menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」森美術館で開催 - ローカルと伝統から見た現代のインド


N・S・ハルシャ 《ここに演説をしに来て》(部分) 2008年
アクリル、キャンバス 182.9×182.9 cm(×6)

「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」が森美術館にて開催。会期は2017年2月4日(土)から6月11日(日)まで。

南インドの古都マイソールを拠点に制作を行うアーティスト、N・S・ハルシャ。経済成長と共にその注目を集めるインド現代美術界を代表するアーティストの1人だ。彼の作品は、インドの世相や社会状況を、宗教画のような古典的表現技法を用いてユーモラスかつシニカルに描きあげる。現代的な題材を多く扱いながらもその根底には、南インドの自然や伝統文化、人間と森羅万象が一体化した世界観や、世の不条理さ、といった要素が見られる。


N・S・ハルシャ 《開発》 2004年
ブロンズ、木、アクリル、キャンバス
24×60×4 cm(上) 25×60×3.5 cm(下)
所蔵:Usha Mirchandani, Mumbai

また、彼はそのように独自の視点から現代アートの解釈や問題提起を解放するだけでなく、その手法においても「絵画」という枠組みにとらわれない制作を行う。キャンバスをはじめ床絵、壁画やインスタレーションまで多様なメディアを使用した彼の展示は、1人のアーティストによるものでありながら、様々な絵画のありかたを私たちに提案する。

本展では、新作含む約75点の作品を通してアーティストの20年にわたる実践を見ていく。ローカルや伝統という視点から見たインドの「今」を作品だけでなく、彼のコレクションのインド漫画や、現地の人々の生活を写した写真や映像からも体感できる。

【開催概要】
「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」
企画:片岡真実(森美術館チーフ・キュレーター)
会期:2017年2月4日(土)~6月11日(日)
開催場所:森美術館
住所:東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー53F
開館時間:10:00〜22:00、火10:00〜17:00
※いずれも入館時間は閉館時間の30分前まで
※会期中無休
入館料:一般1,800円、学生(高校・大学生)1,200円、子供(4歳〜中学生)600円、シニア(65歳以上)1,500円
※すべて税込み
※本展のチケットで、展望台東京シティビューにも入館可
※屋上スカイデッキへは別途料金

N・S・ハルシャ:
インド南部、カルナータカ州マイスール生まれ。現在もマイスールを拠点に活動。1969年、1995年、ヴァドーダラーのマハーラージャ・サヤラジオ大学絵画修士課程修了。アルテスムンディ大賞(2008年)などを受賞。コーチ=ムジリス・ビエンナーレ(インド、2014年)、、堂島リバービエンナーレ(大阪、2013)、アデレード・フェスティバル(オーストラリア、2012年)、横浜トリエンナーレ(2011年)、など含む多数の国際展に参加。2009年にロンドンの国際美術研究所、2008年には、エルメスが展開する銀座メゾンエルメスフォーラムにてそれぞれ個展を開催。インド現代美術を包括的に紹介した大型国際巡回展「インディアン・ハイウェイ」(2008年、ロンドン、サーペンタイン・ギャラリー/2012年まで世界5都市巡回)、「チャロー!インディア:インド美術の新時代」(2008年、森美術館)にも参加。

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

Photos(10枚)

「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」森美術館で開催 - ローカルと伝統から見た現代のインド 画像1 「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」森美術館で開催 - ローカルと伝統から見た現代のインド 画像2 「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」森美術館で開催 - ローカルと伝統から見た現代のインド 画像3 「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」森美術館で開催 - ローカルと伝統から見た現代のインド 画像4 「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」森美術館で開催 - ローカルと伝統から見た現代のインド 画像5 「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」森美術館で開催 - ローカルと伝統から見た現代のインド 画像6 「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」森美術館で開催 - ローカルと伝統から見た現代のインド 画像7 「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」森美術館で開催 - ローカルと伝統から見た現代のインド 画像8 「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」森美術館で開催 - ローカルと伝統から見た現代のインド 画像9 「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」森美術館で開催 - ローカルと伝統から見た現代のインド 画像10

Photos(10枚)

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報

スケジュール

「るろうに剣心展」東京・京都・新潟で、原画含む200点&剣心vs志々雄の描き下ろしイラストも
2021.1.22(金)~2021.3.7(日)
「るろうに剣心展」東京・京都・新潟で、原画含む200点&剣心vs志々雄の描き下ろしイラストも
建築家・隈研吾の大規模個展が東京・長崎・高知で - 模型や映像などから探る隈建築の“公共性”
2021.1.22(金)~2021.3.28(日)
建築家・隈研吾の大規模個展が東京・長崎・高知で - 模型や映像などから探る隈建築の“公共性”
銀座メゾンエルメス フォーラムで「輝板膜タペータム」落合多武展"絵画・彫刻・写真"を組み合わせて展示
2021.1.22(金)~2021.4.11(日)
銀座メゾンエルメス フォーラムで「輝板膜タペータム」落合多武展"絵画・彫刻・写真"を組み合わせて展示
日本の代表的建築家・菊竹清訓の展覧会、島根県立美術館で - “山陰の建築”を中心に紹介
2021.1.22(金)~2021.3.22(月)
日本の代表的建築家・菊竹清訓の展覧会、島根県立美術館で - “山陰の建築”を中心に紹介
H.R.ギーガー×空山基の展覧会が心斎橋パルコで開催、記念書籍や限定ベアブリックも
2021.1.23(土)~2021.2.7(日)
H.R.ギーガー×空山基の展覧会が心斎橋パルコで開催、記念書籍や限定ベアブリックも
 スケジュール一覧