menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「ショパンー200年の肖像」展が東京・静岡で - 直筆の楽譜や手紙、肖像画を日本初公開

展覧会「日本・ポーランド国交樹立100周年記念 ショパン─200年の肖像」展が、東京・練馬区立美術館にて、2020年6月2日(火)から6月28日(日)まで開催される。その後、2020年8月1日(土)から9月22日(火・祝)まで静岡市美術館へ巡回予定。

“ピアノの詩人”フリデリク・ショパンの音楽と生涯

《自筆の手紙 ー パリのヴォイチェフ・グジマワ宛て(エディンバラ、1848年10月3日)》
フリデリク・ショパン、1848年、インク、紙
Photo:The Fryderyk Chopin Institute
《自筆の手紙 ー パリのヴォイチェフ・グジマワ宛て(エディンバラ、1848年10月3日)》
フリデリク・ショパン、1848年、インク、紙
Photo:The Fryderyk Chopin Institute

フリデリク・ショパンは、ポーランド出身の作曲家。繊細な曲調やピアノ曲を多く作曲し、“ピアノの詩人”とも呼ばれている。

日本とポーランドの国交樹立100周年を記念して開催される「ショパン─200年の肖像」展では、ショパンの多彩な美術作品や資料を通じ、生誕から約200年にわたるショパン像を紹介。ショパンの音楽と生涯を主軸に、自筆の楽譜や手紙、油彩画、彫刻など約250点を、5つの章に分けて展観する。

直筆の楽譜や手紙を日本初公開

《「エチュード ヘ長調 作品10の8」自筆譜(製版用)》
フリデリク・ショパン、1833年以前、インク、紙
Photo:The Fryderyk Chopin Institute
《「エチュード ヘ長調 作品10の8」自筆譜(製版用)》
フリデリク・ショパン、1833年以前、インク、紙
Photo:The Fryderyk Chopin Institute

中でも注目は、ショパン自筆の楽譜や手紙。所蔵するフリデリク・ショパン博物館でも公開が限られている貴重なものだ。文字の筆圧などからは、その時々のショパンの心情を垣間見られるだろう。

友人の手によるショパンの肖像画

《フリデリク・ショパンの肖像》
アリ・シェフェール、1847年、油彩、カンヴァス
credit:Dordrechts Museum
《フリデリク・ショパンの肖像》
アリ・シェフェール、1847年、油彩、カンヴァス
credit:Dordrechts Museum

また、ショパンの肖像画のなかでも特に有名な《フリデリク・ショパンの肖像》も、日本初公開となる。ショパンの友人であったオランダ出身の画家、アリ・シェフェールによって描かれたものだ。シェフェール自身が保有していたこの作品からは、友人に向けたショパンの温かな眼差しを感じることができる。

《ヴェジブノからのポーランド軍部隊の帰還》
マルチン・ザレスキ、1831年、油彩、カンヴァス
《ヴェジブノからのポーランド軍部隊の帰還》
マルチン・ザレスキ、1831年、油彩、カンヴァス
©Ligier Piotr/Muzeum Narodowe w Warszawie

そのほか、ポーランドのフリデリク・ショパン博物館から出展されるショパンにまつわる現代作品や、ワルシャワやパリでの音楽活動・友人関係などを、風景画や肖像画とともに紹介。また、ショパン国際ピアノコンクールの歴史も、映像や写真の資料を通じて展観する。

展覧会概要

日本・ポーランド国交樹立100周年記念 ショパン─200年の肖像」展
■東京展
会期:2020年6月2日(火)~6月28日(日)
※当初は4月26日(日)の開幕予定であったが、延期
会場:練馬区立美術館
住所:東京都練馬区貫井1丁目36-16
休館日:月曜日
開館時間:10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)
観覧料:一般1,000円、高校・大学生および65~74歳800円、中学生以下および75歳以上無料、障害者(一般) 500円、障害者(高校・大学生)400円
※付き添いの場合、1名までは障害者料金で観覧可。
団体(一般) 800円、団体(高校・大学生)700円
※ぐるっとパス利用者500円(年齢などによる割引の適用外)
練馬区文化振興協会友の会会員招待(同伴者1名まで)
※観覧当日、受付で会員証を提示のうえ、招待券を受け取り
※一般以外のチケット購入希望者は、証明できるものを提示。(健康保険証・運転免許証・障害者手帳など)
※会期中のイベントはすべて中止
※来館に際しての注意事項は、公式サイトを確認のこと
※予定は変更となる場合あり

