1997年に誕生した、プログレッシブでデザイン性を追求するフットウエアブランド。Tsuboの語源が日本の「ツボ押し」のツボからきているように、ブランド誕生以来、ファッションナブルというだけではなく、人間工学に基づいたデザインを追求することで、快適な履き心地を併せ持つフットウエアを提案し続けている。

衝撃を和らげるインソールやアウトソールに足本来のフォルムにあった靴先「Nature Form」 を採用することで、足へのストレスをなくすシューズとなっている。またTSUBOは、最高品質の素材、確かな履き心地、ファッション性をとりいれたスタイルで、圧倒的な支持を受けている。

2008年に「UGG(アグ)」、「Teva(テバ)」などを有するデッカーズ社(Deckers Outdoor Corporation)の傘下に入る。日本では、2012春よりDeckers Japanがビジネスをスタート。

2012年春夏コレクションでは、NYブランド「ティモ ウェイランド(Timo Weiland)」によるカプセルコレクションを発表。NYコレクションでのティモ ウェイランドのランウェイショーでモデルがTSUBOのシューズを着用して登場する。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.tsubo.com

Data - ツボの関連データ

用語: ソール フォルム インソール ブランド: UGG ティモ ウェイランド テバ

ブランド・デザイナー紹介