fashionpress[ファッションプレス]

fashionpress x fashionpress instagram 検索
menu

fashionpress[ファッションプレス]

share_icon
  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ライフスタイル・カルチャー   /  
  4. トピック

「帝国ホテル 東京」建て替え - タワー館は2030年度、本館は2036年度完成予定

「帝国ホテル 東京」が建て替えを実施。2030年度にタワー館、2036年度に新本館が完成予定だ。

「帝国ホテル 東京」建て替え、周辺も大規模再開発へ

※現在の「帝国ホテル 東京」外観
※現在の「帝国ホテル 東京」外観

1890年、海外からの賓客を迎える“日本の賓館”として東京・日比谷の地に誕生した「帝国ホテル 東京」。明治、大正、昭和、平成と世紀を超えて多くの人を、最高のおもてなしとともに迎えてきた。2度の建て替えを経て、3代目となる現在の本館は築50年が経過した。そして、隣接するタワー館は築38年を経ている。

新本館の設計に、建築家 田根剛を起用

「田根剛氏による帝国ホテル 東京 新本館イメージパース」
※検討段階のものであり今後行政協議等により変更となる可能性がある
Image:Atelier Tsuyoshi Tane Architects
「田根剛氏による帝国ホテル 東京 新本館イメージパース」
※検討段階のものであり今後行政協議等により変更となる可能性がある
Image:Atelier Tsuyoshi Tane Architects

今回、新たに生まれ変わる本館は、これまでと変わらずホテルや宴会場として利用される。設計は、『エストニア国立博物館』『新国立競技場・古墳スタジアム(案)』『弘前れんが倉庫美術館』『アル・サーニ・コレクション財団美術館(2021年秋完成予定)』などを手掛けた、フランス在住の建築家 田根剛を起用。田根は、フランク・ロイド・ライトによる2代目の本館を形容する言葉“東洋の宝石”をコンセプトに、賓客を迎え入れる“宮殿”の構えと、人類の進歩の証である“塔”を融合させた新しい本館イメージを完成させた。

一方、三井不動産と共同開発となるタワー館にはオフィス、商業ゾーン、サービスアパートメントが整備される予定だ。

「内幸町一丁目街区」におけるまちづくり

「帝国ホテル 東京」の建て替えは、帝国ホテル、三井不動産、NTT都市開発など10社が計画する「内幸町一丁目街区」におけるまちづくりの一環として行われる。日比谷公園とも繋がる道路上空公園や地下・地上結節空間の整備も行い、駅・まち・公園が一体となるような再開発を目指す。

なお、「内幸町一丁目街区」は北地区、中地区、南地区と分かれており、「帝国ホテル 東京」は北地区に位置する。

【詳細】
「帝国ホテル 東京」建て替え
※「内幸町一丁目街区」まちづくり計画、北地区再開発
新本館:2036年度完成予定
タワー館:2030年度完成予定

Photos(2枚)

「帝国ホテル 東京」建て替え - タワー館は2030年度、本館は2036年度完成予定|写真1 「帝国ホテル 東京」建て替え - タワー館は2030年度、本館は2036年度完成予定|写真2

Photos(2枚)

キーワードから探す

関連ショップ・スポット