menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ブランド

talkativeトーカティブ

ブランドのはじまり

2008年、マロッタ忍がブランドをスタートする。

トーカティブについて

トーカティブ(talkative)は日本のジュエリーブランド。2008年に、マロッタ忍(Marotta Shinobu)がブランドをスタートする。

ブランドコンセプトは「もっと自由に、ボーダーレスに。現代を自分らしく生きるすべての人の日常に、ささやかなウィットと輝きを。」

グラフィックデザイナーのキャリアを経たマロッタ忍が、デザイン、仕立て、天然石の選定にまでこだわり、アートピースさながらの洗練されたジュエリーを生み出している。ファインジュエリーでありながら、カジュアルに身に着けられるデザインも特徴。

ブランド名の「talkative」は英語で“話好きな・おしゃべりな”という意味。ウィットのあるデザインから、たくさんの会話が生まれるよう思いを込めて、グラフィカルな視点で大人が遊べるアクセサリー・ジュエリーを提案している。

2022年4月のリブランディングに伴い、デザインコンセプトを「薫り立つイノベーション、静謐なる雄弁、永遠のコンテンポラリー」に、ブランドミッションを「もっと自由に、ボーダーレスに。」に一新する。

トーカティブの沿革・歴史

2008年、マロッタ忍がジュエリーブランドのトーカティブ(talkative)をスタート。

2011年、ブライダルコレクションをスタート。

2012年、会話の華を盛大に咲かせる“祝宴(=Banquete)”をコンセプトにしたコスチュームライン「トーカティブバンケット(talkative Banquete)」をスタート。

大手百貨店やセレクトショップで展開するジュエリーの他、ショーウィンドウディスプレイのディレクションを手がける。

2013年、スワロフスキー エレメント本社プロジェクトである「WORLD JEWELRY FACET」に参加。

2013年4月、渋谷に初の路面店をオープン。

2018年、ブランド10周年を機に旗艦店を表参道に移転。

2022年4月、ロゴデザインからデザインコンセプト、ブランドミッションを一新してリブランディング。

トーカティブのデザイナープロフィール

マロッタ忍(Marotta Shinobu)
グラフィックデザインの第一線を経験後、ジュエリーデザイン及び制作を学び大手企業でジュエリーデザインの企画に携わる。
JJAジュエリーデザインアワード新人賞、伊丹クラフト展審査委員賞を受賞。

公式サイト

http://www.talkative-jwl.jp/

Collections - トーカティブのコレクション

News - トーカティブのニュース

Shop - トーカティブ 店舗・取り扱い

トーカティブ 伊勢丹新宿
東京都新宿区新宿3-14-1
アクセサリグッズウィメンズ
ドラマ アッシュ・ペー・フランス 新宿
東京都新宿区西新宿1-1-5
アクセサリ
トーカティブ 表参道店
東京都渋谷区神宮前4-24-5
アクセサリ
ハウント
東京都渋谷区猿楽町16-1
ドラマ アッシュ・ペー・フランス 横浜
神奈川県横浜市西区高島2-16-1
アクセサリ
フェイバー
石川県小松市園町ハ60-1
ウェアメンズウィメンズ
ドラマ アッシュ・ペー・フランス 梅田
大阪府大阪市北区角田町8-7
アクセサリ

Shop Search - トーカティブ 店舗・取り扱い検索

トーカティブ店舗・取り扱い一覧

関連用語

 その他のブランドを見る