talkative

トーカティブ

ブランドのはじまり

2008年、マロッタ忍がブランドをスタートする。

トーカティブについて

トーカティブ(talkative)は日本のジュエリーブランド。2008年に、マロッタ忍(Marotta Shinobu)がブランドをスタートする。

ブランド名の「talkative」は英語で“話好きな・おしゃべりな”という意味。ウィットのあるデザインから、たくさんの会話が生まれるよう思いを込めて、グラフィカルな視点で大人が遊べるアクセサリー・ジュエリーを提案している。

ディフュージョンラインとしてトーカティブバンケット(talkative Banquete)も展開。こちらは、トーカティブのコスチュームラインで、会話の華を盛大に咲かせる“祝宴(=Banquete)”がコンセプトとなっている。

■デザイナープロフィール
マロッタ忍(Marotta Shinobu)
グラフィックデザインの第一線を経験後、ジュエリーデザイン及び制作を学び大手企業でジュエリーデザインの企画に携わる。
JJAジュエリーデザインアワード新人賞、伊丹クラフト展審査委員賞を受賞。

2008年にジュエリーブランドのトーカティブ(talkative)をスタート。2011年にブライダルコレクションを、翌2012年にコスチュームラインのトーカティブバンケット(talkative Banquete)をスタート。

大手百貨店やセレクトショップで展開するジュエリーの他、ショーウィンドウディスプレイのディレクションを手がける。2013年、スワロフスキー エレメント本社プロジェクトである「WORLD JEWELRY FACET」に参加。

2013年4月、渋谷に初の路面店をオープン。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.talkative-jwl.jp/

Collection - トーカティブのコレクション

Shop - 取り扱いショップ・店舗

トーカティブ取り扱い店舗

Data - トーカティブの関連データ

用語: ディフュージョンライン グラフィカル ブランド: スワロフスキー

ブランド・デザイナー紹介