ホーム > ファッションニュース > アート > ライゾマとアート+コムの合同企画展が東京・西新宿で - 光の動きに着目した最新のデジタルアート

ライゾマとアート+コムの合同企画展が東京・西新宿で - 光の動きに着目した最新のデジタルアート

企画展「アート+コム/ライゾマティクスリサーチ 光と動きの『ポエティクス/ストラクチャー』」が、NTTインターコミュニケーション・センターで開催される。会期は、2017年1月14日(土)から3月20日(月・祝)まで。

真鍋大度+石橋素《rate-shadow》2016年(参考図版) (パリ日本文化会館「創意のランドスケープ」展展示風景) 写真:Motoi Ishibashi(Rhizomatiks Reasearch)

アート+コムとライゾマティクスリサーチは、社会で機能するようなメディア・アートやテクノロジーによる表現を実践する集団。本展では、「光の動き」という要素に注目し、「ポエティクス(詩学)」、「ストラクチャー(構造)」をテーマに作品を展示する。

展示作品の1つである《RGB|CMYK Kinetic》は、2015年にバルセロナのソナー・フェスティバルでアート+コムが発表した作品《RGB|CMY Kinetic》のアップデート版で、天井から吊られたオブジェクトが光と音楽にあわせて振付けられたダンスのように動くもの。現在のデジタル技術によってブラッシュアップされた要素と、20世紀の前衛芸術から引き継がれた要素、光、色彩、動き、音楽により、総合的な表現が完成している。

ART+COM《RGB|CMY Kinetic》2015 (c) Flavio Coddou

ライゾマティクスリサーチからは、本展覧会のための新作が登場。近年彼らがダンスユニット「イレブンプレイ」とともに追求してきた、ダンスとオブジェクトの構造、関係性を研究するプロジェクトの延長上に位置する作品だ。内容としては、鑑賞者の位置情報とアルゴリズムを用いて、仮想世界のオブジェクト群と実世界のオブジェクトの位置を決定し、その様子を映像とLEDオブジェを通じて鑑賞するもの。

なお、開催にあたって、アート+コムから、ライゾマティクスリサーチのメンバーと同世代のメンバー、ユッシ・アンジェスレヴァが来日。ライゾマティクスリサーチの真鍋大度、石橋素と展示作品についてや、自身の活動を通じた将来の可能性などについてトークセッションを行う。

【概要】
企画展「アート+コム/ライゾマティクスリサーチ 光と動きの『ポエティクス/ストラクチャー』」
会期:2017年1月14日(土)〜3月20日(月・祝)
時間:11:00〜18:00(入館は閉館の30分前まで)
※金曜日、土曜日は開館時間延長、11:00〜20:00
会場:NTTインターコミュニケーション・センター
住所:東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー 4階
休館日:月曜日(月曜が祝日の場合翌日)、2017年2月12日(日)
入場料:一般・大学生:500円(400円)
※高校生以下無料
※料金は消費税込み、( )内は15名様以上の団体料金。会期中1回限り、再入場可能。

■アーティスト・トーク
日時:2017年1月14日(土) 18:00〜
アーティスト:ユッシ・アンジェスレヴァ(アート+コム)、真鍋大度、石 橋 素(ライゾマティクスリサーチ)

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

ライゾマとアート+コムの合同企画展が東京・西新宿で - 光の動きに着目した最新のデジタルアート 画像1
ライゾマとアート+コムの合同企画展が東京・西新宿で - 光の動きに着目した最新のデジタルアート 画像2
ライゾマとアート+コムの合同企画展が東京・西新宿で - 光の動きに着目した最新のデジタルアート 画像3
ライゾマとアート+コムの合同企画展が東京・西新宿で - 光の動きに着目した最新のデジタルアート 画像4
ライゾマとアート+コムの合同企画展が東京・西新宿で - 光の動きに着目した最新のデジタルアート 画像5
ライゾマとアート+コムの合同企画展が東京・西新宿で - 光の動きに着目した最新のデジタルアート 画像6

ニュースデータ

日時:2016-12-12 14:00