Irving Penn

アーヴィング・ペン

アーヴィング・ペンについて

アーヴィング・ペン(Irving Penn)はアメリカのフォトグラファー。

1917年生まれ。2009年に死去、アメリカ・ニュージャージー州プレーンフィールド生まれ。34年にフィラデルフィア・ミュージアム・スクール・オブ・インダストリアル・アートに入学し、アレクセイ・ブロドヴィッチのもとでデザインを学ぶ。43年、初制作のカラー静物写真が『ヴォーグ』の表紙を飾る。60年以上のキャリアにおいて、ポートレート、ファッション、静物など多数の作品を手がけ、絶大な影響力を及ぼした。

2011年、21_21 DESIGN SIGHTにて企画展「アーヴィング・ペンと三宅一生 Visual Dialogue」が開催された。

[ 続きを読む ]

Data - アーヴィング・ペンの関連データ

用語: ジャージ

ブランド・デザイナー紹介