menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

企画展「ブラチスラバ世界絵本原画展」千葉市美術館で、日本&韓国の絵本文化に着目した原画やパネル

千葉市美術館は、企画展「ブラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉-日本と韓国のいま」を2022年11月12日(土)から12月25日(日)まで開催する。

世界最大規模の絵本原画コンクール、日本&韓国に焦点

企画展「ブラチスラバ世界絵本原画展」千葉市美術館で、日本&韓国の絵本文化に着目した原画やパネル|写真7

「ブラチスラバ世界絵本原画展」(略称BIB=Biennial of Illustrations Bratislava)とは、スロバキア共和国の首都ブラチスラバで2年ごとに開催される世界最大規模の絵本原画コンクール。

ハン・ビョンホ 《母の島》2019-2020年 作家蔵 ©︎Han Byung-ho, Borim Press
ハン・ビョンホ 《母の島》2019-2020年 作家蔵 ©︎Han Byung-ho, Borim Press

企画展「ブラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉-日本と韓国のいま」では、2021年10月から2022年2月にかけてブラチスラバで開催されたBIB2021(第28回展)参加国の中から、近年数多くの受賞作家を輩出している日本と韓国にフォーカス。日本と韓国の作家による全出品原画作品や絵本、絵本が生み出され読者に届くまでの過程を取材した特集展示、グランプリ他、各受賞作家の作品をパネルと絵本により鑑賞することができる。

日本と韓国の出品作家による原画&絵本

オ・セナ 《黒うさぎ》2020年 作家蔵 ©OH Sena
オ・セナ 《黒うさぎ》2020年 作家蔵 ©OH Sena

見どころは、近年の活躍がめざましい日本と韓国の絵本の総特集。BIB2021では、日本のしおたにまみこが第3席に当たる金牌を受賞した他、韓国のイ・ミョンエと中国のチョウ・チョウが第2席に当たる金のりんご賞を獲得するなど、大躍進を見せている。BIB2021出品作品だけでなく、「うみだす」「そだてる」「とどける」「ひろがる」というキーワードのもと、作家・編集者・出版社を取材し各国の絵本文化も紹介していく。

韓国のフレッシュな絵本文化

イ・ミョンエ 《明日は晴れるでしょう》 (BIB2021金のりんご賞) 2017年 作家蔵 ©LEE Myungae
イ・ミョンエ 《明日は晴れるでしょう》 (BIB2021金のりんご賞) 2017年 作家蔵 ©LEE Myungae

韓国独自の新鮮な絵本文化にも注目だ。韓国での創作絵本の成り立ちは1980年代後半と比較的遅いものの、他国とは異なるフレッシュでパワフルな魅力に、2000年代から海外で高く評価され注目を集めている。会場では、特集「BIBからみる韓国の絵本」として14人の出品作家の絵本と約100点の原画を展示、日本では目にする機会の少ない韓国の絵本を実際に手に取ることができる。

日本ならではのアナログ絵本原画

舘野鴻 《がろあむし》 2019年 作家蔵 ©舘野鴻
舘野鴻 《がろあむし》 2019年 作家蔵 ©舘野鴻

BIB第1回展で瀬川康男の『ふしぎなたけのこ』がグランプリを受賞して以来、これまで多くの日本人受賞者を生み、長く続く絵本文化に根差した力のある作品を生み出し続けている日本。今日、世界的にもデジタルでの原画作品が多い中、日本のほとんどの絵本原画がアナログ技法で制作されていることから、特集「BIBからみる日本の絵本」では15人の出品作家の絵本と約70点の原画を展示する。

しおたにまみこ《たまごのはなし》(BIB2021金牌) 2020年 作家蔵 ©︎しおたにまみこ
しおたにまみこ《たまごのはなし》(BIB2021金牌) 2020年 作家蔵 ©︎しおたにまみこ

また、BIB2021で金牌を受賞したしおたにまみこ『たまごのはなし』は、原画の他習作やラフ原稿、制作過程の展示を実施する。アナログ原画ならではの繊細なタッチや色を堪能できる。

【詳細】
企画展「ブラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉-日本と韓国のいま」
会期:2022年11月12日(土)~12月25日(日)
休館日:12月5日(月)
※休室日は11月21日(火)
開館時間:10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)
※入場受付は閉館の30分前まで
会場:千葉市美術館
住所:千葉県千葉市中央区中央3-10-8
観覧料:一般 1,000円(700円)、大学生 700円(560円)、小・中学生、高校生無料
※障害者手帳所持者とその介護者1名は無料
※( )内は前売り、市内在住65歳以上の料金
※前売券は千葉市美術館ミュージアムショップ、ローソンチケット(Lコード:32248)、セブンイレブン(セブンチケット)、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口にて11月11日(金)まで販売(11月12日(土)以降は当日券販売)。
※ナイトミュージアム割引:金・土曜日の18:00以降は観覧料半額
※本展チケットで7階「新収蔵作品展」、5階常設展示室「千葉市美術館コレクション選」も鑑賞できる。
■韓国の出品作家
イ・ソヨン、イ・ミョンエ、オ・セナ、キム・ジヨン、キム・セジン、クォン・ジョンミン、コ・ジョンスン、サイダ、ジウン、ジャン・ヒョンジョン、ジョン・ミファ、チョ・ミザ、パク・ヒョンミン、ハン・ビョンホ
■日本の出品作家
あべ弘士、荒井真紀、荒井良二、飯野和好、うえだまこと、きくちちき、しおたにまみこ、スズキコージ、田島征三、たじまゆきひこ、舘野鴻、中島真典、降矢なな、松本大洋、ミロコマチコ

【問い合わせ先】
千葉市美術館
TEL:043-221-2311 (代表)

Photos(7枚)

企画展「ブラチスラバ世界絵本原画展」千葉市美術館で、日本&韓国の絵本文化に着目した原画やパネル|写真1 企画展「ブラチスラバ世界絵本原画展」千葉市美術館で、日本&韓国の絵本文化に着目した原画やパネル|写真2 企画展「ブラチスラバ世界絵本原画展」千葉市美術館で、日本&韓国の絵本文化に着目した原画やパネル|写真3 企画展「ブラチスラバ世界絵本原画展」千葉市美術館で、日本&韓国の絵本文化に着目した原画やパネル|写真4 企画展「ブラチスラバ世界絵本原画展」千葉市美術館で、日本&韓国の絵本文化に着目した原画やパネル|写真5 企画展「ブラチスラバ世界絵本原画展」千葉市美術館で、日本&韓国の絵本文化に着目した原画やパネル|写真6 企画展「ブラチスラバ世界絵本原画展」千葉市美術館で、日本&韓国の絵本文化に着目した原画やパネル|写真7

Photos(7枚)

キーワードから探す

関連ショップ・スポット