menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

ミュージカル映画『シング・フォー・ミー、ライル』奇跡の歌声を持つワニ、ショーン・メンデスが声の出演

ミュージカル映画『シング・フォー・ミー、ライル』が、2023年3月24日(金)に公開される。

“奇跡の歌声”を持つワニのミュージカル映画

『シング・フォー・ミー、ライル』場面カット|写真5

『シング・フォー・ミー、ライル』は、バーナード・ウェーバーの世界的ベストセラー絵本である『ワニのライル』シリーズを原作とするミュージカル作品。“奇跡の歌声”をもって生まれたワニのストーリーを紡ぐ。『グレイテスト・ショーマン』や『ラ・ラ・ランド』の音楽スタッフであるベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが参加し、劇的なミュージカル映画を世に送り出す。

NYが舞台、ショーマン&歌う子ワニが出会う

物語の舞台はニューヨーク。何をやっても上手くいかず、ショービジネス界から追放寸前のショーマン・ヘクターは、自分の人生を変えてくれる、驚きに満ちた、まるで魔法のような「何か」を探していた。

ヘクターが路地に佇むある古びたペットショップに足を踏み入れると、店の奥からほのかに歌声が聴こえてくる。人の声とも違う、何とも不思議で、魅惑的な歌声。その声をたどって引き寄せられるように店の奥へと進み、山積みされたケージをかき分けると、歌っていたのはなんと、“一匹の子ワニ”だった――。

ヘクターはそのワニのライルを相棒にしようするが、ライルのステージ恐怖症が判明。ヘクターは去り、ライルはたった一匹、取り残されてしまう。長い月日が経ったある日、ひとりの少年と家族がライルの隠れ住む家に越してくる。傷付き、歌うことをやめていたライルは、自分と同じように孤独な少年を前に再び歌いだす。やがてふたりは歌を通して心通じ合わせていく……。

ハビエル・バルデム×ショーン・メンデスの豪華タッグ

ショーマンのヘクターを演じるのは、オスカー俳優のハビエル・バルデム。また、奇跡の歌声をもつワニ・ライルの声は、グラミー賞ノミネートシンガー、ショーン・メンデスが担当する。豪華キャストのタッグでどのような化学反応が生み出されるのか、今から期待が高まる。

この他、『クレイジー・リッチ!』のコンスタンス・ウー、『名探偵ティミー』のウィンズロウ・フェグリー、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のスクート・マクネイリー、「ストレンジャー・シングス」シリーズのブレット・ゲルマンといった面々がキャストに名を連ねている。

■ヘクター…ハビエル・バルデム

何をやっても上手くいかないショーマン。ショービジネスから追放寸前にまで追い込まれていたが、ペットショップで聞いた歌声をきっかけに子ワニのライルと出会い、共に歌い踊ることで心を通わせていく。演じるのは、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』など数々のヒット作品に出演し、『ノーカントリー』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したハビエル・バルデム。

『シング・フォー・ミー、ライル』場面カット|写真1

■ライル…ショーン・メンデス

言葉は話せないが、奇跡の歌声を持つ子ワニ。アルバム「Shawn Mendes」が80ヵ国の国・地域でiTunes 1位を獲得、全米アルバム・チャート(Billboard 200)でも1位を獲得した他、2年連続グラミー賞にノミネートを誇る世界的シンガーのショーン・メンデスが、ライルとして声の出演を果たす。

■ミセス・プリム…コンスタンス・ウー

ライルと友情を育む少年ジョシュのステップマザー。ジョシュが出会ったライルの存在に驚きながらも、温かく受け入れる。

大泉洋が日本語吹替版ワニのライル役に

『シング・フォー・ミー、ライル』場面カット|写真3

日本語吹替版では、言葉を話さず、歌でしか想いを伝えられない主人公・ワニのライル役を大泉洋が担当。かねてから歌唱力には定評がある大泉だが、本格的なミュージカルはこれが初挑戦となる。2022年夏から歌のレッスンに集中的に取り組み、英語詞のオリジナル曲をマスターしてボイステストも見事にクリア。自身で「あれは『歌』ではなく、紛れもなく『芝居』だった」と振り返る、大泉洋渾身の歌声に注目だ。

『シング・フォー・ミー、ライル』場面カット|写真4

また、ショービジネス界から追放寸前のショーマン・ヘクター役の吹替を、ミュージカルで活躍する俳優・石丸幹二が、少年ジョシュの母親、ミセス・プリム役の吹替を、声優・歌手として活躍する水樹奈々が担当する。

【詳細】
映画『シング・フォー・ミー、ライル』
公開日:2023年3月24日(金)
監督:ウィル・スペック、ジョシュ・ゴードン
脚本:ウィル・デイヴィス
音楽:ベンジ・パセック、ジャスティン・ポール
原作:バーナード・ウェーバー 『ワニのライル』シリーズ
声の出演:ショーン・メンデス
出演:ハビエル・バルデム、コンスタンス・ウー、ウィンズロウ・フェグリー、スクート・マクネイリー、ブレット・ゲルマン
〈日本語吹替版キャスト〉
声の出演:大泉洋、石丸幹二、水樹奈々

Photos(6枚)

『シング・フォー・ミー、ライル』場面カット|写真1 『シング・フォー・ミー、ライル』場面カット|写真2 『シング・フォー・ミー、ライル』場面カット|写真3 『シング・フォー・ミー、ライル』場面カット|写真4 『シング・フォー・ミー、ライル』場面カット|写真5 『シング・フォー・ミー、ライル』場面カット|写真6

Photos(6枚)

キーワードから探す

関連用語