Claude Montana

クロード モンタナ

クロード モンタナについて

クロード モンタナ(Claude Montana)は1949年、フランスのパリに生まれる。父はスペインのカタルーニャ出身、母はドイツ人。71年に渡英し、ジュエリーのデザイナーとしてキャリアをスタート。このキャリアがジュエリーとレザーとジュエリーを組み合わせた技術に繋がっている。

76年にコレクションデビューし、79年に会社を設立。ブランド名は自身の名を冠したブランド「クロード モンタナ」とした。

色使いに優れていると言われ、赤、青、メタリックなどの色をよく使用した。またレザー、カシミア、シルクなど贅沢な素材を多く使用、ルーズでボリュームがあるファッションは、よりエレガンスを強調した。バレンシアガに影響を受けてか、チュニック、袖付のソールなどを発表している。

ティエリー・ミュグレーなどとともに、80年代を代表するデザイナーと言われ、レディースウェアにおいて、1982年秋冬コレクションで肩を強調した逆三角形のファッションスタイルを打ち出し、「キング・オブ・ショルダーパッド」と呼ばれた。

またファッションショーも、プレゼンテーションの方法、モデルの見せ方、雰囲気が素晴らしいと評判になり、モンタナのファッションショーのチケットは手に入れることが困難なほどであったという。

81年、「モンタナ・オム」のブランドでメンズコレクションをスタート。90年からランバンのオートクチュールのデザインを手がけるが、コレクションの内容が、あまりに大胆すぎて、ランバンには合わないということで、約2年間でランバンから去ることになった。しかしランバンのデザインをしていた期間に、デザインが認められて「Golden Thimble Award」を受賞している。

93年にはモデルのWallis Frankenと結婚。しかし96年にWallisと死別。

99年、レディースウェアのライン「Montana BLU」を発表。これはよりスポーティで機能性が高いコレクションで現在でもコレクションを発表している。

現在、モンタナはスペインに住んでいると言われている。アレキサンダー・マックイーンなど多くのデザイナーに影響を与え、2007年のマックイーンのコレクションはショルダーを強調し、モンタナの影響を受けたと語っている。

[ 続きを読む ]

ブランド・デザイナー紹介