ホーム > ニュース > 映画 > 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力

ディズニー最新作・映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が2017年7月1日(土)に公開。公開後の週末2日間で77万人を動員する大ヒットを記録。特にと一緒に冒険に出ているかのような気分になれる4D上映が人気をけん引している。

孤高の海賊、キャプテン・ジャック・スパロウの過去を知る最恐の敵、“海の死神"サラザールが解き放たれた時、海賊全滅へのカウントダウンが始まってしまう。ジャックがサラザールの復讐から逃れる方法はたった1つだけ。”最後の海賊”のみが見つけ出せると言われる伝説の秘宝「ポセイドンの槍」を手に入れることだった。

かつてジャックと冒険を共にしたウィルの息子ヘンリー、女性天文学者カリーナ、宿敵バルボッサなど、様々な運命が交差する中、最後に宝を手に入れるのは誰か?そして、ジャックVS海の死神の決戦の行方はどこへ?すべての謎が明かされる冒険が、ついに幕を開ける。

ジョニー・デップにインタビュー

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の公開前に、ジョニーデップが来日。本作の舞台裏や彼が演じるアイコニックなジャック・スパロウについて話を聞いた。

ジャック・スパロウというキャラクターをどのようにして作り上げたのですか?

脚本をもらった当初に望まれていた“ジャック・スパロウ像”から、私はだいぶ変えました。彼を演じる上でイメージしたのは、ルーニー・テューンズ(Looney Tunes)に登場するスカンクのキャラクター「ペペ・ル・ピュー(Pepé Le Pew)」です。ぺぺは自身のことをすごくかっこいいと思っているけれど、スカンクなので実際は匂う。ジャックには、それに似たナルシスト的な部分が合うと思ったのです。

ジャック・スパロウの魅力は何でしょうか。

ジャックの魅力は、とても無邪気で純粋な子供みたいなところ。どんなに無責任でバカバカしいことをしても、許されるところがありますし、どんな状況でもなんとか切り抜けられてしまうのです。おそらく、彼は生きてきて一度も内気だったことがない。そういった意味で、このキャラクターは本当に珍しい役だと思います。

ジャック・スパロウを演じる面白さを教えてください。

私は絶対に私生活でジャック・スパロウのような行動はできません。俳優として彼になりきれるからこそ、劇中で色んなことができるだけなのです。ジャックになりきっているときは何でもできる、という安心感があるので、彼を演じるのは本当に楽しくてしょうがないです。

本作では「ジャック・スパロウ」の誕生が描かれましたが、若き日のジャックをご覧になって、いかがでしたか。また、こういった最先端の映像技術に関してどう思いますか。

シリーズで初めて、若き日のジャック・スパロウが登場していますが、それを見たときは奇妙でシュールな感じがしました。本当に自分なのか?と疑ったほどです。こういったテクノロジーがさらに進んでいくと、映画の世界で何でも可能になると思います。例えば将来的に、亡くなった役者が映像内で蘇り、彼らとの共演が可能になるかもしれないですよね。

新悪役のサラザールとして、ハビエル・バルデムが出演していますね。

ハビエル・バルデムは私の古くからの友なので、彼が参加すると聞かされた時は嬉しく思いました。

彼は、相手にやるべきことは何か?熟考すべきことは何か?を的確に投げかけてくる役者です。一緒に演技をしていると、同じリングの上で、お互いに技をかけ合っているかのよう。そういう風にハビエルを目の当たりにできたことは素晴らしい経験になりました。

バルデムのサラザールに対するアプローチは威厳がたくさん込められているし、ある種の敬意もたくさん込められている。“コウモリのように地獄からやってきて仕留めてみせる”という執念。サラザールはジャックを殺したいと思っているけど、その一方で、心に傷を負ったヒーローでもあるのです。

今作では新しい監督が抜擢されています。

監督のヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドベリは、素晴らしいサプライズでした。彼らは、私がどんなに奇異なことを本作に新たに加えようとしても、常に大歓迎してくれたのです。例えば、あるシーンを幾つか別の方法で撮ってみてほしいと要望すれば、それを試してくれる。アドリブでバカなこともやらせてくれ、創作の一環としてそれを取り入れてくれる。役者の本当の責務は、監督に自分の意見を提出することですからね。

