menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

パブロ・ピカソの版画作品に着目した展覧会が長崎県美術館で、初期〜晩年の作品130点から軌跡を紹介

NBC創立70周年記念「イスラエル博物館所蔵 ピカソ─ひらめきの原点─」が、長崎県美術館にて、2022年11月11日(金)から2023年1月9日(月・祝)まで開催される。東京や滋賀でも開催された巡回展だ。

版画を中心にピカソの創作の展開をたどる

パブロ・ピカソの版画作品に着目した展覧会が長崎県美術館で、初期〜晩年の作品130点から軌跡を紹介|写真1

20世紀美術の巨匠パブロ・ピカソは、古今の芸術との対話を通して、新たな造形を生みだすことを試み続けた芸術家であった。ピカソの活動領域は、絵画や彫刻、陶器、舞台装置など多岐にわたっており、版画においても豊かな創造性を発揮した。

1881年、スペイン南部の町マラガに生まれたピカソは、パリに出た初期の頃から版画に取り組んでいた。以後、生涯にわたってエッチングやリトグラフ、リノカットといったさまざまな版画技法に挑戦し、膨大な数の作品を手がけてゆくことになる。

NBC創立70周年記念「イスラエル博物館所蔵 ピカソ─ひらめきの原点─」では、世界有数の規模で知られるイスラエル博物館(エルサレム)のコレクションから、ピカソの版画を中心とする130点の作品を紹介。初期の「青の時代」における傑作銅版画《貧しい食事》を含む「サルタンバンク・シリーズ」から、キュビスムの絵画と密接に結びつくドローイングや銅版画、ピカソの新古典主義とシュルレアリスムの時代を体現する版画シリーズ「ヴォラール連作」、代表作《ゲルニカ》を予示する戦時期の銅版画《フランコの夢と嘘 I、II》、そして晩年に取り組んだ「347 シリーズ」まで、各時代の作品からピカソの創作の軌跡をたどってゆく。

展覧会概要

NBC創立70周年記念「イスラエル博物館所蔵 ピカソ─ひらめきの原点─」
会期:2022年11月11日(金)〜2023年1月9日(月・祝)
会場:長崎県美術館 企画展示室
住所:長崎県長崎市出島町2-1
開館時間:10:00〜20:00
※1月2日(月・振替休日)・3日(火)は18:00まで
※最終入場はいずれも閉館30分前まで
休館日:11月14日(月)・28日(月)、12月12日(月)・26日(月)、12月29日(木)〜1月1日(日・祝)
観覧料:一般 1,300円(1,100円)、大学生・70歳以上 1,100円(900円)、高校生 800円(600円)、中学生以下 無料
※( )内は前売および15名以上の団体割引料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、障害福祉サービス受給者証、地域相談支援受給者証、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者および介護者1名は5割減額
※前売券は、10月8日(土)から11月10日(木)まで販売
※会期中、本展観覧券でコレクション展にも入場可

【問い合わせ先】
長崎県美術館
TEL:095-833-2110

Photos(1枚)

パブロ・ピカソの版画作品に着目した展覧会が長崎県美術館で、初期〜晩年の作品130点から軌跡を紹介|写真1

Photos(1枚)

パブロ・ピカソの版画作品に着目した展覧会が長崎県美術館で、初期〜晩年の作品130点から軌跡を紹介|写真1

キーワードから探す

関連ショップ・スポット