menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

現代スペインを代表する「ミケル・バルセロ」大規模個展、大阪・東京ほかで - 絵画や彫刻など約100点

展覧会「ミケル・バルセロ展」が、大阪の国立国際美術館にて、2021年3月20日(土・祝)から5月30日(日)まで開催。その後、長崎県美術館、三重県立美術館、そして東京オペラシティ アートギャラリーに巡回する。

現代スペインを代表する美術家ミケル・バルセロの大規模展

ミケル・バルセロ《とどめの一突き》1990年 作家蔵 Photo by André Morin
ミケル・バルセロ《とどめの一突き》1990年 作家蔵 Photo by André Morin

ミケル・バルセロは、1957年にスペイン・マジョルカ島で生まれ、国内外で活躍してきた現代を代表する美術家だ。ドイツ・カッセルで1982年に行われた現代美術の大規模グループ展「ドクメンタ7」で国際的にデビューして以来、多彩な素材で独創的な絵画や彫刻を制作。さらに、荘厳なゴシック建築として知られるスペイン・パルマ大聖堂のテラコッタによる壁画装飾を手掛けるなど、大規模なプロジェクトも数多く手掛けている。

ミケル・バルセロ《カピロテを被る雄山羊》2006年 作家蔵 Photo by Galerie Bruno Bischofberger
ミケル・バルセロ《カピロテを被る雄山羊》2006年 作家蔵 Photo by Galerie Bruno Bischofberger

半世紀近くにわたるキャリアのなかでバルセロは、生地マジョルカ島の豊かな風土、異文化が交錯するパリ、太陽の光がさんさんと降りそそぐアフリカの大地、そしてヒマラヤの高原など、世界各地にアトリエを構え、自然に対する深い敬意のもとで独自の作風を確立してきた。その一方でスペイン近現代美術の伝統的な潮流に関心を寄せつつ、現代アートの国際的な文脈をも視野に収めている。

初期作から最新作まで約100点を展示

ミケル・バルセロ《下は熱い》2019年 作家蔵 Photo by Agustí Torres
ミケル・バルセロ《下は熱い》2019年 作家蔵 Photo by Agustí Torres

日本初の大規模個展となる「ミケル・バルセロ展」では、初期の作品から最新作まで、日本初公開を含む約100点の作品から、その創作活動の全貌を紹介する。

多彩な素材・技法を駆使した絵画

ミケル・バルセロ《亜鉛の白:弾丸の白》1992年 作家蔵 Photo by André Morin
ミケル・バルセロ《亜鉛の白:弾丸の白》1992年 作家蔵 Photo by André Morin

展示作品の過半数を占めるのは、多彩な素材や技法を駆使した絵画作品だ。《とどめの一突き》や《下は熱い》、《亜鉛の白:弾丸の白》など、有機物といった特異な素材をも使用した大規模なカンヴァス作品に加えて、ブリーチによる肖像画、世界各地の風土をみずみずしく捉えたスケッチや水彩画も展示する。

ブロンズ彫刻やセラミック作品も

ミケル・バルセロ《トーテム》2019年 作家蔵 Photo by David Bonet
ミケル・バルセロ《トーテム》2019年 作家蔵 Photo by David Bonet

さらに、《カピロテを被る雄山羊》をはじめユニークな主題に基づくブロンズ彫刻や、《トーテム》といったセラミック作品なども紹介。多岐にわたる表現媒体の作品から、バルセロが切り拓いてきた広大な芸術の世界にふれられるだろう。

展覧会概要

展覧会「ミケル・バルセロ展」
会期:2021年3月20日(土・祝)〜5月30日(日)
会場:国立国際美術館 地下3階展示室
住所:大阪府大阪市北区中之島4-2-55
開館時間:10:00〜17:00(金・土曜日は20:00まで)
※入場は閉館30分前まで
休館日:月曜日(5月3日(月・祝)は開館)
観覧料:一般 1,200円(1,000円)、大学生 700円(600円)
※( )内は20名以上の団体および夜間割引料金(金・土曜日の17:00〜20:00が対象)
※高校生以下・18歳未満は無料(要証明)
※心身障がい者と付添者1名は無料(要証明)
※上記料金で同時開催のコレクション展も観覧可
※会期および開館時間などは変更となる場合あり(最新情報は美術館ホームページを確認)