最後に『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』について一言お願いします。

私たちは今作で、新しいアングルやサプライズを編み出しています。前作以上に奇怪でダークなものにさえなっていて、とても可笑しいことも描かれている。なので、1作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』にあったサプライズ要素を持った作品になっていると思います。

ブレントン・スウェイツにインタビュー

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の新キャストである、ブレントン・スウェイツにインタビューを実施。彼は『マレフィセント』(2014年)でフィリップ王子を演じ注目された、オーストラリア出身の若手俳優だ。

今回彼が演じるヘンリーはウィル・ターナーの息子であり、ジャック・スパロウの新たな相棒となる人物。舞台裏や役柄、作品の見どころについて話を聞いた。

最初にオファーをもらった時はどんな気持ちでしたか。

『パイレーツ』シリーズは、1作目が公開された子供の頃からファンだったので、オファーをもらった時はとても嬉しく、ワクワクしました。さらに、撮影の大半が故郷のオーストラリア・クイーンズランドと聞いたので、運命的なものを感じましたね。

また、キャスティングされたのがヘンリーであることも幸運でした。彼は物語を通して、父親のウィル・ターナー、ジャック・スパロウ、そしてカリーナといった様々なキャラクターと深く関わるので、そういった意味でも楽しみでした。

実際ジョニー・デップと初共演してみて、いかがでしたか。

ジョニーは即興で演じるのがとても上手で、撮影中に衝動的なアドリブを連発するのです。予期していないことを言ったりしたりするので、恐ろしくもありながら、役者として流れに身をまかせるスキルが磨かれたので良いことでしたね。

ヘンリーはどんな人物でしょうか。

目的意識を持って突き進み、ゴールに辿り着くまで努力をやめない、そんな人物です。それでいて、決して頑固ではなく、人に頼るのも上手いところが気に入っています。物語の中では、父・ウィルにかけられた“10年に1度しか陸に上がれない”呪いから救い出すことに全身全霊をかけます。そしてジャック・スパロウやカリーナと協力して航海に乗り出していきます。

実はヘンリーの父も、これまでの作品で自分の父親(ビル・ターナー)を救うために奮闘しているのです。そのため、シリーズを通して描かれている「家族が互いを助け合う」という襷をヘンリーが引き継いでいる感覚があります。

ヘンリーとご自身、共通点は何か感じましたか。

ヘンリーと似ている部分は、冒険好きなところです。航海に乗り出す彼と同じく、私も時間ができると海へ出てセイリングやサーフィン、ボートなどをするのが好きです。

故郷のオーストラリアに住んでいた頃は、友達のような間柄の父ともよく一緒にサーフィンをしに行きました。今はアメリカに住んでいるので、行く機会が減ってしまったのが残念です。

これまでのシリーズの中で、お気に入りの悪役海賊がいたら教えてください。

ビル・ナイが演じたデイビー・ジョーンズです。恋患いで、愛する人に裏切られた悲しみのあまり、復讐や怒り、悪に走ってしまう。そういった原動力やパワーは、多くの悪役に見ないものだと思います。とても悲しい人物で、共感できるキャラクターです。

最後に『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の見所を教えてください。

本作は色んな意味で、これまでのシリーズ作品から進化を遂げていると思います。物語の手が込んでおり、過去に出演していたキャラクターがカムバックを果たしています。また、CG技術による特殊効果が圧倒的に進化しているため、ダイナミックな映像もパワーアップしています。ハンス・ジマーによる、物語を動かすサウンドトラックも魅力的ですね。登場人物の感情を的確に分かりやすく表現していると思います。過去の作品を観ていなくても、単体で思い切り楽しめる映画に仕上がっているので、ぜひチェックしてみてください。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の見どころ&新キャラ紹介

ディズニー最新作・映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の見どころ、そして物語を盛り上げるキャラクターたちを演者と共に紹介。

あらすじ

孤高の海賊、キャプテン・ジャック・スパロウの過去を知る最恐の敵、“海の死神"サラザールが解き放たれた時、海賊全滅へのカウントダウンが始まってしまう。ジャックがサラザールの復讐から逃れる方法はたった1つだけ。”最後の海賊”のみが見つけ出せると言われる伝説の秘宝「ポセイドンの槍」を手に入れることだった。

かつてジャックと冒険を共にしたウィルの息子ヘンリー、女性天文学者カリーナ、宿敵バルボッサなど、様々な運命が交差する中、最後に宝を手に入れるのは誰か?そして、ジャックVS海の死神の決戦の行方はどこへ?すべての謎が明かされる冒険が、ついに幕を開ける。

