menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   映画   >   トピック

映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ×GACKT、魔夜峰央の伝説的“埼玉ディス”漫画が実写化

魔夜峰央の漫画『翔んで埼玉』の実写映画化が決定。2019年2月22日(金)より全国ロードショー。

魔夜峰央の伝説的“埼玉ディス”漫画が実写化

原作の『翔んで埼玉』は、『パタリロ』(1978)などで一世を風靡した漫画家・魔夜峰央が1982年に発表したコメディ漫画。2015年には『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)として30年ぶりに単行本として復刊され、それをきっかけにテレビ番組、SNS、インターネットなどメディアで多数取り上げられ、再び反響を呼んだ。

話題を呼んだ理由の1つは、作品発表当時に住んでいた埼玉を題材にした「埼玉から東京に行くには通行手形がいる!」「埼玉県民はそこらへんの草でも食わせておけ!」「埼玉狩りだー!」などの徹底的な“埼玉ディス”。後に続く“地方ディスマンガ”ブームのきっかけでもある。ただし、当の上田清司埼玉県知事からは、「悪名は無名に勝る」と県公認?のお墨付きコメントを得ている。

©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会 ©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

原作あらすじ

かつて埼玉県民は東京都民からひどい迫害を受け、身を潜めて暮らしていた。ある日、東京でトップの高校・白鵬堂学院の生徒会長で東京都知事の息子・壇ノ浦百美(だんのうらももみ)は、アメリカ帰りの謎の転校生・麻実麗(あさみれい)と出会う。互いに惹かれ合うも、実は麗が埼玉県出身だったと知る百美。そして、東京と埼玉の県境で引き裂かれる2人。まさに埼玉版「ロミオとジュリエット」とも呼べる愛の逃避行と、その中で埼玉県解放を成し遂げるべく戦いを挑んだ者たちの革命の物語である。

2部構成の映画オリジナルストーリー

原作が未完の物語であることから、制作陣は映画化にあたり、「伝説パート」と「現代パート」の2部からなるオリジナルストーリーを構想した。

「伝説パート」
埼玉県人が東京へ入るための必須アイテム“通行手形”の撤廃と、自由を求めて戦う百美・麗の前に、埼玉同様、自県の通行手形の撤廃をもくろむ対抗勢力として、千葉県が立ちはだかる。一方、東京都と密な関係を築き、埼玉と千葉の東京進出を快く思わない神奈川県という勢力も登場し、東京、埼玉、千葉、神奈川をはじめ、群馬、栃木、茨城をも巻き込んだ関東一帯の各勢力が複雑に絡み合う、壮大な物語が展開される。

「現代パート」
埼玉県在住の菅原家を中心に物語が展開。娘の結納の為一路東京へ向かう道中、車内のラジオから流れてきたのは、百美と麗らが埼玉県人の自由と誇りをかけた戦いの日々を綴った物語。果たしてこの物語は、菅原一家や婚約者たちを、どんな結末に導いてしまうのか…。埼玉県在住のある家族を通して、百美・麗の伝説を振り返り、埼玉への郷土愛を再認識するパート。

二階堂ふみ&GACKTのW主演

東京都知事の息子であり、白鵬堂学院の生徒会長=エリートとして華々しく学生生活を送る主人公の壇ノ浦百美(だんのうらももみ)役を演じるのは、若手演技派女優NO.1の呼び声も高い二階堂ふみ。当初は原作の性別を変更しようという案もあったが、二階堂本人による「これ、私が男性の役をそのまま演じたほうが面白くないですか?」という提案から、原作の通り、名前も外見も女性っぽいのに実は男性、というキャラクターのまま進められることとなった。

そして、二階堂演じる百美が淡い恋心を抱く、容姿端麗でアメリカ帰り、でも実は埼玉県出身の転校生・麻実麗(あさみれい)役にGACKT。原作者も交えたキャスティング会議では、満場一致で「なるほど!」となったという、原作者お墨付きの配役だ。とはいえ、いくらミステリアスな設定といえど、麻実麗は18歳の高校生。「原作の魔夜さんのご指名なら...」と引き受けたGACKTが麻実役をどう料理するのかも、本作の見所の1つとなりそうだ。

伊勢谷友介、京本政樹らも出演

「伝説パート」では、百美の父親である東京都知事・壇ノ浦建造の執事・阿久津翔役に伊勢谷友介、伝説の埼玉県人・埼玉デューク役に京本政樹が抜擢。

その他、現東京都知事で百美の父・壇ノ浦建造に中尾彬、百美の母・壇ノ浦恵子に武田久美子、麗の父親・西園寺宗十郎に麿赤兒、神奈川県知事に竹中直人、麗のお手伝いさん・おかよに益若つばさ、埼玉県人の青年に間宮祥太朗、白鵬堂学院の学生・下川信男に加藤諒と、実力派&個性派俳優陣らが集結する。

