menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「塔本シスコ展」熊本市現代美術館で - 50代からスタートした画業を辿る回顧展、カラフルな油絵など

展覧会「塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない!人生絵日記」が、熊本市現代美術館にて2022年2月5日(土)から4月10日(日)まで開催される。その後、岐阜、滋賀にも巡回予定だ。

50代から40年間描き続けた画家・塔本シスコの回顧展

塔本シスコ 《絵を描く私》 1993年
塔本シスコ 《絵を描く私》 1993年

塔本シスコは、50代で油絵を始め、91歳で亡くなるまでの40年間にわたって膨大な数の作品を制作し続けた、熊本県出身の素朴派の画家。本展は、鮮やかな色彩を使い、あふれ出る夢や喜びを制作の原点としたシスコ・ワールドの全貌を紹介する、これまでで最大規模の塔本シスコの回顧展だ。

塔本シスコ 《ネコ》 1996年
塔本シスコ 《ネコ》 1996年

会場には、制作を始めた初期の作品から最晩年の作品までが一堂に集結。絵画だけでなく、木箱や竹筒、しゃもじなどに絵を付けた作品や、立体作品も登場する。

日常や家族、熊本の風景などを絵画作品に

塔本シスコ 《ふるさとの海》 1992年 熊本市現代美術館蔵
塔本シスコ 《ふるさとの海》 1992年 熊本市現代美術館蔵

53歳にして絵を描く生活をスタートさせた塔本シスコの作品は、自身の日常や家族、九州、熊本の風景などから着想を得ている。

塔本シスコ 《もらったラン、もらったシクラメン》 1996年
塔本シスコ 《もらったラン、もらったシクラメン》 1996年

例えば、庭の周りに育てたひまわりの花々と故郷の田植えの風景を重ねた《長尾の田植風景》や、大切な家族の一員であった猫を描いた《ネコ》、夫の遺影とともに描いた《もらったラン、もらったシクラメン》、家族からプレゼントをもらった時の嬉しい気持ちを表現した《88才のプレゼント》など、塔本シスコが実際に見てきた風景や人生の経験を自身の心情と重ねて表現している様が見て取れる。

また、にぎやかなことや楽しいことが大好きだった塔本シスコの高揚感が伝わってくる絵画も登場。近所の人にたちに囲まれながらテレビの取材を受ける様子を描いた《NHKがやって来た》や、《さようなら長野オリンピック》などには、躍動感のあるタッチとともに楽しげな雰囲気を描き出している。

塔本シスコ 《シスコの月》 2004年
塔本シスコ 《シスコの月》 2004年

88歳の夏に認知症を発症してからは、居室で座って描ける見舞いの花や果物を題材に作品を制作するようになる。九州の親類からの贈りものである柑橘系の果物を描いた絵画や、花や鳥を並べ、愛らしい装飾を施した作品が登場。絶筆は、力強く輝く満月を描いた作品だった。

チューブから直接絵具をしぼり出して果物の質感を表現したり、ペンを併用したりと、体力や感覚の変化に伴う制作方法の工夫が見て取れるのもポイント。年齢を重ねた塔本シスコならではの、より一層濃縮した“シスコ・ワールド”を目にすることができる。

【詳細】
塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない!人生絵日記
会期:2022年2月5日(土)~4月10日(日)
会場:熊本市現代美術館 ギャラリーI・II
住所:熊本県熊本市中央区上通町2-3
TEL:096-278-7500
時間:10:00~20:00(展覧会入場は19:30まで)
休館日:火曜日
観覧料:一般 1,100円(900円)、シニア(65歳以上) 900円(700円)、学生(高校生以上) 600円(500円)、中学生以下無料
※( )内は、前売券、団体割引料金。
※前売券は2月4日(金)まで販売。
※団体割引料金は次の場合に適用。20名以上の団体/美術館友の会証、各種障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳等、付き添い1名も適用)、電車・バス1日乗車券等、JAF会員証、緑のじゅうたんサポーター証を提示した人
チケット取り扱い:熊本市現代美術館、ローソンチケット“ローチケ”[Lコード:82308]、セブンチケット[セブンコード:092-351]
※展覧会や関連イベントの中止、開催内容の変更、入場制限等を行う場合あり。詳細と最新情報は美術館ホームページを確認。

■巡回展
・岐阜県美術館
会期:2022年4月23日(土)~6月26日(日)
住所:岐阜県岐阜市宇佐4‐1‐22
・滋賀県立美術館
会期:2022年7月9日(土)~9月4日(日)
住所:滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1

Photos(9枚)

