menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

コレクション展 「源氏物語と江戸文化」東京都美術館で - 江戸文化に花開く『源氏物語』の世界を紹介

東京都美術館では、コレクション展 「源氏物語と江戸文化」を、2022年11月19日(土)から2023年1月6日(金)まで開催する。

江戸文化における『源氏物語』の展開

狩野栄信《十二ヶ月月次風俗図 常夏 六月》江戸時代 19世紀 東京都江戸東京博物館蔵
[展示期間:11月19日(土)~12月18日(日)]
狩野栄信《十二ヶ月月次風俗図 常夏 六月》江戸時代 19世紀 東京都江戸東京博物館蔵
[展示期間:11月19日(土)~12月18日(日)]

コレクション展 「源氏物語と江戸文化」は、『源氏物語』をテーマに現代作家7人を紹介する上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語─めぐり逢ひける えには深しな─」と連動する展覧会だ。東京都江戸東京博物館の所蔵作品を通して、江戸時代に新たに花開く『源氏物語』の文化に光をあてる。

歌川豊国(三代)《源氏四季ノ内 冬》1858年(安政5年)5月 東京都江戸東京博物館蔵
歌川豊国(三代)《源氏四季ノ内 冬》1858年(安政5年)5月 東京都江戸東京博物館蔵

平安中期に紫式部が著した『源氏物語』は、江戸期には印刷技術の普及などを背景に、貴族や武士ばかりでなく大衆にも浸透した。これにともなって、本文にとどまらず、挿絵や註を付けたものから、内容が手軽にわかるあらすじ本まで、『源氏物語』に関連する書物が数多く出版されるようになった。

その代表的な例が、『源氏物語』を柳亭種彦(りゅうてい たねひこ)が翻案し、歌川国貞(初代、のちの三代豊国)が挿絵を手がけた『偐紫田舎源氏(にせむらさきいなかげんじ)』であり、江戸文化のなかで独自の発展を遂げて広く人気を博することとなった。そのほか、人びとは意匠化した物語をハレの場や身の回りの品に取り入れ、多様なかたちで『源氏物語』を享受している。

《長板中形型紙 源氏香に菊》明治~大正時代 20世紀 東京都江戸東京博物館蔵
《長板中形型紙 源氏香に菊》明治~大正時代 20世紀 東京都江戸東京博物館蔵

本展では東京都江戸東京博物館のコレクションから、歌川豊国(三代)や狩野栄信などによる絵画、型染に用いる型紙などを展示し、江戸文化のなかで多様な展開を見せた『源氏物語』の世界を紹介する。

展覧会概要

コレクション展 「源氏物語と江戸文化」
会期:2022年11月19日(土)〜2023年1月6日(金)
会場:東京都美術館 ギャラリーB
住所:東京都台東区上野公園8-36
開館時間:9:30〜17:30
※夜間開室:11月25日(金)、12月2日(金)・9日(金)・16日(金)・23日(金)は20:00まで開館
※入室はいずれも閉室30分前まで
休館日:11月21日(月)、12月5日(月)・19日(月)、12月29日(木)〜1月3日(火)
観覧料:無料

※東京都美術館 ギャラリーA・Cでは、上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語─めぐり逢ひける えには深しな─」を同時開催(観覧料:一般 500円、65歳以上 300円、学生以下 無料)

【問い合わせ先】
東京都美術館
TEL:03-3823-6921

Photos(3枚)

コレクション展 「源氏物語と江戸文化」東京都美術館で - 江戸文化に花開く『源氏物語』の世界を紹介|写真1 コレクション展 「源氏物語と江戸文化」東京都美術館で - 江戸文化に花開く『源氏物語』の世界を紹介|写真2 コレクション展 「源氏物語と江戸文化」東京都美術館で - 江戸文化に花開く『源氏物語』の世界を紹介|写真3

Photos(3枚)

コレクション展 「源氏物語と江戸文化」東京都美術館で - 江戸文化に花開く『源氏物語』の世界を紹介|写真1 コレクション展 「源氏物語と江戸文化」東京都美術館で - 江戸文化に花開く『源氏物語』の世界を紹介|写真2 コレクション展 「源氏物語と江戸文化」東京都美術館で - 江戸文化に花開く『源氏物語』の世界を紹介|写真3

キーワードから探す

関連ショップ・スポット