menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   アート   >   イベント

「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など

特集展示「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」が、2019年7月30日(火)から9月8日(日)まで、千葉の国立歴史民俗博物館にて開催される。

国内有数の怪談・妖怪コレクションから100点を紹介

歌川国芳「源頼光公館土蜘作妖怪図」大判錦絵3枚続 天保14年(1843) 国立歴史民俗博物館蔵
歌川国芳「源頼光公館土蜘作妖怪図」大判錦絵3枚続 天保14年(1843) 国立歴史民俗博物館蔵

「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」では、国立歴史民俗博物館が所蔵する国内有数の「怪談・妖怪コレクション」より、「百鬼夜行図」や、国内外で人気の高い浮世絵師・歌川国芳の「源頼光公館土蜘作妖怪図」など100 点の貴重な資料を紹介する。

江戸の娯楽に溶け込んでいた妖怪や幽霊

歌川国芳「曲独楽竹沢藤次」大判錦絵 弘化元年(1844) 国立歴史民俗博物館蔵
歌川国芳「曲独楽竹沢藤次」大判錦絵 弘化元年(1844) 国立歴史民俗博物館蔵

江戸時代は、妖怪や幽霊などの怪異譚や図像の収集が流行。妖怪や幽霊をテーマにした絵本や錦絵なども大量に生産された。また、“怖さ”と“楽しさ”をエンターテインメント化した、幽霊を扱った歌舞伎・見世物や、今日のサブカルチャーにも通じる、キャラクター化された妖怪たちを描いた草双紙や妖怪絵本なども登場。幕末には、妖怪表現が風刺の記号の1つとして機能していた。

絵双六など“玩具絵”に描かれた憎めない化物たち

喜多川歌麿「化物の夢」大判錦絵 寛政(1789~1801)末期 国立歴史民俗博物館蔵
喜多川歌麿「化物の夢」大判錦絵 寛政(1789~1801)末期 国立歴史民俗博物館蔵

浮世絵版画の1ジャンルである「玩具絵」にも、妖怪や幽霊を題材にした作品が多く残されている。サイコロを振って遊ぶ絵双六や、特定のカテゴリーの図像を描き集める子供向けの「何々尽くし」、画面の一部をめくると絵が変わる仕掛け絵などに登場する化物たちは、どこか憎めないチャーミングさをもって描かれている。

3枚揃いの「悪夢集」と仮称されている「化物の夢」は、多色摺で摺られた錦絵シリーズ中の一図。吹き出し状に表現された夢の中は、モノクロームを用いて表現。首の長い見越し入道や一つ目小僧といった草双紙にも登場する化け物が、ほぼ墨のみで摺られている。

「新板化物尽」紙本木版多色摺 天保(1830~44)頃 国立歴史民俗博物館蔵
「新板化物尽」紙本木版多色摺 天保(1830~44)頃 国立歴史民俗博物館蔵

開く箇所によって異なる妖怪が現れる、手の込んだ仕掛けを施した「新板化物尽」は、船幽霊や三つ目、猫又、雪女、見越し入道、一つ目小僧など多彩な妖怪を描いた玩具絵。中央部分に位置する皿屋敷と累の2図をそれぞれ上にめくると、歌舞伎で有名な小幡小平次とお岩の幽霊に変わる。

歌舞伎と怪談

三代歌川豊国「東海道四谷怪談 蛇山庵室の場」国立歴史民俗博物館蔵
三代歌川豊国「東海道四谷怪談 蛇山庵室の場」国立歴史民俗博物館蔵

歌舞伎における怪談物が流行し、定着していった歴史にも注目。四代目鶴屋南北作「東海道四谷怪談」の早替わりや戸板返し、提灯から幽霊が現れる仕掛けなどに見られる幽霊のダイナミックな演出をはじめ、大がかりな仕掛けによる幽霊の登場場面が、怪談物の流行を受けて役者絵に好んで描かれるようになる。