「塔本シスコ展」熊本市現代美術館で - 50代からスタートした画業を辿る回顧展、カラフルな油絵など|写真1 「塔本シスコ展」熊本市現代美術館で - 50代からスタートした画業を辿る回顧展、カラフルな油絵など|写真2 「塔本シスコ展」熊本市現代美術館で - 50代からスタートした画業を辿る回顧展、カラフルな油絵など|写真3 「塔本シスコ展」熊本市現代美術館で - 50代からスタートした画業を辿る回顧展、カラフルな油絵など|写真4 「塔本シスコ展」熊本市現代美術館で - 50代からスタートした画業を辿る回顧展、カラフルな油絵など|写真5 「塔本シスコ展」熊本市現代美術館で - 50代からスタートした画業を辿る回顧展、カラフルな油絵など|写真6 「塔本シスコ展」熊本市現代美術館で - 50代からスタートした画業を辿る回顧展、カラフルな油絵など|写真7 「塔本シスコ展」熊本市現代美術館で - 50代からスタートした画業を辿る回顧展、カラフルな油絵など|写真8 「塔本シスコ展」熊本市現代美術館で - 50代からスタートした画業を辿る回顧展、カラフルな油絵など|写真9

Photos(9枚)

「塔本シスコ展」熊本市現代美術館で - 50代からスタートした画業を辿る回顧展、カラフルな油絵など|写真1 「塔本シスコ展」熊本市現代美術館で - 50代からスタートした画業を辿る回顧展、カラフルな油絵など|写真2 「塔本シスコ展」熊本市現代美術館で - 50代からスタートした画業を辿る回顧展、カラフルな油絵など|写真3 「塔本シスコ展」熊本市現代美術館で - 50代からスタートした画業を辿る回顧展、カラフルな油絵など|写真4 「塔本シスコ展」熊本市現代美術館で - 50代からスタートした画業を辿る回顧展、カラフルな油絵など|写真5 「塔本シスコ展」熊本市現代美術館で - 50代からスタートした画業を辿る回顧展、カラフルな油絵など|写真6 「塔本シスコ展」熊本市現代美術館で - 50代からスタートした画業を辿る回顧展、カラフルな油絵など|写真7 「塔本シスコ展」熊本市現代美術館で - 50代からスタートした画業を辿る回顧展、カラフルな油絵など|写真8 「塔本シスコ展」熊本市現代美術館で - 50代からスタートした画業を辿る回顧展、カラフルな油絵など|写真9

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

Chim↑Pomの大型回顧展が森美術館で - 初期~新作を一挙紹介、現代社会を考察する活動の全貌
2022.2.18(金)~2022.5.29(日) 開催予定
Chim↑Pomの大型回顧展が森美術館で - 初期~新作を一挙紹介、現代社会を考察する活動の全貌
現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介
2022.2.5(土)~2022.2.27(日) 開催予定
現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介
大阪中之島美術館の開館記念 超コレクション展 - 6,000点から代表作を紹介、20世紀美術やデザイン作品
2022.2.2(水)~2022.3.21(月)
大阪中之島美術館の開館記念 超コレクション展 - 6,000点から代表作を紹介、20世紀美術やデザイン作品
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作
2022.1.28(金)~2022.3.25(金)
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作
コンセプチュアル・アーティスト、松澤宥の回顧展が長野県立美術館で - 言語による作品や「プサイの部屋」再現
2022.2.2(水)~2022.3.21(月)
コンセプチュアル・アーティスト、松澤宥の回顧展が長野県立美術館で - 言語による作品や「プサイの部屋」再現

スケジュール

企画展「ミニマル/コンセプチュアル」愛知県美術館で、60-70年代の美術動向を18作家の活動から紹介
2022.1.22(土)~2022.3.13(日)
企画展「ミニマル/コンセプチュアル」愛知県美術館で、60-70年代の美術動向を18作家の活動から紹介
「視覚トリップ展」ワタリウム美術館で、アンディ・ウォーホルやオラファー・エリアソンなど作品計160点
2022.1.22(土)~2022.5.15(日)
「視覚トリップ展」ワタリウム美術館で、アンディ・ウォーホルやオラファー・エリアソンなど作品計160点
展覧会「オルタナティブ! 小池一子展」東京で- デザインやアートなど、ジャンルを超えた活動を紹介
2022.1.22(土)~2022.3.21(月)
展覧会「オルタナティブ! 小池一子展」東京で- デザインやアートなど、ジャンルを超えた活動を紹介
滋賀県立美術館「人間の才能 生みだすことと生きること」アール・ブリュットを再考、“つくること”の根源へ
2022.1.22(土)~2022.3.27(日)
滋賀県立美術館「人間の才能 生みだすことと生きること」アール・ブリュットを再考、“つくること”の根源へ
「生誕100年 元永定正展」兵庫県立美術館で -「具体」を代表する作家、初期代表作や立体作品を紹介
2022.1.22(土)~2022.7.3(日)
「生誕100年 元永定正展」兵庫県立美術館で -「具体」を代表する作家、初期代表作や立体作品を紹介
 スケジュール一覧