menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

SF映画『ディストピア2043 未知なる能力』タイカ・ワイティティ製作総指揮、軍事国家vs先住民族

映画『ディストピア2043 未知なる能力』が、2022年1月28日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷“未体験ゾーンの映画たち2022”にて公開される。

タイカ・ワイティティ製作総指揮のSF作品

『ディストピア2043 未知なる能力』場面カット|写真1

映画『ディストピア2043 未知なる能力』は、アカデミー賞脚色賞を受賞した『ジョジョ・ラビット』や『マイティー・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティが製作総指揮を務めた作品。同じく『ジョジョ・ラビット』のチェルシー・ウィンスタンリーがプロデューサーを務め、『ディストピア2043 未知なる能力』で監督デビューを果たすカナダ出身の新鋭ダニス・グーレがメガホンをとった。

映画『ディストピア2043 未知なる能力』は、近未来2043年を舞台に、軍事国家と、能力を手にする“ファースト・ネーションズ(先住民族)”の戦いを描いたSF作品。“ファースト・ネーションズ”とSFという異色ジャンルを融合させ、トロント国際映画祭をはじめ、世界の映画賞で高い評価を得た。

『ディストピア2043 未知なる能力』場面カット|写真4

タイカ・ワイティティ、チェルシー・ウィンスタンリー、ダニス・グーレの3名は、いずれも先住民族をルーツに持つ映画制作者。同じ境遇の3名が、世界の分断や文化的・民族的な抑圧といったテーマに説得力を持たせながら、ストーリーを展開している。

『ディストピア2043 未知なる能力』場面カット|写真7

<映画『ディストピア2043 未知なる能力』あらすじ>
世界戦争終焉後の2043年――北アメリカでは軍事政権が都市を支配し、人々は権利を奪われ、子供たちは5歳になると国家の所有物とされた。娘を連れ去られたクリー族の女性は、娘を取り戻すため自警団の地下組織に加わり、子供たちが集められたアカデミーに潜入する・・・

【詳細】
映画『ディストピア2043 未知なる能力』
公開日:2022年1月28日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷“未体験ゾーンの映画たち2022”にて公開
監督・脚本:ダニス・グーレ
製作総指揮:タイカ・ワイティティ
撮影:ダニエル・グラント
編集:ホルヘ・ヴァイス
プロデューサー:チェルシー・ウィンスタンリー
出演:エル=マイヤ・テイルフェザ―ズ、ブルックリン・レテクシエ・ハート、アマンダ・プラマー、ショーン・サイポス

カナダ=ニュージーランド/2021/101分/ビスタサイズ/ドルビーSRD/カラー/英語・クリー語/原題:Night Raiders/配給:アット エンタテインメント

©2020 NIGHT RAIDERS EAST INC. and MISS NIGHT RAIDERS INC.

Photos(8枚)

『ディストピア2043 未知なる能力』場面カット|写真1 『ディストピア2043 未知なる能力』場面カット|写真2 『ディストピア2043 未知なる能力』場面カット|写真3 『ディストピア2043 未知なる能力』場面カット|写真4 『ディストピア2043 未知なる能力』場面カット|写真5 『ディストピア2043 未知なる能力』場面カット|写真6 『ディストピア2043 未知なる能力』場面カット|写真7 『ディストピア2043 未知なる能力』場面カット|写真8

Photos(8枚)

キーワードから探す