menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

特別展「国宝 燕子花図屏風─色彩の誘惑─」根津美術館で - “色彩”からみる屏風ややきもの

東京・根津美術館の開館80周年記念特別展「国宝 燕子花図屏風─色彩の誘惑─」が、臨時休館に伴い、2021年4月24日(土)をもって閉幕。

色彩から探る「燕子花図屏風」

国宝 燕子花図屏風(右隻) 尾形光琳筆 6曲1双 紙本金地着色 日本・江戸時代 18世紀 根津美術館蔵
国宝 燕子花図屏風(右隻) 尾形光琳筆 6曲1双 紙本金地着色 日本・江戸時代 18世紀 根津美術館蔵

江戸時代の画家・尾形光琳の「燕子花図屏風」は、群生するカキツバタを、金箔を張り詰めた大画面に、群青と緑青という2種の絵具で描いた作品だ。これら青・緑・金の3色は、東洋美術においてはしばし組み合わせて使われ特別な伝統を持つ一方で、光琳はこの屏風のなかに江戸時代ならではの感性も反映させている。

四季竹図屏風 6曲1隻 紙本金地着色 日本・室町時代 16世紀 個人蔵
四季竹図屏風 6曲1隻 紙本金地着色 日本・室町時代 16世紀 個人蔵

開館80周年記念特別展特別展「国宝 燕子花図屏風─色彩の誘惑─」では、青・緑・金という“色彩”に着目。国宝である「燕子花図屏風」を中心に、青・緑・金の3色を使った中世日本の仏教絵画、金屏風や同時代の陶芸作品をあわせて展示することで、「燕子花図屏風」に新たな視点からアプローチする。

「燕子花図屏風」を展示

国宝 燕子花図屏風(左隻) 尾形光琳筆 6曲1双 紙本金地着色 日本・江戸時代 18世紀 根津美術館蔵
国宝 燕子花図屏風(左隻) 尾形光琳筆 6曲1双 紙本金地着色 日本・江戸時代 18世紀 根津美術館蔵

展示の核となるのは、「燕子花図屏風」。カキツバタという単一のモチーフと限られた色彩が引き立てるリズミカルな画面構成、そして上質な絵具が生みだす鮮やかな色彩に注目したい。

聖なる色彩としての青・緑・金

陰持入経(神護寺経)(部分) 1巻 紺紙金泥 日本・平安時代 12世紀 根津美術館蔵
陰持入経(神護寺経)(部分) 1巻 紺紙金泥 日本・平安時代 12世紀 根津美術館蔵

また、同じく青・緑・金が特別な色彩として用いられらた、中世日本や中国の絵画などを展示。藍染めを施した紙に金泥で文字を書いた平安時代の経典「陰持入経」や、中国で唐時代以来、群青・緑青・金を用いて描かれた山水画の1つ「仙山楼閣図巻」などを通して、これら3色のもつ聖性の伝統に光を当てる。

色彩の伝統と新たな感覚

色絵葡萄文大平鉢 1枚 肥前 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵
色絵葡萄文大平鉢 1枚 肥前 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

さらに、常緑の竹を描いた室町時代の「四季竹図屏風」といった金屏風や、青や緑に黄色がコントラストをなす「色絵葡萄文大平鉢」など江戸時代のやきものも展示。「燕子花図屏風」へと至る色彩の伝統と、江戸時代における新たな色彩感覚を紹介する。

庭園にはカキツバタも

庭園内のカキツバタ
庭園内のカキツバタ

なお、根津美術館の庭園の池にはカキツバタが群生しており、その開花予想時期は4月下旬から5月上旬となっている。「燕子花図屏風」をはじめとする作品の鑑賞とともに、カキツバタの咲く庭園の散策も楽しんではいかがだろう。