※画像の無断転載を禁ずる。

■巡回情報
・長崎県美術館
会期:2021年6月10日(木)〜7月25日(日)
住所:長崎県長崎市出島町2-1
・三重県立美術館
住所:三重県津市大谷町11
・東京オペラシティ アートギャラリー
会期:2022年1月13日(木)〜3月〈予定〉
住所:東京都新宿区西新宿3-20-2

【問い合わせ先】
国立国際美術館
TEL:06-6447-4680 (代表)

Photos(6枚)

現代スペインを代表する「ミケル・バルセロ」大規模個展、大阪・東京ほかで - 絵画や彫刻など約100点 画像1 現代スペインを代表する「ミケル・バルセロ」大規模個展、大阪・東京ほかで - 絵画や彫刻など約100点 画像2 現代スペインを代表する「ミケル・バルセロ」大規模個展、大阪・東京ほかで - 絵画や彫刻など約100点 画像3 現代スペインを代表する「ミケル・バルセロ」大規模個展、大阪・東京ほかで - 絵画や彫刻など約100点 画像4 現代スペインを代表する「ミケル・バルセロ」大規模個展、大阪・東京ほかで - 絵画や彫刻など約100点 画像5 現代スペインを代表する「ミケル・バルセロ」大規模個展、大阪・東京ほかで - 絵画や彫刻など約100点 画像6

Photos(6枚)

現代スペインを代表する「ミケル・バルセロ」大規模個展、大阪・東京ほかで - 絵画や彫刻など約100点 画像1 現代スペインを代表する「ミケル・バルセロ」大規模個展、大阪・東京ほかで - 絵画や彫刻など約100点 画像2 現代スペインを代表する「ミケル・バルセロ」大規模個展、大阪・東京ほかで - 絵画や彫刻など約100点 画像3 現代スペインを代表する「ミケル・バルセロ」大規模個展、大阪・東京ほかで - 絵画や彫刻など約100点 画像4 現代スペインを代表する「ミケル・バルセロ」大規模個展、大阪・東京ほかで - 絵画や彫刻など約100点 画像5 現代スペインを代表する「ミケル・バルセロ」大規模個展、大阪・東京ほかで - 絵画や彫刻など約100点 画像6

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

関西の美術館&博物館情報〈大阪・京都・兵庫ほか〉展覧会の開催スケジュール
関西の美術館&博物館情報〈大阪・京都・兵庫ほか〉展覧会の開催スケジュール
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
苺デザートビュッフェ特集<2021全国版>予約必至、東京・大阪ほか高級ホテルや人気レストランのプラン
苺デザートビュッフェ特集<2021全国版>予約必至、東京・大阪ほか高級ホテルや人気レストランのプラン
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報

スケジュール

荒川弘の漫画「銀の匙 Silver Spoon」松屋銀座で初の大型展覧会、直筆原稿など約200点
2021.3.8(月)~2021.3.21(日)
荒川弘の漫画「銀の匙 Silver Spoon」松屋銀座で初の大型展覧会、直筆原稿など約200点
特別展「大地のハンター展」国立科学博物館で - 動物の“捕食”テクを解明、絶滅種など標本300点以上
2021.3.9(火)~2021.6.13(日)
特別展「大地のハンター展」国立科学博物館で - 動物の“捕食”テクを解明、絶滅種など標本300点以上
江戸時代の絵師・岩佐又兵衛の展覧会、熱海のMOA美術館で - “極彩色”の三大絵巻を展示
2021.3.12(金)~2021.4.20(火)
江戸時代の絵師・岩佐又兵衛の展覧会、熱海のMOA美術館で - “極彩色”の三大絵巻を展示
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」長崎県美術館で - リアルな“金魚”超絶技巧アート、作品約300点を紹介
2021.3.12(金)~2021.4.18(日)
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」長崎県美術館で - リアルな“金魚”超絶技巧アート、作品約300点を紹介
滋賀・MIHO MUSEUM、初の現代美術コレクション展 - 岸田劉生や若林奮など公開
2021.3.13(土)~2021.6.13(日)
滋賀・MIHO MUSEUM、初の現代美術コレクション展 - 岸田劉生や若林奮など公開
 スケジュール一覧