menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介

企画展「ミケル・バルセロ展」が、長崎県美術館にて、2021年6月10日(木)から7月25日(日)まで開催される。その後、2021年8月14日(土)から10月24日(日)まで三重県立美術館に、2022年1月13日(木)から3月25日(金)まで東京オペラシティアートギャラリーに巡回する。

現代スペインを代表する美術家ミケル・バルセロの大規模展

《午後の最初の一頭》2016年 作家蔵 © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 photo © David Bonet
《午後の最初の一頭》2016年 作家蔵 © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 photo © David Bonet

ミケル・バルセロは、1980年代から国際的に活躍してきた、スペインが誇る現代美術家だ。生地マジョルカ島、ニューヨークやパリといった大都市、アフリカの砂漠、そしてアルプスやヒマラヤの高地など、世界各地に滞在してその文化や風土を取り込みつつ、絵画や彫刻、陶芸などの多彩な作品を手がけてきた。さらに、パルマ大聖堂の壁画装飾をはじめとする大規模なプロジェクトにも数多く携わっている。

《下は熱い》2019年 作家蔵 © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 photo © Agustí Torres
《下は熱い》2019年 作家蔵 © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 photo © Agustí Torres

日本初の大規模個展となる企画展「ミケル・バルセロ展」では、初期から現在に至る、代表作を含む93点の作品を展示し、飽くなき創作活動を展開してきたバルセロの全貌に迫る。

初期の絵画作品

《海のスープ》1984年 作家蔵 © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 photo © André Morin
《海のスープ》1984年 作家蔵 © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 photo © André Morin

1957年にスペイン・マジョルカ島で生まれたバルセロは、ドイツ・カッセルで1982年に行われた現代美術の大規模グループ展「ドクメンタ7」で国際的にデビューし、独創的な絵画や彫刻を制作してゆく。《海のスープ》や《ファラニチのジョルジョーネ》など、華々しくデビューした時期に制作された大型の絵画作品からは、若き画家の熱気あふれる創作にふれられそうだ。

「大地」に触発されて

《紫色のスカートの少女》2005年 作家蔵 © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 photo © Philippe Migeat
《紫色のスカートの少女》2005年 作家蔵 © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 photo © Philippe Migeat

「大地」は、バルセロ芸術における重要なキーワードである。とりわけ、1988年から約半年間、アフリカ・マリを拠点に制作に打ち込み、以後もこの地での制作を断続的に続けたバルセロにとって、アフリカの地は格別の意味を持つ。会場では、《紫色のスカートの少女》をはじめとして、多様な素材や技法を駆使した紙作品、砂漠での経験に触発された絵画、そして独創的な陶作品を展示する。

「海」のイメージ世界

《飽くなき厳格》2018年 個人蔵 © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 photo © Galerie Bruno Bischofberger
Courtesy: Galería Elvira González
《飽くなき厳格》2018年 個人蔵 © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 photo © Galerie Bruno Bischofberger
Courtesy: Galería Elvira González

「海」もまた、「大地」と並んでバルセロの芸術で重要な位置を占める。幼少期からマジョルカの海を間近に眺め、時に海に潜って魚やタコを捕まえるなど、バルセロの日常と「海」は切り離せないものだった。本展では、《サドルド・シーブリーム》や《飽くなき厳格》など、海にまつわる主題やモティーフを表現した多彩な作品を目にすることができる。

絵画──「変化」から生まれるイメージ

《とどめの一突き》1990年 作家蔵 © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 photo © André Morin
《とどめの一突き》1990年 作家蔵 © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 photo © André Morin

バルセロは、さまざまな素材や技法を駆使し、絵画作品を手がけてきた。たとえば、画面の脱色により像を浮き上がらせることで肖像画を手がける一方、闘牛を主題とする作品群では、時を隔てて制作された作品ごとに新規の技法や表現が試みられている。本展では、「変化」のなかから独自のイメージを生みだすバルセロ独自の制作にも焦点を合わせ、《とどめの一突き》や《午後の最初の一頭》などの作品を紹介する。

