menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

銀座メゾンエルメス フォーラムの展覧会「転移のすがた」“共鳴”する現代アーティストたちの芸術的感性

エルメス(HERMÈS)が展開する銀座メゾンエルメス フォーラムでは、アーティスト・レジデンシー10周年記念展「転移のすがた」を、2021年12月17日(金)から2022年4月3日(日)まで開催する。

アーティストとメンターの“共鳴”関係に着目

Chloé Quenum, <i>La Grande Place</i>, 2020
Chloé Quenum, La Grande Place, 2020
©Tadzio / Fondation d'entreprise Hermès

アーティストをエルメスの工房に招聘し、職人と共同制作などを行うプログラム「アーティスト・レジデンシー」。2010年より継続して開催されている同プログラムでは、現在までに34人のアーティストが21の工房に滞在し、皮革やシルク、クリスタル、シルバーなどのさまざまな素材を使用して、職人技術にふれつつ作品を生みだしてきた。

Atsunobu Kohira, <i>Instrument pour Saint-Louis</i>, 2012
Atsunobu Kohira, Instrument pour Saint-Louis, 2012
©Tadzio / Fondation d'entreprise Hermès

「アーティスト・レジデンシー」の10周年を記念して開催される展覧会「転移のすがた」では、3組の滞在アーティストとそのメンター=推薦者の関係性に着目し、かれらの作品のあいだに見て取ることができる共鳴や、ある種の共犯関係に光をあてる。

3組の滞在アーティストとメンターが出品

本展に出品するのは、2020年から翌年にかけてプログラムに参加したクロエ・ケナムとメンターのイザベル・コルナロ、エンツォ・ミアネスとメンターのミシェル・ブラジー、そしてフランス在住の小平篤乃生とメンターのジュゼッペ・ペノーネ。

Chloé Quenum, <i>La Grande Place</i>, 2020
Chloé Quenum, La Grande Place, 2020
©Tadzio / Fondation d'entreprise Hermès

クロエ・ケナムは、さまざまな背景や文化に由来するグラフィックや言語などを、別の文脈に置き直すことによる効果と可能性を探っている。一方でメンターのイザベル・コルナロは、象徴的・潜在的・情動的な価値が染み付いたファウンド・オブジェクトを用いつつ、オブジェとそのイメージの関係性を探り、新たな構築を試みてきた。

Enzo Mianes,  <i>La Portée du geste</i>, 2020
Enzo Mianes, La Portée du geste, 2020
©Tadzio / Fondation d'entreprise Hermès

また、エンツォ・ミアネスは、私生活の断片や日常にありふれたものを通じて「生命」を表現するインスタレーションや彫刻作品を展開。そのメンターのミシェル・ブラジーは、ユーモアと詩情を交錯させつつ、自然とテクノロジー、有機物と人工物といった相反するものを調和させるビオトープを提案している。

Atsunobu Kohira, <i>Instrument pour Saint-Louis</i>, 2012
Atsunobu Kohira, Instrument pour Saint-Louis, 2012
©Tadzio / Fondation d'entreprise Hermès

さらに小平篤乃生は、「あらゆるメディアや歴史は緩やかに絶え間なく繋がっている」という考えに基づき、考古学とは異なる視座から歴史を捉え、国家成立以前の人間の営みや自然との共存に着目した作品を制作。一方でメンターのジュゼッペ・ペノーネは、イタリアの「アルテ・ポーヴェラ(貧しい芸術)」を代表する彫刻家であり、彫刻について、そして彫刻・人間・自然の関係について問いかける作品を手がけてきた。

アーティストたちの不思議な連鎖

Enzo Mianes,  <i>La Portée du geste</i>, 2020
Enzo Mianes, La Portée du geste, 2020
©Tadzio / Fondation d'entreprise Hermès

本展では、「アーティスト・レジデンシー」でアーティストが制作した作品に加えて、滞在アーティストとメンターそれぞれの作品を一望できる展示を展開。かれらの師弟関係のみならず、素材を扱う手つきや問題意識といった芸術的感性の応答にもふれることができそうだ。

展覧会概要

アーティスト・レジデンシー10周年記念展「転移のすがた」
会期:2021年12月17日(金)〜2022年4月3日(日)
会場:銀座メゾンエルメス フォーラム 8・9階
住所:東京都中央区銀座5-4-1
開館時間:11:00〜19:00(入場は閉場30分前まで)
※不定休(基本的にはエルメス銀座店の営業に準ずるが、開館日と開館時間の最新情報についてはギャラリーのウェブサイトを確認のこと)
入場料:無料

■出品アーティスト(括弧内はメンター)
クロエ・ケナム(イザベル・コルナロ)、エンツォ・ミアネス(ミシェル・ブラジー)、小平篤乃生(ジュゼッペ・ペノーネ)

【問い合わせ先】
銀座メゾンエルメス フォーラム
TEL 03-3569-3300

Photos(10枚)

エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真1 エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真2 エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真3 エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真4 エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真5 エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真6 エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真7 エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真8 エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真9 エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真10

Photos(10枚)

エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真1 エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真2 エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真3 エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真4 エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真5 エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真6 エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真7 エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真8 エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真9 エルメス(HERMÈS) 転移のすがた|写真10

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ブランドプロフィール

関連用語

ピックアップ

Chim↑Pomの大型回顧展が森美術館で - 初期~新作を一挙紹介、現代社会を考察する活動の全貌
2022.2.18(金)~2022.5.29(日) 開催予定
Chim↑Pomの大型回顧展が森美術館で - 初期~新作を一挙紹介、現代社会を考察する活動の全貌
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作
2022.1.28(金)~2022.3.25(金)
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作
「再開記念展 松岡コレクションの真髄」東京・松岡美術館で - 東洋陶磁・日本画・西洋彫刻の名品を紹介
2022.1.26(水)~2022.4.17(日)
「再開記念展 松岡コレクションの真髄」東京・松岡美術館で - 東洋陶磁・日本画・西洋彫刻の名品を紹介
立川・プレイ ミュージアムで「どうぶつかいぎ展」8人の芸術家が絵本『動物会議』を現代に“再解釈”
2022.2.5(土)~2022.4.10(日)
立川・プレイ ミュージアムで「どうぶつかいぎ展」8人の芸術家が絵本『動物会議』を現代に“再解釈”
埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目
2022.2.5(土)~2022.5.15(日)
埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目

スケジュール

特別展「よみがえる正倉院宝物」サントリー美術館で、忠実に再現された琵琶や調度品など約70件
2022.1.26(水)~2022.3.27(日)
特別展「よみがえる正倉院宝物」サントリー美術館で、忠実に再現された琵琶や調度品など約70件
御大典記念 特別展「よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―」新潟で、精巧な模造品を展示
2022.1.26(水)~2022.3.27(日)
御大典記念 特別展「よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―」新潟で、精巧な模造品を展示
「再開記念展 松岡コレクションの真髄」東京・松岡美術館で - 東洋陶磁・日本画・西洋彫刻の名品を紹介
2022.1.26(水)~2022.4.17(日)
「再開記念展 松岡コレクションの真髄」東京・松岡美術館で - 東洋陶磁・日本画・西洋彫刻の名品を紹介
展覧会「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜」大阪で、モネやゴッホなど日本初公開含む絵画約70点
2022.1.28(金)~2022.4.3(日)
展覧会「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜」大阪で、モネやゴッホなど日本初公開含む絵画約70点
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作
2022.1.28(金)~2022.3.25(金)
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作
 スケジュール一覧