menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

画家・野見山暁治の小企画展が長崎県美術館で - 油彩画をはじめ、新収蔵作品を一挙公開

長崎県美術館では、小企画展「2022年度 長崎県美術館 新収蔵記念 野見山暁治展」を、2022年8月10日(水)から10月10日(月・祝)まで開催される。

野見山暁治の新収蔵作品を一挙公開

野見山暁治《レチロ公園の樹》1963年 油彩・カンヴァス
野見山暁治《レチロ公園の樹》1963年 油彩・カンヴァス

野見山暁治(のみやま ぎょうじ)は、1920年に生まれ、2021年12月に満101歳を迎えた画家だ。本展では、2022年度に野見山の作品が長崎県美術館のコレクションに新しく加わったことを記念し、新収蔵作品を一挙公開する。

野見山暁治《部屋に入ってきた雲》1997年 油彩・カンヴァス
野見山暁治《部屋に入ってきた雲》1997年 油彩・カンヴァス

福岡県飯塚市の炭坑の町に生まれた野見山は、17歳の時に東京美術学校(現・東京藝術大学)油画科予科に入学し、翌年本科に入学。しかし、戦時色が色濃くなるなか、野見山は繰り上げ卒業を余儀なくされ、陸軍に入隊し満洲へと派遣されることに。ところが、肺の病気により内地送還され、福岡の療養所で終戦を迎えた。

野見山暁治《ヴァニユの空》1963年 油彩・カンヴァス
野見山暁治《ヴァニユの空》1963年 油彩・カンヴァス

戦後、1952年から64年にかけてフランスへ絵画留学をすると、西洋の造形感覚を習得する一方、留学末期には自身の内に潜む東洋のアイデンティティを認識。帰国後は、国内の美術運動や団体からは距離をとり、独自の画業を展開してきた。その作品は、自身の記憶といった身近なものをモチーフに、色や形を自由に変えるばかりでなく、その意味をも剥ぎ取って描かれており、緊張感を湛えた画面に仕上げられている。

野見山暁治《気休めの景色》2003年 油彩・カンヴァス
野見山暁治《気休めの景色》2003年 油彩・カンヴァス

小企画展「2022年度 長崎県美術館 新収蔵記念 野見山暁治展」では、《レチロ公園の樹》や《ヴァニユの空》など、留学時代に訪れたスペイン滞在期の作品から、2010年までの油彩画12点とともに、水彩画や素描もあわせて展示し、野見山の芸術を幅広く紹介する。

展覧会概要

小企画展「2022年度 長崎県美術館 新収蔵記念 野見山暁治展」
会期:2022年8月10日(水)〜10月10日(月・祝)
会場:長崎県美術館 常設展示室第1室
住所:長崎県長崎市出島町2-1
開場時間:10:00〜20:00(最終入場 19:30)
休館日:第2・第4月曜日(祝日の場合は火曜日)
コレクション展観覧料:一般 420円(340円)、大学生・70歳以上 310円(250円)、小中高生 210円(170円)
※( )内は15名以上の団体料金
※県内在住の小・中学生は無料
※身体障害者手帳などの提示者および介護者1名は無料

【問い合わせ先】
長崎県美術館
TEL:095-833-2110

Photos(4枚)

画家・野見山暁治の小企画展が長崎県美術館で - 油彩画をはじめ、新収蔵作品を一挙公開|写真1 画家・野見山暁治の小企画展が長崎県美術館で - 油彩画をはじめ、新収蔵作品を一挙公開|写真2 画家・野見山暁治の小企画展が長崎県美術館で - 油彩画をはじめ、新収蔵作品を一挙公開|写真3 画家・野見山暁治の小企画展が長崎県美術館で - 油彩画をはじめ、新収蔵作品を一挙公開|写真4

Photos(4枚)

画家・野見山暁治の小企画展が長崎県美術館で - 油彩画をはじめ、新収蔵作品を一挙公開|写真1 画家・野見山暁治の小企画展が長崎県美術館で - 油彩画をはじめ、新収蔵作品を一挙公開|写真2 画家・野見山暁治の小企画展が長崎県美術館で - 油彩画をはじめ、新収蔵作品を一挙公開|写真3 画家・野見山暁治の小企画展が長崎県美術館で - 油彩画をはじめ、新収蔵作品を一挙公開|写真4

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語