menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

千葉・DIC川村記念美術館「ふたつのまどか」展、5人の現代作家×トゥオンブリーなど所蔵作品とのコラボ

開館30周年記念展「ふたつのまどか―コレクション×5人の作家たち」が、2020年6月16日(火)から11月29日(日)まで、千葉・佐倉のDIC川村記念美術館にて開催される。尚、入館は事前予約制。

5人の現代作家とコレクションの出会い

さわひらき《Souvenir IV》2012年
さわひらき《Souvenir IV》2012年

「ふたつのまどか―コレクション×5人の作家たち」は、現在第一線で活躍する5人の作家と、DIC川村記念美術館の所蔵作品を組み合わせて紹介する展覧会だ。会場では、さわひらきをはじめとする現代作家の視点が、サイ・トゥオンブリーといったコレクションと出会うなかで生まれるインスタレーションが展開される。

さわひらき × サイ・トゥオンブリー

サイ・トゥオンブリー《無題》1968年 DIC川村記念美術館
サイ・トゥオンブリー《無題》1968年 DIC川村記念美術館
© Cy Twombly Foundation

灰色の画面に白い線が軽やかに漂う、サイ・トゥオンブリーの抽象絵画《無題》。一方、さわひらきの映像作品では、キッチンなどの住居空間に寓話的なイメージが繰り広げられ、日常の風景が幻想的な情景へと変化する。本展では、新作を含むさわの作品約5点を通して、彼らの作品に共通する“時間”の感覚に目を向ける。

杉戸洋 × ラリー・ベル

杉戸洋《Untitled》2019年 作家蔵
杉戸洋《Untitled》2019年 作家蔵

絵画と空間の関係性を探る杉戸洋は、ミニマリズムの彫刻家ラリー・ベルの手掛けた、ガラスが虹色の階調を示す作品《無題》を選んだ。同作が、置かれる場の光と空間を反映し、空間そのものを認識する装置として機能しうる点に着目した杉戸は、壁状の作品で正方形の展示空間を分断することで明暗を分け、繊細な輝きを放つ絵画《Untitled》などの新作を紹介することで、光への意識を促す。

野口里佳 × ジョアン・ミロ

野口里佳《クマンバチ #1》2019年 Commissioned by Reborn-Art Festival 2019
野口里佳《クマンバチ #1》2019年 Commissioned by Reborn-Art Festival 2019
© Noguchi Rika, Courtesy of Taka Ishii Gallery

俯瞰的な視点と、細部への繊細なまなざしを有する写真を手掛ける野口里佳は、浮遊感のある形態を描いたジョアン・ミロの作品を参照。ピラミッドのような三角錐とともに、宙に舞う葉や鳥を描いた《コンポジション》に着想を得て、「飛ぶもの」と「宇宙と交信する木」をテーマにした新作を展示する。

福田尚代 × ジョゼフ・コーネル

福田尚代《ラ・シャット・エマイヨールへの手紙》2009-2019年 作家蔵
福田尚代《ラ・シャット・エマイヨールへの手紙》2009-2019年 作家蔵
©Naoyo Fukuda, courtesy Yukiko Koide Presents

本や文房具に細やかに施した彫刻や、コラージュを制作する作家・福田尚代は、古い葉書から剥がした切手を文庫本に貼り付けた新作《ラ・シャット・エマイヨールへの手紙》などを展示。書物や切手などを集め、コラージュなどを手掛けたジョゼフ・コーネルとの響き合いを楽しめるだろう。

渡辺信子 × エルズワース・ケリー

渡辺信子《White and Red》2017年 Arario Gallery 《Dark olive green and White -Corner piece》2017年 作家蔵
photo credit: Arario Gallery, Courtesy of Arario Gallery, Seoul
渡辺信子《White and Red》2017年 Arario Gallery 《Dark olive green and White -Corner piece》2017年 作家蔵
photo credit: Arario Gallery, Courtesy of Arario Gallery, Seoul

渡辺信子は、絵画の材料である木枠と布を組み合わせた立体作品を手掛けてきた。本展では、渡辺が敬愛するアメリカの画家エルズワース・ケリーとコラボレーション。フラットな色彩平面を特色とするケリーの作品と、木枠の形状によりさまざまな表情が生まれる渡辺の作品の共通点を探る。

