menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   オビーディエント サンズ&ドーターズ

Obedient Sons & Daughtersオビーディエント サンズ&ドーターズ

ブランドのはじまり

2002年、スウェイム・ハトソンがオビーディエント・サンズを設立。後に「オビーディエント サンズ&ドーターズ」に改名。

現在はブランド活動を休止している模様。

オビーディエント サンズ&ドーターズについて

オビーディエント サンズ&ドーターズ(Obedient Sons & Daughters、オベディエントと呼ばれることもある)はクリスティーナ・ハトソンとスウェイム・ハトソンによるメンズウェア、レディースウェアのブランド。

ブランドの創業者は、スウェイム・ハトソン(Swaim Hutson)。ブランドの設立前はプロダクションデザイナーをしていた。2002年、アメリカのサンフランシスコにてオビーディエント・サンズをスタート。プレッピーを基本スタイルとするメンズウェアを展開していた。

当時、Green Dayのベーシスト、マイク・ダーントがセレクトショップにあったオビーディエント・サンズのデザインを気に入り、デザイナーのスェイムに直接コンタクトを取り、コレクションを愛用、ステージでも身につける様になったという逸話が残されている。

2006年、拠点をニューヨークに移す。同年、クリスティーナと結婚。この時期、ブランド名を変更「オビーディエント サンズ&ドーターズ」とする。レディースウェアのラインを加え、ブランドの方向性も変わり、ユニセックステーラリング、シャープなデザインへと向かった。彼らはこれを「ロマンティク・プレッピー(romantic preppy)」と表現している。なお、この時、スウェイムの妻でもあるクリスティーナ・ハトソン(Christina Hutson)がデザイナーとしてクレジットされるようになった。

2008年、CFDA/ヴォーグ・ファッションファンドのファイナリストに選出される。(惜しくも賞はアレキサンダー ワンヴェナ カヴァが受賞した)

関連用語

関連ブランド

スケジュール

マスキングテープの祭典「マスキングテープジャンボリー」東京駅KITTEで、6社が新作&限定品など販売
8月19日(日)~8月21日(火)開催
マスキングテープの祭典「マスキングテープジャンボリー」東京駅KITTEで、6社が新作&限定品など販売
アディダスオリジナルス×ファレル・ウィリアムスの新シューズ&ウェア、東アフリカのランニング文化が着想
8月19日(日)発売
アディダスオリジナルス×ファレル・ウィリアムスの新シューズ&ウェア、東アフリカのランニング文化が着想
TASAKI“海の光や流れ落ちる滝”をイメージした、新作パールジュエリー
8月下旬発売
TASAKI“海の光や流れ落ちる滝”をイメージした、新作パールジュエリー
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る