menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ブランド

SANUAサヌア

ブランドのはじまり

2020年12月、日本でスタート。

サヌアについて

サヌア(SANUA)は、川北縫製が展開するブランド、カーリー(CURLY&Co.)によるレディースブランド。SOMA DESIGNの廣川⽟枝がデザイナーを務める。

「洗練されたデザインと上品な質感の融合」、「⾃然を愛する⼈々に幸せを感じさせる服作り」をコンセプトに掲げ、製品の細部にまで美しさを追求し、⾃然の持つカラーエナジーに基づいたプロダクト開発を行う。

素材は、天然素材をメインに、厳選された上質なものを使⽤。縫製は、川北縫製が創業以来⾃社で培ってきた縫製技術を活かし、袋縫いや折伏せ縫い、ピンタックの仕様を取り⼊れるなど、着⼼地の良さをデザインに取り⼊れつつ、細部までこだわっている。

サヌアのボタニカル・ダイは、瀬⼾内海で採れる塩で布を清め、⾃然から抽出した植物染料にわずかな化学染料を加える事により、⾊の発⾊や定着を安定させるハイブリッドな染⾊技法。およそ200の⾊素が複雑に混ざり合う色彩は、光の乱反射で深みのあるひとつの⾊を⽣み出す。自然を由来としつつ、季節ごとに異なるカラーを打ち出していく。

サヌアの沿革・歴史

廣川⽟枝は、⽂化服装学院アパレルデザイン科を卒業後、イッセイ ミヤケを経て独⽴。

2007年春夏の東京コレクションに参加し、毎⽇ファッション⼤賞新⼈賞・資⽣堂奨励賞受賞。

⾃ら設⽴したデザイン事務所SOMA DESIGNの⼀プロジェクトとしてSOMARTAを規定し、ショーでは物語性を映像と共に表現する⼀⽅で、無縫製ニットをはじめとした⼿法の探求も続けている。

Collections - サヌアのコレクション

関連用語

関連ブランド

スケジュール

「ショック・オブ・ダリ」三重・福島で - ダリの絵画約30点を展示、影響を受けた日本の前衛美術も
2021.4.24(土)~2021.6.27(日)
「ショック・オブ・ダリ」三重・福島で - ダリの絵画約30点を展示、影響を受けた日本の前衛美術も
葛飾北斎&歌川広重の展覧会が江戸東京博物館で、「冨嶽三十六景」全46図や北斎・広重の代表作を一挙公開
2021.4.24(土)~2021.6.20(日)
葛飾北斎&歌川広重の展覧会が江戸東京博物館で、「冨嶽三十六景」全46図や北斎・広重の代表作を一挙公開
日本を代表する彫刻家・柳原義達の展覧会、神奈川の平塚市美術館で - 代表作の具象彫刻など展示
2021.4.24(土)~2021.6.13(日)
日本を代表する彫刻家・柳原義達の展覧会、神奈川の平塚市美術館で - 代表作の具象彫刻など展示
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る