展覧会概要

開館30周年記念展「ふたつのまどか―コレクション×5人の作家たち」
会期:2020年6月16日(火)~11月29日(日)〈事前予約制〉
※当初、2020年3月20日(金・祝)から7月26日(日)まで開催予定だったが、会期変更となった。
会場:DIC川村記念美術館
住所:千葉県佐倉市坂戸631
開館時間:10:30〜16:30 ※入館は15:30まで
休館日:月曜(ただし8月10日、9月21日、11月23日は開館)、8月11日(火)、9月23日(水)、11月24日(火)
入館料:一般 1,300円、学生・65 歳以上 1,100円、小中学生・高校生 600円
※来館前に、日時指定のデジタルチケットの購入が必要。各種招待券、企画展招待状封筒、友の会/サポーターズ法人会員証持参者も、要予約。
※友の会フレンド会員/パートナー会員、サポーターズ個人会員は予約なしで入館可能。
※当面の間、窓口でのチケット販売はなし。
※団体予約の受付は休止。
日時指定チケット発売日:6月12日(金) 10:00~
※チケット販売詳細はDIC川村記念美術館の公式ウェブサイトに記載。

【問い合わせ先】
TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)

Photos(7枚)

千葉・DIC川村記念美術館「ふたつのまどか」展、5人の現代作家×トゥオンブリーなど所蔵作品とのコラボ 画像1 千葉・DIC川村記念美術館「ふたつのまどか」展、5人の現代作家×トゥオンブリーなど所蔵作品とのコラボ 画像2 千葉・DIC川村記念美術館「ふたつのまどか」展、5人の現代作家×トゥオンブリーなど所蔵作品とのコラボ 画像3 千葉・DIC川村記念美術館「ふたつのまどか」展、5人の現代作家×トゥオンブリーなど所蔵作品とのコラボ 画像4 千葉・DIC川村記念美術館「ふたつのまどか」展、5人の現代作家×トゥオンブリーなど所蔵作品とのコラボ 画像5 千葉・DIC川村記念美術館「ふたつのまどか」展、5人の現代作家×トゥオンブリーなど所蔵作品とのコラボ 画像6 千葉・DIC川村記念美術館「ふたつのまどか」展、5人の現代作家×トゥオンブリーなど所蔵作品とのコラボ 画像7

Photos(7枚)

関連ニュース

キーワードから探す

関連用語

ピックアップ

おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
ファッション・モードの展覧会2020〈関東・関西〉美術館での開催スケジュール&展示作品を紹介
ファッション・モードの展覧会2020〈関東・関西〉美術館での開催スケジュール&展示作品を紹介
日本美術の展覧会〈東京・京都・大阪ほか〉美術館での開催スケジュール&伊藤若冲の日本画など展示作品も
日本美術の展覧会〈東京・京都・大阪ほか〉美術館での開催スケジュール&伊藤若冲の日本画など展示作品も
“都市と美術”を探る展覧会〈東京の美術館・博物館〉絵画・建築・アニメなど展示作品&開催情報
“都市と美術”を探る展覧会〈東京の美術館・博物館〉絵画・建築・アニメなど展示作品&開催情報
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報

スケジュール

東京・岡本太郎記念館で「対峙する眼」展 - 岡本太郎の絵画の“向かい合ういのち”に焦点
2020.9.30(水)~2021.1.31(日)
東京・岡本太郎記念館で「対峙する眼」展 - 岡本太郎の絵画の“向かい合ういのち”に焦点
東京・サントリー美術館「日本美術の裏の裏」展 - 生活を彩る美の“愉しみ方”、日本画や着物など展示
2020.9.30(水)~2020.11.29(日)
東京・サントリー美術館「日本美術の裏の裏」展 - 生活を彩る美の“愉しみ方”、日本画や着物など展示
文化学園服飾博物館の展覧会「世界の藍」約40カ国の衣装や布から見る“多彩な藍染の世界”
2020.10.2(金)~2020.12.18(金)
文化学園服飾博物館の展覧会「世界の藍」約40カ国の衣装や布から見る“多彩な藍染の世界”
絵本『ねずみくんのチョッキ』初の大規模展覧会が横浜赤レンガ倉庫で、絵本原画やスケッチなど約150点
2020.10.3(土)~2020.11.29(日)
絵本『ねずみくんのチョッキ』初の大規模展覧会が横浜赤レンガ倉庫で、絵本原画やスケッチなど約150点
「没後220年 画遊人・若冲 ─光琳・応挙・蕭白とともに─」岡田美術館で開催
2020.10.4(日)~2021.3.28(日)
「没後220年 画遊人・若冲 ─光琳・応挙・蕭白とともに─」岡田美術館で開催
 スケジュール一覧