menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

企画展「日本画の150年 明治から現代へ」茨城県近代美術館で、横山大観ら52作家でたどる日本画の歩み

企画展「日本画の150年 明治から現代へ」が、茨城県近代美術館にて、2021年4月17日(土)から6月20日(日)まで開催される。

明治〜現代の日本画の歩みを一望

フジイフランソワ《オオゲツヒメノカミ》平成24年(2012年) 茨城県近代美術館所蔵
フジイフランソワ《オオゲツヒメノカミ》平成24年(2012年) 茨城県近代美術館所蔵

西洋化が進められた明治時代、美術の領域においても、伝統を引き継ぎつつ西洋絵画の表現も取り入れ、新しい日本画を創出する動きが生じた。そうした試みは、芸術の自由を志向した大正時代、古典が見直された昭和前期、従来の価値観が大きく揺らぐ状況から再出発した昭和後期を経て、現代にまで受け継がれてきた。

森田曠平《女神春秋 花鎮め》昭和57年(1982年) 茨城県近代美術館寄託
森田曠平《女神春秋 花鎮め》昭和57年(1982年) 茨城県近代美術館寄託

企画展「日本画の150年 明治から現代へ」は、脈々と継承されてきた伝統や技法を基盤としつつも、革新的な表現を試みてきた日本画の150年をたどる展覧会。52作家の作品を通して、明治時代から現代に至るその歩みを紹介する。

新たな時代における日本画の模索

横山大観《松月雪景》 明治37年(1904年) 茨城県近代美術館寄託
横山大観《松月雪景》 明治37年(1904年) 茨城県近代美術館寄託

幕末から明治にかけて西洋絵画が本格的に紹介されるようになると、その技法を学んで油彩画に取り組む画家が現れた。その一方、岩絵具や和紙といった伝統的な画材を使用しつつも西洋絵画の表現を取り入れた、新しい日本画を作り出すことも試みられた。冒頭では、空気感や内面的な感情を表現しようとした横山大観や菱田春草など、新しい時代にふさわしい表現を追求した画家による作品を展示する。

独創的な日本画表現

自由な雰囲気が社会により溢れるようになった大正時代、美術界でも今村紫紅や速水御舟など、独創的な表現を追求した画家が数多く登場した。ここでは、安田靫彦らの作品に加え、写実表現と細密描写を特徴とする作品を手がけた速水御舟のスケッチも紹介。御舟は寡作であるうえに、気に入らない下絵や写生は自ら処分したともされるが、本展では9点のスケッチを展示し、筆致を間近に見ることができる。

戦後から現代へ

片岡球子《喜多川歌麿》昭和53年(1978年) 茨城県近代美術館寄託
片岡球子《喜多川歌麿》昭和53年(1978年) 茨城県近代美術館寄託

第二次世界大戦の敗戦後、画家たちは、伝統的なものが否定される状況から再出発することとなった。「人間の存在を問う」ような新たな主題の登場、画面の大型化・厚塗りの絵具といった表現の変化のみならず、多くの女性画家も活躍するようになったのだ。

那波多目功一《寂光》平成25年(2013年) 茨城県近代美術館所蔵
那波多目功一《寂光》平成25年(2013年) 茨城県近代美術館所蔵

会場の後半では、片岡球子ら戦後画家の作品を紹介。さらに、明治期より続いてきた、西洋絵画を意識しながら日本画を描くことからは距離を置き、日本画の特性を活かした作品を手がける戦後生まれの日本画家にも光をあてる。

茨城ゆかりの画家を紹介するコーナーも

そのほか会場では、大正から昭和前期に活躍し、河童や自然などを描いた小川芋銭、そして小林巣居人ら、茨城ゆかりの日本画家を紹介するコーナーも。長らく展示される機会がなかった芋銭の《石非羊》を公開するほか、長さ17mにわたる巣居人の《水辺画巻》を、上巻下巻それぞれ17mの絵巻《土機光象》とともに前期後期で展示する。