展覧会概要

企画展「ミケル・バルセロ展」
会期:2021年6月10日(木)〜7月25日(日)
会場:長崎県美術館 企画展示室
住所:長崎県長崎市出島町2-1
TEL:095-833-2110
開館時間:10:00〜20:00(最終入場は19:30)
休館日:6月14日(月)・28日(月)、7月12日(月)
観覧料:一般 1,200円(1,000円)、大学生・70歳以上 1,000円(800円)、高校生以下 無料
※( )内は前売および15名以上の団体料金
※前売券は6月9日(水)まで販売
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、障害福祉サービス受給者証、地域相談支援受給者証、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者および介護者1名は5割減額
※開催内容は変更となる場合あり(最新情報は美術館ウェブサイトにて随時案内)

■巡回情報
・三重県立美術館
会期:2021年8月14日(土)〜10月24日(日)
住所:三重県津市大谷町11
・東京オペラシティアートギャラリー
会期:2022年1月13日(木)〜3月25日(金)
住所:東京都新宿区西新宿3-20-2

■終了した会場
・国立国際美術館
会期:2021年3月20日(土・祝)〜4月24日(土)
※5月30日(日)までの会期を予定していたが、臨時休館に伴い閉幕
住所:大阪府大阪市北区中之島4-2-55

Photos(13枚)

スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真1 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真2 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真3 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真4 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真5 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真6 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真7 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真8 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真9 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真10 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真11 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真12 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真13

Photos(13枚)

スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真1 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真2 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真3 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真4 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真5 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真6 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真7 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真8 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真9 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真10 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真11 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真12 スペインを代表する現代美術家ミケル・バルセロ、大規模個展が長崎県美術館で - 絵画を中心に全貌を紹介|写真13

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

「大阪中之島美術館」2022年2月に開館 - 近代・現代美術を中心に6,000点超の作品を所蔵
2022.2.2(水) オープン予定
「大阪中之島美術館」2022年2月に開館 - 近代・現代美術を中心に6,000点超の作品を所蔵
〈2022年〉東京・神奈川など関東おすすめ展覧会スケジュール、美術館&博物館のアート展情報
〈2022年〉東京・神奈川など関東おすすめ展覧会スケジュール、美術館&博物館のアート展情報
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作
2022.1.28(金)~2022.3.25(金)
「楳図かずお大美術展」東京シティビューで開催、『漂流教室』など代表作&27年ぶり101点構成の新作
彫刻家フランソワ・ポンポンの回顧展、佐倉市立美術館で -《シロクマ》をはじめとする動物彫刻を展示
2022.2.3(木)~2022.3.29(火) 開催予定
彫刻家フランソワ・ポンポンの回顧展、佐倉市立美術館で -《シロクマ》をはじめとする動物彫刻を展示
十和田市現代美術館「インター +プレイ」展第3期 - 身体感覚に着目、水尻自子と青木千絵の作品を紹介
2022.1.22(土)~2022.5.29(日)
十和田市現代美術館「インター +プレイ」展第3期 - 身体感覚に着目、水尻自子と青木千絵の作品を紹介

スケジュール

企画展「季節をめぐり、自然と遊ぶ」大倉集古館で、日本・中国・韓国の美術作品から探る“季節の移ろい”
2022.1.18(火)~2022.3.27(日)
企画展「季節をめぐり、自然と遊ぶ」大倉集古館で、日本・中国・韓国の美術作品から探る“季節の移ろい”
企画展「シンガポール・スタイル1850-1950」福岡で、東南アジアで開花したファッションの変遷
2022.1.19(水)~2022.3.27(日)
企画展「シンガポール・スタイル1850-1950」福岡で、東南アジアで開花したファッションの変遷
堀清英の写真展が銀座シャネル・ネクサス・ホールで、アレン・ギンズバーグ着想の作品や初公開の新作など
2022.1.19(水)~2022.2.20(日)
堀清英の写真展が銀座シャネル・ネクサス・ホールで、アレン・ギンズバーグ着想の作品や初公開の新作など
「ムーミンコミックス展」長崎県美術館で、トーベ・ヤンソンのスケッチや弟ラルスの原画など約280点
2022.1.21(金)~2022.3.27(日)
「ムーミンコミックス展」長崎県美術館で、トーベ・ヤンソンのスケッチや弟ラルスの原画など約280点
展覧会「THE HEROES ⼑剣×浮世絵」東京ほかで、ボストン美術館所蔵の武者絵&名⼑を一挙公開
2022.1.21(金)~2022.3.25(金)
展覧会「THE HEROES ⼑剣×浮世絵」東京ほかで、ボストン美術館所蔵の武者絵&名⼑を一挙公開
 スケジュール一覧