CARVEN

カルヴェン

ブランドのはじまり

1945年、マダム・カルヴェンがクチュールメゾンをスタート。

カルヴェンについて

カルヴェンはフランスのファッションブランド。

1945年、マダム・カルヴェンがオートクチュールメゾン「CARVEN(カルヴェン)」を創立。ファッションのイノベーターとして多くの人が楽しめるパリらしいファッション、フレッシュでスポーティなスタイルを提案した。

1957年、香水「Vétiver」を発表。カルヴェンの夫となるフィリップ・マレットの為に作られた。60年代から70年代にかけて国際的な名声も高めた。1993年、カルヴェンがクリエイションから引退。カルヴェンが引退してもコレクションはクチュール継続された。

2010年、アーティスティック・ディレクターにギョーム・アンリ(Guillaume Henry)を迎え、プレタポルテラインをスタート。大きな注目を集める。2012S/Sコレクションよりメンズウェアラインをスタート。ギョーム・アンリは、カルヴェンのディレクターに就任する以前、リカルド・ティッシのジバンシィポール カにて活躍していた。

2014年、ギョーム・アンリが辞任。その後、カルヴェンの新メンズデザイナーはフランス人デザイナーのベルナベ・アルディ(Barnabe Hardy)が就任した。

2015年、ウィメンズコレクションの新アーティスティック・ディレクターに、デザイナーのアレクシス・マーシャル(Alexis Martial)とアドリアン・カヨド(Adrien Caillaudaud)が抜擢。2015-16年秋冬コレクションでデビュー。

アレクシスは2007年から「ジバンシィ(GIVENCHY)」でニットウェアのデザイナーとして経験を積み、前職では「アイスバーグ(ICEBERG)」のクリエイティブ・ディレクターとして活躍。一方のアドリアンは「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」に勤めた後、「ジバンシィ」のアーティスティック・ディレクターリカルド ティッシ(RICCARDO TISCI)の元でシューズとアクセサリーのラインを担当。

2016年、ウィメンズを担当していたアレクシス・マーシャルとアドリアン・カヨドが退任することを発表。

2017年、クリエイティブ・ディレクターにセルジュ・ルフューが就任。2018年春夏リゾートコレクションよりデビュー。

[ 続きを読む ]

Shop - 取り扱いショップ・店舗

カルヴェン取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介