menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「大竹伸朗 ビル景 1978-2019」水戸芸術館現代美術ギャラリーで、500点以上の“仮想風景”

展覧会「大竹伸朗 ビル景 1978-2019」が、茨城・水戸芸術館現代美術ギャラリーにて2019年7月13日(土)から10月6日(日)まで開催される。

関東では13年ぶりの個展

《放棄地帯》 2019年
© Shinro Ohtake, Courtesy of Take Ninagawa, Tokyo, Photo by Kei Okano
《放棄地帯》 2019年
© Shinro Ohtake, Courtesy of Take Ninagawa, Tokyo, Photo by Kei Okano

大竹伸朗は、絵画を中心に、印刷、音、写真や映像などの多彩な表現を展開。現代美術界だけでなく、フォントやデザインといった幅広いジャンルにも影響を与えてきたアーティストだ。横浜トリエンナーレや瀬戸内国際芸術祭をはじめ、韓国の光州ビエンナーレ、ドイツのドクメンタ(13)、イタリアのヴェネチア・ビエンナーレなど、国内外の国際展に参加している。

《Bldg.》 1984年
© Shinro Ohtake, Courtesy of Take Ninagawa, Tokyo, Photo by Kei Okano
《Bldg.》 1984年
© Shinro Ohtake, Courtesy of Take Ninagawa, Tokyo, Photo by Kei Okano

「大竹伸朗 ビル景 1978-2019」は、関東では2006年に東京都現代美術館で開催された「全景 1955-2006」以来、13年ぶりの個展。活動初期から現在までの約40年間にわたり描き続けてきたシリーズ「ビル景」に着目する。

香港やロンドンなど都市の記憶をミックスした「ビル景」

《白壁のビル2》 2017年
© Shinro Ohtake, Courtesy of Take Ninagawa, Tokyo, Photo by Kei Okano
《白壁のビル2》 2017年
© Shinro Ohtake, Courtesy of Take Ninagawa, Tokyo, Photo by Kei Okano

「ビル景」は、大竹伸朗の中に蓄積された、香港、ロンドン、東京といった様々な都市の、湿度や熱、騒音、匂いなどの記憶をランダムに融合し、「ビル」という形を伴って描き出される仮想の風景。細やかなラインで描き出された静かな作品から、ダイナミックなタッチのヴィヴィッドな油彩画まで、様々な表現手法によって「ビル景」が生み出されている。

《車窓》 2000-2001年 高松市美術館蔵
© Shinro Ohtake, Courtesy of Take Ninagawa, Tokyo, Photo by Kei Okano
《車窓》 2000-2001年 高松市美術館蔵
© Shinro Ohtake, Courtesy of Take Ninagawa, Tokyo, Photo by Kei Okano

「大竹伸朗 ビル景 1978-2019」では、多数の未発表作品から最新作まで800点以上にも上る作品の中から、大型の立体作品などの新作数点を含む500点余りを一堂に展示。「ビル景」シリーズの全貌に迫る展示内容となっている。

特製Tシャツやポスターも

ミュージアムショップでは、大竹伸朗がデザインした展覧会ロゴや描き下ろしドローイング、フォトコラージュをプリントした特製Tシャツや、亜鉛凸版による展覧会ポスターのスペシャルエディション、2019年4月に刊行された画集『大竹伸朗 ビル景 1978-2019』などを販売する。

【詳細】
展覧会「大竹伸朗 ビル景 1978-2019」
会期:2019年7月13日(土)~10月6日(日)
開館時間:9:30~18:00(入場は17:30まで)
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
住所:茨城県水戸市五軒町1-6-8
休館日:月曜日 ※ただし7月15日、8月12日、9月16日、9月23日(月・祝/振)は開館、7月16日、8月13日、9月17日、9月24日(火)は休館
入場料:一般 900円、前売・団体(20名以上) 700円
※高校生以下・70歳以上・障害者手帳持参者と付き添い1名は無料
※学生証、年齢のわかる身分証明書が必要。
※1年間有効フリーパス「年間パス」2,000円
※学生とシニアための特別割引デー「First Friday」学生証持参者と65歳~69歳の人は、毎月第1金曜日(8月2日、9月6日、10月4日)100円

【問い合わせ先】
水戸芸術館現代美術センター
TEL:029-227-8111(代表)

Photos(6枚)

「大竹伸朗 ビル景 1978-2019」水戸芸術館現代美術ギャラリーで、500点以上の“仮想風景” 画像1 「大竹伸朗 ビル景 1978-2019」水戸芸術館現代美術ギャラリーで、500点以上の“仮想風景” 画像2 「大竹伸朗 ビル景 1978-2019」水戸芸術館現代美術ギャラリーで、500点以上の“仮想風景” 画像3 「大竹伸朗 ビル景 1978-2019」水戸芸術館現代美術ギャラリーで、500点以上の“仮想風景” 画像4 「大竹伸朗 ビル景 1978-2019」水戸芸術館現代美術ギャラリーで、500点以上の“仮想風景” 画像5 「大竹伸朗 ビル景 1978-2019」水戸芸術館現代美術ギャラリーで、500点以上の“仮想風景” 画像6

Photos(6枚)

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
2020年オープンの美術館 - 展覧会スケジュール&施設概要を紹介
2020年オープンの美術館 - 展覧会スケジュール&施設概要を紹介
東京都内のおすすめ展覧会特集 - 美術館・博物館で楽しめるアート作品&開催スケジュール
東京都内のおすすめ展覧会特集 - 美術館・博物館で楽しめるアート作品&開催スケジュール
ファッション・モードの展覧会2020〈関東・関西〉美術館での開催スケジュール&展示作品を紹介
ファッション・モードの展覧会2020〈関東・関西〉美術館での開催スケジュール&展示作品を紹介
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品

スケジュール

アート・ユニット「エキソニモ」初の大規模回顧展、東京都写真美術館で - リアルとオンラインの接続
8月18日(火)~10月11日(日)
アート・ユニット「エキソニモ」初の大規模回顧展、東京都写真美術館で - リアルとオンラインの接続
イラストレーターChocomoo過去最大規模の個展がウィズ原宿で、書き下ろしアート展示&グッズ販売
8月20日(木)~9月28日(月)
イラストレーターChocomoo過去最大規模の個展がウィズ原宿で、書き下ろしアート展示&グッズ販売
「弱虫ペダル」漫画&映画の展覧会、渋谷パルコで - 原画や衣装・小道具など展示、記念グッズも
8月21日(金)~8月31日(月)
「弱虫ペダル」漫画&映画の展覧会、渋谷パルコで - 原画や衣装・小道具など展示、記念グッズも
企画展「大東京の華-都市を彩るモダン文化」江戸東京博物館で、明治~昭和の“東京の街”を紹介
8月25日(火)~11月23日(月)
企画展「大東京の華-都市を彩るモダン文化」江戸東京博物館で、明治~昭和の“東京の街”を紹介
展覧会「特撮のDNA」東京ドームシティで、歴代ウルトラマン集結&円谷プロ作品を辿る
9月5日(土)~10月18日(日) 開催
展覧会「特撮のDNA」東京ドームシティで、歴代ウルトラマン集結&円谷プロ作品を辿る
 スケジュール一覧