ジャック&バルボッサが大暴れ

海賊船ブラック・パール号の船長であり、決して北を指さないコンパスを持つ伝説の海賊ジャック・スパロウは言わずもがなジョニー・デップだ。そして、いつもペットの猿を肩に連れたシリーズお馴染みの海賊、キャプテン・バルボッサのジェフリー・ラッシュも登場。

ジョニー・デップは「新しい視点や新しい驚きがあります。色々と、より変わった要素があるし、本当におもしろい要素もまた同様に含まれている。だから、『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』以来の、驚きに満ちた作品になると思います。」とコメントしている。

新悪役 “海の死神”サラザール

新悪役として登場するのは、全海賊の滅亡を謀る“海の死神”サラザール。かつてスペイン将校として、海賊撲滅に情熱をかけていたサラザールは、まだ少年だったジャックにはめられ、死者でも生者でもない存在に。その呪いから解き放たれたことで、幽霊船員を率いながらジャック・スパロウへの復讐のためだけに生きていく。ジャック・スパロウは、この運命から生き延びるために、伝説の「ポセイドンの槍」を見つけなければならない。

この役には『ノーカントリー』の冷酷無比な演技でオスカーを受賞し、『007スカイフォール』での悪役の怪演を披露したハビエル・バルデムが抜擢された。

ウィルの息子ヘンリー

ウィル・ターナーの息子のヘンリーは誠実で繊細、その中にも熱い部分を持つ青年。彼は父にかけられた“10年に1度しか陸に上がれない呪い”から助けたいという一途な想いを持っており、呪いを解く「ポセイドンの槍」を手に入れようとジャックに近づく。

本作では父のターナーよりも息子のヘンリーが中心となって話が進みそうだ。ヘンリーとカリーナは、本シリーズを通して登場してきたウィルとエリザベスをまさに体現するような男女。彼らの関係にも注目したい。

ヘンリーを演じるのは話題作への出演が続き、今ハリウッドで注目されている若手俳優のブレントン・スウェイツ。日本語吹き替え版は、新進気鋭の実力派俳優である中川大志が担当する。

ヒロインは天文学者のカリーナ

ヒロインは「ポセイドンの槍」を見つける鍵を握る、美しい天文学者のカリーナ・スミス。亡き父が彼女に残したガリレオ・ガリレイの日記に槍を見つけ出す秘密が潜んでおり、彼女は天文学の知識を駆使して謎を解こうとする。男勝りで自立しており、エリザベスに近いキャラのようだ。

演じるのは、『メイズ・ランナー』シリーズなどで活躍した若手女優カヤ・スコデラーリオ。日本語吹き替え版はハーリウッド映画の出演経験もあり、映画やドラマで活躍する栗山千明が担当する。

オーランド・ブルーム&キーラ・ナイトレイが再び

そのほか、自らが海賊の息子だということを知らずに幼少時代を過ごしたウィル・ターナー役をオーランド・ブルーム、さらに彼の妻であるエリザベスとして、キーラ・ナイトレイが復帰。豪華俳優陣が再び大集結した“新生・パイレーツ・オブ・カリビアン"に期待が高まる。

最新作の監督に抜擢されたヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベリ

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の監督は、ノルウェー出身のヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベリ。実話である壮大な海洋冒険物語を描いてアカデミー賞にノミネートされた『コン・ティキ』(2012)など、海が舞台の作品に定評がある注目コンビだ。主に欧州を拠点としていた彼らがどのような味付けをするのかも見所の1つ。

作品詳細

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』
原題:Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales
公開日:2017年7月1日(土)
監督:ヨアヒム・ローニング/エスペン・サンドベリ
製作:ジェリー・ブラッカイマー
出演:ジョニー・デップ/オーランド・ブルーム/ハビエル・バルデム/ブレントン・スウェイツ/カヤ・スコデラーリオ/ジェフリー・ラッシュ ほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
© 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力 画像1
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力 画像2
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力 画像3
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力 画像4
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力 画像5
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力 画像6
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力 画像7
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力 画像8
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力 画像9
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力 画像10
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力 画像11
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力 画像12
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力 画像13
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力 画像14
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力 画像15
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力 画像16
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力 画像17
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ジョニー・デップが語る“ジャック・スパロウ”の魅力 画像18

ニュースデータ

日時:2017-06-28 21:15