menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   オビーディエント サンズ&ドーターズ

Obedient Sons & Daughtersオビーディエント サンズ&ドーターズ

ブランドのはじまり

2002年、スウェイム・ハトソンがオビーディエント・サンズを設立。後に「オビーディエント サンズ&ドーターズ」に改名。

現在はブランド活動を休止している模様。

オビーディエント サンズ&ドーターズについて

オビーディエント サンズ&ドーターズ(Obedient Sons & Daughters、オベディエントと呼ばれることもある)はクリスティーナ・ハトソンとスウェイム・ハトソンによるメンズウェア、レディースウェアのブランド。

ブランドの創業者は、スウェイム・ハトソン(Swaim Hutson)。ブランドの設立前はプロダクションデザイナーをしていた。2002年、アメリカのサンフランシスコにてオビーディエント・サンズをスタート。プレッピーを基本スタイルとするメンズウェアを展開していた。

当時、Green Dayのベーシスト、マイク・ダーントがセレクトショップにあったオビーディエント・サンズのデザインを気に入り、デザイナーのスェイムに直接コンタクトを取り、コレクションを愛用、ステージでも身につける様になったという逸話が残されている。

2006年、拠点をニューヨークに移す。同年、クリスティーナと結婚。この時期、ブランド名を変更「オビーディエント サンズ&ドーターズ」とする。レディースウェアのラインを加え、ブランドの方向性も変わり、ユニセックステーラリング、シャープなデザインへと向かった。彼らはこれを「ロマンティク・プレッピー(romantic preppy)」と表現している。なお、この時、スウェイムの妻でもあるクリスティーナ・ハトソン(Christina Hutson)がデザイナーとしてクレジットされるようになった。

2008年、CFDA/ヴォーグ・ファッションファンドのファイナリストに選出される。(惜しくも賞はアレキサンダー ワンヴェナ カヴァが受賞した)

関連用語

関連ブランド

スケジュール

「華やぐ着物 大正、昭和の文様表現」文化学園服飾博物館で - 大正~昭和を生きた女性の“おしゃれ”
12月20日(木)~2019年2月16日(土)開催
「華やぐ着物 大正、昭和の文様表現」文化学園服飾博物館で - 大正~昭和を生きた女性の“おしゃれ”
ナイキ“駅伝”着想のランニングシューズ5型、ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニットなど
12月20日(木)発売
ナイキ“駅伝”着想のランニングシューズ5型、ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニットなど
「セイコードリームスクエア」銀座に誕生、“和光時計塔”内部イメージの体験型ミュージアム併設
12月20日(木)オープン
「セイコードリームスクエア」銀座に誕生、“和光時計塔”内部イメージの体験型ミュージアム併設
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る