ホーム > ニュース > 映画 > 映画『BLAME!』弐瓶勉によるSF漫画の金字塔がアニメ化、2週間限定で全国公開

映画『BLAME!』弐瓶勉によるSF漫画の金字塔がアニメ化、2週間限定で全国公開

アニメーション映画『BLAME!』が、2017年5月20日(土)より、2週間限定で全国公開される。

講談社『アフタヌーン』にて1997年から2003年に連載され、『シドニアの騎士』で第39回講談社漫画賞を受賞した弐瓶勉のデビュー作『BLAME!』。人類が“違法居住者”として駆除・抹殺される暗黒の未来を舞台に、無限に増殖を続ける超巨大な「階層都市」における探索者・霧亥(キリイ)の孤独で危険な旅路を描いた、SF漫画の金字塔だ。

今なお世界中のクリエイターを魅了し続ける鬼才・弐瓶勉の原点であり、難解と言われながらも幾度となく映像化への期待が高まっていた本作。連載開始から20年の時を経て遂に実現した今回のアニメ化にあたって、原作者・弐瓶勉自身がシナリオやキャラクターデザインをはじめとしたクリエイティブディレクションの中核を担うなど、自らプロジェクトに本格参加。映像革命と称されたアニメ『シドニアの騎士』のスタッフも再結集し、原作者・弐瓶勉による全面協力・総監修の元で再構成した完全新作ストーリーが描かれる。

監督には、アニメ『シドニアの騎士』で緻密でハードな新感覚のSFバトルを表現し、『亜人』をスピーディーでスリリングなサスペンスバトルへと進化させた瀬下寛之。アニメーション制作は『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』や『トランスフォーマー プライム』など海外でも圧倒的な存在感で数々の賞を受賞し、『シドニアの騎士』で世界を震撼させたポリゴン・ピクチュアズ。

さらに音響は、従来の劇場サラウンドスピーカーに加え、高さの要素を含めることで、3次元的な立体音響表現を実現した最新サウンドシステム「ドルビーアトモス」を、日本のアニメで初めて採用している。

【作品情報】
映画『BLAME!』
公開日:2017年5月20日(土) 2週間限定で全国公開
原作:弐瓶勉『BLAME!』(講談社「アフタヌーン」所載)
総監修:弐瓶勉
監督:瀬下寛之
キャスト:霧亥 - 櫻井孝宏/シボ - 花澤香菜/づる - 雨宮天/おやっさん - 山路和弘/捨造 - 宮野真守/タエ - 洲崎綾/フサタ - 島﨑信長/アツジ - 梶裕貴/統治局 - 豊崎愛生/サナカン - 早見沙織
副監督/CGスーパーバイザー:吉平"Tady"直弘
脚本:村井さだゆき
プロダクションデザイナー:田中直哉
キャラクターデザイナー:森山佑樹
ディレクター・オブ・フォトグラフィー:片塰満則
美術監督:滝口比呂志
色彩設計:野地弘納
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
主題歌:angela「Calling you」
音楽制作:キングレコード
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
配給:クロックワークス
製作:東亜重工動画制作局
© 弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

【ストーリー】
テクノロジーが暴走した未来。
人類の希望は孤独な旅人に託された――
過去の「感染」よって、正常な機能を失い無秩序に、そして無限に増殖する巨大な階層都市。
都市コントロールへのアクセス権を失った人類は、防衛システム「セーフガード」に駆除・抹殺される存在へと成り下がってしまっていた。都市の片隅でかろうじて生き延びていた「電基漁師」の村人たちも、セーフガードの脅威と慢性的な食糧不足により、絶滅寸前の危機に瀕してしまう。少女・づるは、村を救おうと食糧を求め旅に出るが、あっという間に「監視塔」に検知され、セーフガードの一群に襲われる。仲間を殺され、退路を断たれたその時現れたのは、“この世界を正常化する鍵”と言われている「ネット端末遺伝子」を求める探索者・霧亥(キリイ)であった。

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

映画『BLAME!』弐瓶勉によるSF漫画の金字塔がアニメ化、2週間限定で全国公開 画像1
映画『BLAME!』弐瓶勉によるSF漫画の金字塔がアニメ化、2週間限定で全国公開 画像2

ニュースデータ

日時:2017-03-31 12:00