SERGE THORAVAL

セルジュ トラヴァル

ブランドのはじまり

1990年、セルジュ・トラヴァルが自身のジュエリーブランドをスタート。

セルジュ トラヴァルについて

「セルジュ トラヴァル(SERGE THORAVAL)」はフランスのジュエリーブランド。1990年にセルジュ・トラヴァル(Serge Thoraval)がブランドをスタートする。

セルジュ・トラヴァルは友人のジュエリーブランドで溶接作業を手伝ううちにジュエリー制作に目覚め、独学でジュエリーを作り始める。「ティエリーミュグレー(Thierry Mugler)」や「クロード モンタナ(Claude Montana)」、「ランバン(LANVIN)」などでファッションショーのジュエリー制作を担当。また、「アニエスベー(agnes b.)」、「ソニア リキエル(Sonia Rykiel)」、「パコ ラバンヌ(Paco Rabanne)」のためのジュエリーラインを手掛ける経験を持つ。

1990年に自身のジュエリーブランド「セルジュ トラヴァル(SERGE THORAVAL)」をスタート。当初は道端に流木で作られた台を設置し、見た人から感じた言葉をジュエリーに刻印し、即興で作品を生み出していた。またこの年に、フランスの有名な小説「シラノ・ド・ベルジュラック(Cyrano de Bergerac)」の中の詩から「Un Baise(接吻)」のブレスレットが誕生。

1994年、パリのアクセサリー展示会「Premiere Classe」へ初参加。そこで評判となり、エディターがバイヤーを紹介したおかげでアメリカのニーマン マーカスやバーニーズ ニューヨーク、香港のジョイスなど世界の有名店からオーダーが入る。

1995年にパートナーのジュヌヴィエーヴ、息子のロックとともにかぞっくでモントルイユの鋳造所に引越し、そこに初となるアトリエを構える。

1999年、交通事故によりセルジュ・トラヴァルが死去する。セルジュ・トラヴァルが亡くなった後は、パートナーのジュヌヴィエーヴがセルジュ トラヴァルのコレクションを引き継ぎ、「アトリエ セルジュ トラヴァル」としてセルジュが作ったジュエリーを忠実に復刻し続けている。

2002年8月、東京・表参道に初のオンリーショップをオープン。

[ 続きを読む ]

Shop - 取り扱いショップ・店舗

セルジュ トラヴァル取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介