Michael Van Der Ham

マイケル ヴァン デル ハム

ブランドのはじまり

2009年、マイケル・ヴァン・デル・ハムが自身のブランド「マイケル ヴァン デル ハム」をスタート設立。2017年にブランドを終了した可能性がある。

マイケル ヴァン デル ハムについて

マイケル ヴァン デル ハムはイギリスのファッションブランド。

マイケル・ヴァン・デル・ハム(Michael Van Der Ham)は1985年オランダ生まれ。

2009年、セントマーチンズ(Central Saint Martins College of Art and Design)のMAファッションコースを卒業。卒業ショーで異なる時代のドレスを解体し、それぞれのパーツを再構築したドレスで高い評価を得た。
在学中よりアズ フォー(As Four)、アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)やソフィア ココサラキ(Sophia Kokosalaki)の元で経験を積んだ。

2009年秋冬コレクションにて「マイケル ヴァン デル ハム(Michael Van Der Ham)」のブランドでロンドン・ファッション・ウィークにデビュー。2シーズに渡ってロンドンの若手ファッションデザイナーの支援団体ファッション・イースト(Fashion East)によるサポートを受けた。

2011年春夏コレクションでは、トップショップ(TOPSHOP)がスポンサーを努める新人デザイナー育成プログラム NEWGENのデザイナーとして、初の単独ショーを行った。また、TOPSHOPから2010年秋にスタートした新しいコラボレーションライン「Topshop Collective」の第一弾デザイナーに選ばれた。

2012年、ロンドンオリンピックにてビョークのために衣装をデザイン。

2015年、ビスポークラインをスタート。2016年、マークス&スペンサーとカプセルコレクションを発表。

[ 続きを読む ]

ブランド・デザイナー紹介