menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   ジョン バートレット

John Bartlettジョン バートレット

ブランドのはじまり

1992年、ジョン バートレットが自身の名を冠したブランドを設立。

ジョン バートレットについて

1963年、アメリカのオハイオ州コロンブス生まれ。 ハーバード大学社会学部を卒業。大学時代はファッションとクラブに投資する生活を送る。

85年、ハーバード大学卒業後、大学院入学のためロンドンに渡る。このときストリートファッションに魅せられ、大学院入学に使う学費をキングスロードのブティックで使い、クラブ通いを続ける。結果2週間で大学院を退学。1年間ロンドンでファッションライフを送り86年に帰国。ニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)の夜間コースに入学しパターン・カッティングを学ぶ。

88年、ウィリー・スミス(Willi Smith)のアシスタントに就任し、ブランド「ウィリウェア」のメンズデザイナーとなる。その後「ロナルダス・シャマスク」のメンズウェア・デザイン・ディレクターに就任。

92年、自身の名前を冠した「ジョン バートレット」をスタートし、ニューヨークのウエストビレッジにブティックをオープンさせた。このブティックは機能的なデザインと創造性も兼ね備えた服で大成功を収める。と92年、カッティングエッジ賞を受賞。94年、CFDAの新人賞にあたるペリー エリス賞を受賞。 97年、レディースウェア部門で、ニューヨーク コレクションに初参加。同年、CFDAのベスト・メンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。 

1999 S/Sより、ビブロスのクリエイティブ・ディレクターを手がける。 2000年イタリアで行われるメンズウェアの展示会「ピッティ・イマジネ・ウォモ」でコレクションを発表。2001年ニューヨークに戻るが、このときから展開をメンズラインのみに絞る。

2002年11月から財務上の問題でブランドをクローズしていたが、2004年にアメリカのアパレルメーカーと契約し復活。

2008年、リズ クレイボーンのメンズウェアラインのクリエイティブ・ディレクターに就任。ブランド名は「クレイボーン・バイ・ジョンバートレット」になる予定。

関連用語

関連ブランド

スケジュール

京阪電車・中之島駅のホーム&電車内が居酒屋に「中之島駅ホーム酒場2018」
6月21日(木)~6月23日(土)オープン
京阪電車・中之島駅のホーム&電車内が居酒屋に「中之島駅ホーム酒場2018」
「台湾フェスティバル」上野公園で開催 - 台湾式ビアガーデン出現、ライチ種飛ばし大会も
6月21日(木)~6月24日(日)開催
「台湾フェスティバル」上野公園で開催 - 台湾式ビアガーデン出現、ライチ種飛ばし大会も
チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンにオープン
6月21日(木)オープン
チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンにオープン
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る