「現代パート」では、菅原家の父・菅原好海をブラザートム、母・菅原真紀を麻生久美子、娘・菅原愛海を島崎遥香、愛海の婚約者・五十嵐春翔を成田凌が演じる。

役柄は、それぞれの出身県に合わせた設定となっており、出演者が故郷への愛をどのような形で表現するのかも注目だ。

作品情報

映画『翔んで埼玉』
公開日:2019年2月22日(金)
キャスト:二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介、ブラザートム、麻生久美子、島崎遥香、成田凌(友情出演)、間宮祥太朗、加藤諒、益若つばさ、中尾彬、武田久美子、麿赤兒、竹中直人、京本政樹ほか
原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)
監督:武内英樹(「のだめカンタービレ」シリーズ「テルマエ・ロマエ」シリーズ「今夜、ロマンス劇場で」他)
脚本:徳永友一(ドラマ「海の上の診療所」「水球ヤンキース」「探偵の探偵」「HOPE〜期待ゼロの新入社員」「僕たちがやりました」他)
音楽:Face 2 fAKE

©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

Photos(12枚)

映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ×GACKT、魔夜峰央の伝説的“埼玉ディス”漫画が実写化 画像1 映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ×GACKT、魔夜峰央の伝説的“埼玉ディス”漫画が実写化 画像2 映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ×GACKT、魔夜峰央の伝説的“埼玉ディス”漫画が実写化 画像3 映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ×GACKT、魔夜峰央の伝説的“埼玉ディス”漫画が実写化 画像4 映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ×GACKT、魔夜峰央の伝説的“埼玉ディス”漫画が実写化 画像5 映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ×GACKT、魔夜峰央の伝説的“埼玉ディス”漫画が実写化 画像6 映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ×GACKT、魔夜峰央の伝説的“埼玉ディス”漫画が実写化 画像7 映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ×GACKT、魔夜峰央の伝説的“埼玉ディス”漫画が実写化 画像8 映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ×GACKT、魔夜峰央の伝説的“埼玉ディス”漫画が実写化 画像9 映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ×GACKT、魔夜峰央の伝説的“埼玉ディス”漫画が実写化 画像10 映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ×GACKT、魔夜峰央の伝説的“埼玉ディス”漫画が実写化 画像11 映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ×GACKT、魔夜峰央の伝説的“埼玉ディス”漫画が実写化 画像12

Photos(12枚)

関連ニュース

キーワードから探す

ピックアップ

【映画】2018年公開の話題作<洋画編>ファンタビ続編、実写版くまのプーさんほか
【映画】2018年公開の話題作<洋画編>ファンタビ続編、実写版くまのプーさんほか
映画『雪の華』登坂広臣×中条あやみ、中島美嘉の名曲を映画化 - フィンランドが舞台のラブストーリー
2019年2月1日(金)公開
映画『雪の華』登坂広臣×中条あやみ、中島美嘉の名曲を映画化 - フィンランドが舞台のラブストーリー
【映画】2019年の話題作<洋画編>スパイダーマンやスター・ウォーズの新作が登場
【映画】2019年の話題作<洋画編>スパイダーマンやスター・ウォーズの新作が登場
【東京 最新グルメ】ランチ&食べ歩きにおすすめ、日本初レストランやカフェ特集
【東京 最新グルメ】ランチ&食べ歩きにおすすめ、日本初レストランやカフェ特集
【映画】2019年 邦画作品を一挙紹介 - 人気コミックや小説の実写化作など注目作が満載
【映画】2019年 邦画作品を一挙紹介 - 人気コミックや小説の実写化作など注目作が満載

スケジュール

MOVIXあまがさきで「爆音映画祭」ラ・ラ・ランド、名探偵コナン ゼロの執行人など爆音上映
11月22日(木)~11月25日(日)開催
MOVIXあまがさきで「爆音映画祭」ラ・ラ・ランド、名探偵コナン ゼロの執行人など爆音上映
映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』グリンデルバルド役にジョニー・デップ
11月23日(金)公開
映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』グリンデルバルド役にジョニー・デップ
映画『ハード・コア』山田孝之×佐藤健×荒川良々で実写化、苦役列車の山下敦弘が監督
11月23日(金)公開
映画『ハード・コア』山田孝之×佐藤健×荒川良々で実写化、苦役列車の山下敦弘が監督
映画『ギャングース』コミック実写化、裏社会で生きる男の友情を高杉真宙・加藤諒・渡辺大知が熱演
11月23日(金)公開
映画『ギャングース』コミック実写化、裏社会で生きる男の友情を高杉真宙・加藤諒・渡辺大知が熱演
映画『家族のはなし』岡田将生主演で鉄拳の心温まるパラパラ漫画を映画化
11月23日(金)公開
映画『家族のはなし』岡田将生主演で鉄拳の心温まるパラパラ漫画を映画化
 スケジュール一覧