■静岡展
会期:2020年8月1日(土)~9月22日(火・祝)
会場:静岡市美術館
住所:静岡県静岡市葵区紺屋町17−1 葵タワー
開館時間:10:00〜19:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(8月10日(月・祝)、9月21日(月・祝)は開館)
※8月11日(火)は臨時開館
観覧料:一般 1,200円、大高生・70歳以上 800円、中学生以下 無料
※障害者手帳等を持参者および介助者原則1名は無料

Photos(5枚)

「ショパンー200年の肖像」展が東京・静岡で - 直筆の楽譜や手紙、肖像画を日本初公開 画像1 「ショパンー200年の肖像」展が東京・静岡で - 直筆の楽譜や手紙、肖像画を日本初公開 画像2 「ショパンー200年の肖像」展が東京・静岡で - 直筆の楽譜や手紙、肖像画を日本初公開 画像3 「ショパンー200年の肖像」展が東京・静岡で - 直筆の楽譜や手紙、肖像画を日本初公開 画像4 「ショパンー200年の肖像」展が東京・静岡で - 直筆の楽譜や手紙、肖像画を日本初公開 画像5

Photos(5枚)

「ショパンー200年の肖像」展が東京・静岡で - 直筆の楽譜や手紙、肖像画を日本初公開 画像1 「ショパンー200年の肖像」展が東京・静岡で - 直筆の楽譜や手紙、肖像画を日本初公開 画像2 「ショパンー200年の肖像」展が東京・静岡で - 直筆の楽譜や手紙、肖像画を日本初公開 画像3 「ショパンー200年の肖像」展が東京・静岡で - 直筆の楽譜や手紙、肖像画を日本初公開 画像4 「ショパンー200年の肖像」展が東京・静岡で - 直筆の楽譜や手紙、肖像画を日本初公開 画像5

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
2020年オープンの美術館 - 展覧会スケジュール&施設概要を紹介
2020年オープンの美術館 - 展覧会スケジュール&施設概要を紹介
ファッション・モードの展覧会2020〈関東・関西〉美術館での開催スケジュール&展示作品を紹介
ファッション・モードの展覧会2020〈関東・関西〉美術館での開催スケジュール&展示作品を紹介
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
日本美術の展覧会〈東京・京都・大阪ほか〉美術館での開催スケジュール&伊藤若冲の日本画など展示作品も
日本美術の展覧会〈東京・京都・大阪ほか〉美術館での開催スケジュール&伊藤若冲の日本画など展示作品も

スケジュール

「藤城清治版画展」大丸東京店で、“光と影”を表現した影絵作品の複製画100点を展示販売
8月12日(水)~8月18日(火)
「藤城清治版画展」大丸東京店で、“光と影”を表現した影絵作品の複製画100点を展示販売
展覧会「MANGA都市TOKYO」国立新美術館にマンガ・アニメ・ゲーム・特撮に纏わる500点以上集結
8月12日(水)~11月3日(火)
展覧会「MANGA都市TOKYO」国立新美術館にマンガ・アニメ・ゲーム・特撮に纏わる500点以上集結
「誕生65周年記念 ミッフィー展」東京&神戸で、直筆原画やスケッチなど日本初登場含む250点以上
8月12日(水)~8月24日(月)
「誕生65周年記念 ミッフィー展」東京&神戸で、直筆原画やスケッチなど日本初登場含む250点以上
展覧会「アニメサザエさんとともに50年 -エイケン制作アニメーションの世界-」大阪・横浜などで
8月12日(水)~8月31日(月)
展覧会「アニメサザエさんとともに50年 -エイケン制作アニメーションの世界-」大阪・横浜などで
「ピングー展」松屋銀座で、原画やスケッチ&ピングー制作秘話にまつわる約400点の資料
8月12日(水)~8月24日(月)
「ピングー展」松屋銀座で、原画やスケッチ&ピングー制作秘話にまつわる約400点の資料
 スケジュール一覧