fashionpress[ファッションプレス]

fashionpress x fashionpress instagram 検索
menu

fashionpress[ファッションプレス]

share_icon
  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

“鳥の表現”に着目する展示が東京・インターメディアテクで、写実的なスケッチから図案化された日本画まで

特別展示「アヴェス・ヤポニカエ〈9〉 ─ 表現のダイヴァーシティ」が、東京・丸の内のインターメディアテク(INTERMEDIATHEQUE)にて、2023年8月12日(土)から11月3日(金)まで開催される。

河辺華挙による粉本《鳥類写生図》を紹介

河辺華挙 《鳥類写生図》
©インターメディアテク
河辺華挙 《鳥類写生図》
©インターメディアテク

日本画家の河辺華挙(かわべ かきょ)が明治時代に手がけた《鳥類写生図》は、日本画の手本となる参考資料「粉本(ふんぽん)」であり、そこにはさまざまな鳥の詳細なスケッチを収められている。

河辺華挙 《鳥類写生図》
©インターメディアテク
河辺華挙 《鳥類写生図》
©インターメディアテク

《鳥類写生図》のスケッチは、鳥の羽毛1枚、脚の鱗1つに至るまで詳細に描かれた、極めて迫真的なものだ。一方、その写実的な描画は、通常目にすることができる典型的な日本画の表現とは大きく隔たっている。これは、日本画家が精密な描写から定型化された花鳥画まで、大きな幅を持った表現を行なっていたことを示すものだといえる。

「コチドリ」 山階鳥類研究所所(東京大学総合研究博物館寄託)
©インターメディアテク
「コチドリ」 山階鳥類研究所所(東京大学総合研究博物館寄託)
©インターメディアテク

絵画の美点は、その写実性だけではなく、対象のどの部分をいかにして省略し、強調し、デフォルメするかという点においても捉えることができる。特別展示「アヴェス・ヤポニカエ〈9〉 ─ 表現のダイヴァーシティ」では、華挙の《鳥類写生図第二巻》に着目し、そこに収められた写実的なスケッチから図案化された日本画に至るまでを紹介。その表現の幅広さと、鳥に対する人間の捉え方に光をあててゆく。

展覧会概要

特別展示「アヴェス・ヤポニカエ〈9〉 ─ 表現のダイヴァーシティ」
会期:2023年8月12日(土)〜11月3日(金)
会場:インターメディアテク 3F 収蔵展示室「ストレージ(STUDIOLO)」
住所:東京都千代田区丸の内 2-7-2 KITTE 2・3F
開館時間:11:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
※開館時間は変更となる場合あり
休館日: 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日休館、ただし8月14日(月)・21日(月)は開館)、9月4日(月)〜11日(月)、そのほか館が定める日
入館料;無料

【問い合わせ先】
TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)

Photos(3枚)

“鳥の表現”に着目する展示が東京・インターメディアテクで、写実的なスケッチから図案化された日本画まで|写真1 “鳥の表現”に着目する展示が東京・インターメディアテクで、写実的なスケッチから図案化された日本画まで|写真2 “鳥の表現”に着目する展示が東京・インターメディアテクで、写実的なスケッチから図案化された日本画まで|写真3

Photos(3枚)

“鳥の表現”に着目する展示が東京・インターメディアテクで、写実的なスケッチから図案化された日本画まで|写真1 “鳥の表現”に着目する展示が東京・インターメディアテクで、写実的なスケッチから図案化された日本画まで|写真2 “鳥の表現”に着目する展示が東京・インターメディアテクで、写実的なスケッチから図案化された日本画まで|写真3

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

商業施設・エリア