Obedient Sons & Daughters

オビーディエント サンズ&ドーターズ

ブランドのはじまり

2002年、スウェイム・ハトソンがオビーディエント・サンズを設立。後に「オビーディエント サンズ&ドーターズ」に改名。

オビーディエント サンズ&ドーターズについて

オビーディエント サンズ&ドーターズ(Obedient Sons & Daughters、オベディエントと呼ばれることもある)はクリスティーナ・ハトソンとスウェイム・ハトソンによるメンズウェア、レディースウェアのブランド。

ブランドの創業者は、スウェイム・ハトソン(Swaim Hutson)。ブランドの設立前はプロダクションデザイナーをしていた。2002年、アメリカのサンフランシスコにてオビーディエント・サンズをスタート。プレッピーを基本スタイルとするメンズウェアを展開していた。

当時、Green Dayのベーシスト、マイク・ダーントがセレクトショップにあったオビーディエント・サンズのデザインを気に入り、デザイナーのスェイムに直接コンタクトを取り、コレクションを愛用、ステージでも身につける様になったという逸話が残されている。

2006年、拠点をニューヨークに移す。同年、クリスティーナと結婚。この時期、ブランド名を変更「オビーディエント サンズ&ドーターズ」とする。レディースウェアのラインを加え、ブランドの方向性も変わり、ユニセックステーラリング、シャープなデザインへと向かった。彼らはこれを「ロマンティク・プレッピー(romantic preppy)」と表現している。なお、この時、スウェイムの妻でもあるクリスティーナ・ハトソン(Christina Hutson)がデザイナーとしてクレジットされるようになった。

2008年、CFDA/ヴォーグ・ファッションファンドのファイナリストに選出される。(惜しくも賞はアレキサンダー ワンヴェナ カヴァが受賞した)

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.obedientsons.com/

Data - オビーディエント サンズ&ドーターズの関連データ

用語: ユニセックス CFDA テーラリング プレッピー ヨーク ブランド: green アレキサンダー ワン ヴェナ カヴァ

ブランド・デザイナー紹介