ホーム > ニュース > 映画 > 映画『オーバー・フェンス』オダギリジョー×蒼井優×松田翔太、美しく壊れかけた男と女の物語

映画『オーバー・フェンス』オダギリジョー×蒼井優×松田翔太、美しく壊れかけた男と女の物語

映画『オーバー・フェンス』が2016年9月17日(土)に公開される。

原作は、佐藤泰志による同名の小説。彼が執筆活動を諦めかけた頃、函館の職業訓練校にて過ごした自身の経験を基に執筆し、生涯最後の芥川賞候補となった作品だ。『マイ・ バック・ページ』『味園ユニバース』など闇を抱えた人間たちに柔らかな光を与える名手・山下敦弘監督が映像化をした。

キャストには、主人公・白岩役にオダギリジョー、白岩と恋に落ちる女性・聡(さとし)役に蒼井優、そして白岩と同じ職業訓練校の生徒・代島役に松田翔太など豪華キャストが出演。また脚本・音楽・撮影にも、国内外で評価された『そこのみにて光輝く』のスタッフ陣が再集結した。

公開された特報では、人生を諦めかけ職業訓練校に通う白岩(オダギリ)と、ホステス・聡(さとし/蒼井)が、自転車に2人乗りをして函館の夜を駆け抜ける姿が収められている。白岩と聡が激しくぶつかり合うシーン、薄紫色の幻想的な夕空を眺めながら涙を流す聡、港で立ち尽くし泣き崩れる白岩の様子…。生々しい大人の恋愛を描く本作の、美しくも儚いストーリーが垣間見える映像となっている。

■ストーリー
家庭をかえりみなかった男・白岩は、妻に見限られ、東京から故郷の函館に戻りつつも実家には顔を出さず、職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた。訓練校とアパートの往復、2本の缶ビールとコンビニ弁当の惰性の日々。白岩はなんの楽しみもなく、ただ働いて死ぬだけ、そう思っていた。そんなある日、同じ職業訓練校に通う仲間の代島にキャバクラへ連れて行かれ、鳥の動きを真似る風変りな若いホステスと出会う―。名前は聡(さとし)。「名前で苦労したけど親のこと悪く言わないで、頭悪いだけだから」そんな風に話す、どこか危うさを持つ美しい聡に、白岩は急速に強く惹かれていくが...。

【作品情報】
公開日:2016年9月17日(土) テアトル新宿他全国公開
監督:山下敦弘 / 脚本:高田 亮
出演:オダギリジョー 蒼井 優 松田翔太 北村有起哉 満島真之介 松澤 匠 鈴木常吉 優香
配給:東京テアトル+函館シネマアイリス(北海道地区)
©2016「オーバー・フェンス」製作委員会

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

映画『オーバー・フェンス』オダギリジョー×蒼井優×松田翔太、美しく壊れかけた男と女の物語 画像1
映画『オーバー・フェンス』オダギリジョー×蒼井優×松田翔太、美しく壊れかけた男と女の物語 画像2
映画『オーバー・フェンス』オダギリジョー×蒼井優×松田翔太、美しく壊れかけた男と女の物語 画像3

ニュースデータ

日時:2016-08-15 12:30