歌川国芳「東山桜荘子 織越館の場」(部分)大判錦絵2枚続 嘉永4(1851) 国立歴史民俗博物館蔵
歌川国芳「東山桜荘子 織越館の場」(部分)大判錦絵2枚続 嘉永4(1851) 国立歴史民俗博物館蔵

1851年初演の「東山桜荘子」では、浅倉当吾の幽霊が、恨みを持つ領主の織越大領を苦しめる場面が、歌川国芳や三代歌川豊国らの絵師によって、多彩なバリエーションで描かれている。

詳細

特集展示「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」
会期:2019年7月30日(火)~9月8日(日)
休館日:2019年8月5日(月)、19日(月)、26日(月)、9月2日(月)
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
※開館日・開館時間を変更する場合あり。
会場:国立歴史民俗博物館 企画展示室 B(千葉県佐倉市)
住所:千葉県佐倉市城内町117
料金:一般 600(350)円/大学生 250(200)円
※( )内は20名以上の団体料金。 ※高校生以下は入館料無料。
※高校生及び大学生の方は、学生証等の提示が必要(専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様)。
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館無料。

【問い合わせ先】
ハローダイヤル
TEL:03-5777-8600(8:00~22:00)

Photos(11枚)

「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像1 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像2 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像3 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像4 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像5 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像6 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像7 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像8 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像9 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像10 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像11

Photos(11枚)

「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像1 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像2 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像3 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像4 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像5 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像6 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像7 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像8 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像9 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像10 「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」国立歴史民俗博物館で、妖怪を描いた歌川国芳の浮世絵など 画像11

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
ミュシャ特集 - アール・ヌーヴォーのポスター作品から《スラヴ叙事詩》まで、展覧会の情報も
ミュシャ特集 - アール・ヌーヴォーのポスター作品から《スラヴ叙事詩》まで、展覧会の情報も
京都観光におすすめ“絶景”神社&お寺特集 - 清水寺や平等院など世界遺産も
京都観光におすすめ“絶景”神社&お寺特集 - 清水寺や平等院など世界遺産も
夏休み2019、旅行&帰省におすすめイベント - 東京・都内近郊など【東日本編】
夏休み2019、旅行&帰省におすすめイベント - 東京・都内近郊など【東日本編】
夏休み2019、旅行&帰省におすすめイベント - 大阪・京都・神戸など【西日本編】
夏休み2019、旅行&帰省におすすめイベント - 大阪・京都・神戸など【西日本編】

スケジュール

「嶋田 忠 野生の瞬間 華麗なる鳥の世界」東京都写真美術館で、野生の鳥の求愛ダンスを捉えた写真など
7月23日(火)~9月23日(月)開催
「嶋田 忠 野生の瞬間 華麗なる鳥の世界」東京都写真美術館で、野生の鳥の求愛ダンスを捉えた写真など
“金太郎”の知られざる大人時代まで紹介「箱根の山の金太郎」展、箱根ラリック美術館で
7月23日(火)~9月23日(月)開催
“金太郎”の知られざる大人時代まで紹介「箱根の山の金太郎」展、箱根ラリック美術館で
影絵作家・藤城清治の展覧会が大丸梅田店で、光と影を使った新作版画や名作を展示販売
7月24日(水)~7月29日(月)開催
影絵作家・藤城清治の展覧会が大丸梅田店で、光と影を使った新作版画や名作を展示販売
漫画家・萩尾望都の原画展が松屋銀座で『ポーの一族』最新作や描き下ろし作品、宝塚の舞台衣装も
7月25日(木)~8月6日(火)開催
漫画家・萩尾望都の原画展が松屋銀座で『ポーの一族』最新作や描き下ろし作品、宝塚の舞台衣装も
「カナヘイ展 小動物がみた15年とこれから」松屋銀座で、携帯待受画像からドラクエ・ポケモンコラボまで
7月25日(木)~8月6日(火)開催
「カナヘイ展 小動物がみた15年とこれから」松屋銀座で、携帯待受画像からドラクエ・ポケモンコラボまで
 スケジュール一覧