展覧会概要

企画展「日本画の150年 明治から現代へ」〈予約優先制〉
会期:2021年4月17日(土)〜6月20日(日)
※5月17日(月)に一部展示替え
会場:茨城県近代美術館
住所:茨城県水戸市千波町東久保666-1
休館日:月曜日(5月3日(月・祝)は開館)、5月6日(木)
開館時間:9:30〜17:00(入場は16:30まで)
入館料:一般 610円(490円)、満70歳以上 300円(240円)、高大生 370円(320円)、小中生 240円(180円)
※( )内は20名以上の団体料金
※障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証などの所持者は無料
※6月5日(土)は満70歳以上で入場無料
※土曜日は高校生以下無料

■予約優先制
・入場はオンラインの「日時指定ウェブ整理券」(無料)取得者が優先
・予約は来館日の1ヶ月前より可能(各時間帯の定員に達し次第、締め切り)
・詳細は美術館ホームページを確認

【問い合わせ先】
茨城県近代美術館
TEL:029-243-5111

Photos(5枚)

企画展「日本画の150年 明治から現代へ」茨城県近代美術館で、横山大観ら52作家でたどる日本画の歩み 画像1 企画展「日本画の150年 明治から現代へ」茨城県近代美術館で、横山大観ら52作家でたどる日本画の歩み 画像2 企画展「日本画の150年 明治から現代へ」茨城県近代美術館で、横山大観ら52作家でたどる日本画の歩み 画像3 企画展「日本画の150年 明治から現代へ」茨城県近代美術館で、横山大観ら52作家でたどる日本画の歩み 画像4 企画展「日本画の150年 明治から現代へ」茨城県近代美術館で、横山大観ら52作家でたどる日本画の歩み 画像5

Photos(5枚)

企画展「日本画の150年 明治から現代へ」茨城県近代美術館で、横山大観ら52作家でたどる日本画の歩み 画像1 企画展「日本画の150年 明治から現代へ」茨城県近代美術館で、横山大観ら52作家でたどる日本画の歩み 画像2 企画展「日本画の150年 明治から現代へ」茨城県近代美術館で、横山大観ら52作家でたどる日本画の歩み 画像3 企画展「日本画の150年 明治から現代へ」茨城県近代美術館で、横山大観ら52作家でたどる日本画の歩み 画像4 企画展「日本画の150年 明治から現代へ」茨城県近代美術館で、横山大観ら52作家でたどる日本画の歩み 画像5

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
近代洋画の展覧会2021〈東京ほか全国〉美術館での開催情報&岸田劉生など展示作品も
近代洋画の展覧会2021〈東京ほか全国〉美術館での開催情報&岸田劉生など展示作品も
箱根のおすすめ美術館情報 - 展覧会の開催スケジュール&展示アート作品も
箱根のおすすめ美術館情報 - 展覧会の開催スケジュール&展示アート作品も
岐阜・飛騨高山/奥飛騨の人気・おすすめ観光地、歴史&自然を楽しむ旅行プランに
岐阜・飛騨高山/奥飛騨の人気・おすすめ観光地、歴史&自然を楽しむ旅行プランに

スケジュール

フランシス・ベーコン展が渋谷区立松濤美術館で - ドローイングなど約130点から迫る“制作の秘密”
2021.4.20(火)~2021.6.13(日)
フランシス・ベーコン展が渋谷区立松濤美術館で - ドローイングなど約130点から迫る“制作の秘密”
洋画家・南薫造の回顧展が東京・広島・福岡で - “日本の印象派”油彩画などから迫る全貌
2021.4.20(火)~2021.6.13(日)
洋画家・南薫造の回顧展が東京・広島・福岡で - “日本の印象派”油彩画などから迫る全貌
特別展「よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―」奈良国立博物館で、精巧な模造品約100点
2021.4.20(火)~2021.6.13(日)
特別展「よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―」奈良国立博物館で、精巧な模造品約100点
展覧会「しりあがりサン北斎サン 」すみだ北斎美術館で - 北斎のパロディ作品を浮世絵などと紹介
2021.4.20(火)~2021.6.27(日)
展覧会「しりあがりサン北斎サン 」すみだ北斎美術館で - 北斎のパロディ作品を浮世絵などと紹介
20世紀パリ“麗しき版画本”の展覧会、目黒区美術館で - シャガールやデュフィなど約500点を展示
2021.4.21(水)~2021.6.6(日)
20世紀パリ“麗しき版画本”の展覧会、目黒区美術館で - シャガールやデュフィなど約500点を展示
 スケジュール一覧