ホーム > ニュース > アート > 特別展「運慶」を東京国立博物館で - 国宝含み、各地から作品が集結する最大規模の運慶展

特別展「運慶」を東京国立博物館で - 国宝含み、各地から作品が集結する最大規模の運慶展

興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」が、東京国立博物館で開催。会期は、2017年9月26日(火)から11月26日(日)まで。

 
左) 国宝 毘沙門天立像、運慶作、鎌倉時代・文治2年(1186)、静岡・願成就院蔵 写真:六田知弘
右) 国宝 八大童子立像のうち制多伽童子、運慶作、鎌倉時代・建久8年(1197)頃、和歌山・金剛峯寺蔵 写真:高野山霊宝館

日本で最も著名な仏師・運慶。運慶の名はあまりにも有名だが、実は彼の作品は全国に分散しているため、これまで1度に彼の作品が見られる機会はなかった。本展では興福寺の再建を記念し、特別に各地の運慶作品(推定含む)計22体が一堂に集結。史上最大の規模の運慶展が実現した。

まるで本当に仏たちが目の前に迫ってくるかのような緊張感と崇高さ。繊細で卓越した造形力に裏打ちされた運慶の作品は、何百年も昔に作られたことを忘れさせるほど、生々しく、見るものの心を深く打つ。生身の人間のように生き生きとた表情を浮かべる仏像の顔を眺めれば、その精神性の深さや感情までもがリアルに伝わってくるだろう。

 
左) 国宝 世親菩薩立像、運慶作、鎌倉時代・建暦2年(1212)頃、奈良・興福寺蔵 写真:六田知弘
右) 国宝 天燈鬼立像、康弁作、鎌倉時代・建保3年(1215)、奈良・興福寺蔵 写真:六田知弘

今にも動き出しそうな写実的な身体表現が見事な願成就院の「毘沙門天立像」や、高さ2メートルに迫る堂々たる体や全てを見透かすような深く鋭い表情が圧倒的な重厚感を放つ「無著菩薩立像・世親菩薩立像」など、国宝も多数登場。また、寺外初公開の瀧山寺の「聖観音菩薩立像」も公開される。

また、今回は運慶だけにとどまらず、父・康慶、息子の湛慶と康弁らの作品も公開。親子3代の作品を比較しながら、鬼才・運慶の作風がいかに確立し、受け継がれていったのかを知ることが出来る。

【詳細】
特別展「運慶」
会期:2017年9月26日(火)〜11月26日(日)
会場:東京国立博物館 平成館 (上野公園)
住所:東京都台東区上野公園13-9
開館時間:9:30~17:00 (入館は閉館の30分前まで)
※金曜・土曜および11月2日(木)は21:00まで開館)
休館日:月曜日 ※ただし10月9日(月・祝)は開館
料金:一般1600円(1400円 / 1300円)、大学生1200円(1000円 / 900円)、高校生900円(700円 / 600円)
中学生以下無料
※( )内は前売り / 20名以上の団体料金
※障がい者とその介護者1名は無料。入館の際に障がい者手帳など要提示。
※前売券は、東京国立博物館正門チケット売場(窓口、開館日のみ、閉館の30分前まで)、展覧会公式サイト、ほか主要プレイガイド、コンビニエンスストアで、2017年7月1日(土)~9月25日(月)まで販売。
■早割2枚セット券
価格:一般 2600円
販売場所:展覧会公式サイト、セブン-イレブン、ローソンチケット、チケットぴあ、イープラス、JTB店舗で2017年5月2日(火)~5月31日(水)まで販売。

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

特別展「運慶」を東京国立博物館で - 国宝含み、各地から作品が集結する最大規模の運慶展 画像1
特別展「運慶」を東京国立博物館で - 国宝含み、各地から作品が集結する最大規模の運慶展 画像2
特別展「運慶」を東京国立博物館で - 国宝含み、各地から作品が集結する最大規模の運慶展 画像3
特別展「運慶」を東京国立博物館で - 国宝含み、各地から作品が集結する最大規模の運慶展 画像4
特別展「運慶」を東京国立博物館で - 国宝含み、各地から作品が集結する最大規模の運慶展 画像5
特別展「運慶」を東京国立博物館で - 国宝含み、各地から作品が集結する最大規模の運慶展 画像6
特別展「運慶」を東京国立博物館で - 国宝含み、各地から作品が集結する最大規模の運慶展 画像7
特別展「運慶」を東京国立博物館で - 国宝含み、各地から作品が集結する最大規模の運慶展 画像8
特別展「運慶」を東京国立博物館で - 国宝含み、各地から作品が集結する最大規模の運慶展 画像9

ニュースデータ

日時:2017-05-19 11:25