展覧会概要

開館80周年記念特別展「国宝 燕子花図屏風─色彩の誘惑─」〈日時指定予約制〉
会期:2021年4月17日(土)〜4月24日(土)
※当初は5月16日(日)までの会期を予定していたものの、臨時休館に伴い変更
※すでに購入済みの臨時休館期間の日時指定入館券の払い戻しについては、美術館ウェブサイトを参照
会場:根津美術館
住所:東京都港区南青山6-5-1
休館日:月曜日、臨時休館期間
開館時間:10:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
入館料:
・オンライン日時指定予約 一般 1,500円(1,300円)、学生 1,200円(1,000円)
・当日券(窓口販売) 一般 1,600円(1,400円)、学生 1,300円(1,100円)
※( )内は障害者手帳提示者および同伴者1名の料金
※中学生以下は無料
※当日券は、予定枚数の販売が終了している場合あり

■日時指定予約制
・来館前日までに根津美術館ホームページ上にて日時指定券を購入(クレジットカード決済のみ)
・根津倶楽部会員、招待はがきを所持していて入館無料の場合も予約が必要

【問い合わせ先】
根津美術館
TEL:03-3400-2536 (代表)

Photos(6枚)

特別展「国宝 燕子花図屏風─色彩の誘惑─」根津美術館で - “色彩”からみる屏風ややきもの|写真1 特別展「国宝 燕子花図屏風─色彩の誘惑─」根津美術館で - “色彩”からみる屏風ややきもの|写真2 特別展「国宝 燕子花図屏風─色彩の誘惑─」根津美術館で - “色彩”からみる屏風ややきもの|写真3 特別展「国宝 燕子花図屏風─色彩の誘惑─」根津美術館で - “色彩”からみる屏風ややきもの|写真4 特別展「国宝 燕子花図屏風─色彩の誘惑─」根津美術館で - “色彩”からみる屏風ややきもの|写真5 特別展「国宝 燕子花図屏風─色彩の誘惑─」根津美術館で - “色彩”からみる屏風ややきもの|写真6

Photos(6枚)

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
2021年にオープンする美術館 - 施設情報を紹介、展覧会の開催スケジュールも
2021年にオープンする美術館 - 施設情報を紹介、展覧会の開催スケジュールも
“新版画”を楽しめる展覧会2021〈東京ほか〉川瀬巴水や吉田博など、美術館での開催情報&展示作品
“新版画”を楽しめる展覧会2021〈東京ほか〉川瀬巴水や吉田博など、美術館での開催情報&展示作品

スケジュール

戦後長崎の洋画家・池野清の回顧展、長崎県美術館で - 詩情豊かな油彩などから画業の一端を紹介
2021.8.6(金)~2021.11.7(日)
戦後長崎の洋画家・池野清の回顧展、長崎県美術館で - 詩情豊かな油彩などから画業の一端を紹介
日本画家・小早川秋聲、初の大回顧展が京都文化博物館で - 異色の戦争画《國之楯》など約110点を展示
2021.8.7(土)~2021.9.26(日)
日本画家・小早川秋聲、初の大回顧展が京都文化博物館で - 異色の戦争画《國之楯》など約110点を展示
展覧会「下絵と素描に見る上村松園」奈良・松伯美術館で 、初期〜絶筆《初夏の夕》の大下絵などを紹介
2021.8.7(土)~2021.10.24(日)
展覧会「下絵と素描に見る上村松園」奈良・松伯美術館で 、初期〜絶筆《初夏の夕》の大下絵などを紹介
ピピロッティ・リスト展が水戸芸術館で - 身体・女性・自然をテーマとしたヴィデオ・インスタレーション
2021.8.7(土)~2021.10.17(日)
ピピロッティ・リスト展が水戸芸術館で - 身体・女性・自然をテーマとしたヴィデオ・インスタレーション
昭和水墨画の鬼才・篁牛人の展覧会が富山県水墨美術館で - 大胆さ・繊細さをあわせ持つ“渇筆”作品など
2021.8.11(水)~2021.9.26(日)
昭和水墨画の鬼才・篁牛人の展覧会が富山県水墨美術館で - 大胆さ・繊細さをあわせ持つ“渇筆”作品など
 スケジュール一覧